大阪=たこ焼き、名古屋=手羽先……神戸=カレー! 「ラージクマール」片山絢一さんの挑戦

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 神戸で「カレー」が今アツい。神戸のカレー店を集めたフェスが開催され、会員制交流サイト(SNS)では、「#神戸をカレーの街に」というハッシュタグをつけた投稿の数が1万件に迫る(2020年8月11日現在)など、一大ムーブメントとなっている。その火付け役が、「神戸カレー食堂 ラージクマール」(神戸市中央区北長狭通3)の店主、片山絢一さん(34)だ。お店の魅力や楽しみ方、サラリーマンからカレー屋の店主に至るまでの半生を聞く。

■「僕ひとりのお店じゃない」スタッフと作り上げた空間で楽しむ絶品カレー

――お店の待合スペースは相当広いですよね。

 10人くらいのお客様が椅子に座って店内で待てます。いろいろなお店の名刺を置いていますし、所在地を地図で表した「神戸カレーマップ」を掲示しています。

待合スペースに置かれた名刺の数々
神戸カレーマップ

――どうして他のお店の情報をお知らせしているんですか?

 うちで食べてもらった帰りに「明日は、来週は、ここのカレー屋に行ってみよう」という発見をしてほしいんです。とにかくカレーを食べる人が増えてほしい、それだけです。

――カウンター3席、テーブルが16席です。カレー屋としては広いですよね。

 40坪ありますので、めちゃくちゃ広いですね(笑)。カウンターで食べるお店が多い中、テーブルでゆったりと、デートや女子会、友達との食事などに使っていただきたいとずっと思っていたんです。

「ラージクマール」店内のようす

Twitter
https://twitter.com/rajkumar_curry1/

Instagram
https://www.instagram.com/rajkumar_curry/

Facebook
https://www.facebook.com/rajkuermarcurry/

LINEで送る

関連記事