「見えぬ敵、この国に問う」勝海舟・玄孫が語る「GoToトラベル 国民の迷走は誰のせい? 」髙山みな子さん 《上》

LINEで送る

この記事の写真を見る(9枚)

 明治維新へ突入する直前、ただの漁村であった神戸に、港町としてのポテンシャルを見い出した人物がいた。勝海舟(1823~1899)。神戸海軍操練所は1864年に海舟の進言で設置される。戊辰戦争の際に西郷隆盛と協議して江戸無血開城に導いた幕臣・海舟は、明治維新後も新政府で要職を歴任。2020年、海舟が乗った「咸臨丸」が江戸・品川を出航、太平洋を渡りアメリカ・サンフランシスコに入港して160年を迎えた。

神戸海軍操練所跡・石碑(神戸市中央区新港町)
神戸海軍操練所跡・石碑(神戸市中央区新港町)
勝海舟がミナト神戸の潜在能力を見出す
勝海舟がミナト神戸の潜在能力を見出す

 安倍首相をはじめ政治家は誰もが 、新型コロナウイルスの感染拡大は日本が戦後、経験したことのない国難だと言う。ではこの国難にどう立ち向かうのか。GoToトラベルキャンペーン、国民の迷走は誰のせいなのか。4月29日の昭和の日に引き続き、海舟の玄孫・髙山みな子さんに「新型コロナ・見えぬ敵が我々に問うもの」を聞く。

・・・・・・・・・・・

 国民からさんざん批判を受けたアベノマスクの追加8000万枚って一体なに?と驚いた目を閉じるか閉じないかのうちに、アベノマスクから一般的なマスク姿で現れた安倍総理。「今はもう色々なマスクが市場に出ているので」。この変わり身の早さに国民は振り回されている。

「GoToトラベルキャンペーン」で旅に出かけよう、でも東京から出発する旅も東京が目的地の旅はダメ、高齢者や若者は宴会を伴う旅に行くな、不要不急の外出は避けて…東京ではキャンセル料の補填はしない、不満の声がでて補填します、まさに朝令暮改だった。補填しなければ当然都民から不満の声がでる、こんな簡単なこともあらかじめ想定できなかったのだろうか。

「GoToトラベルキャンペーン」、国民はどこに行き着くのか?
「GoToトラベルキャンペーン」、国民はどこに行き着くのか?

 私が住む鎌倉・湘南では北海道から九州までバラエティーに富んだ車のナンバーをひんぱんに見かける。8月に入るとさらに渋滞が伸びた。「GoTo」のサービスを使わなければどこへ出かけていっても構わない、ということか。過敏になったごく一部の国民が「自粛警察」行為を大展開、これでは国民の気持ちは分断されてしまう。

神戸・南京町
神戸・南京町
大阪ミナミ・戎橋
大阪ミナミ・戎橋

■国民はバラバラ、ますます国の政策に効果なし

LINEで送る

関連記事