『とれ関』パーソナリティー西畑大吾、ラストゲストの大橋和也、正門良規と大盛り上がりトーク!

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 毎週日曜日に放送中、なにわ男子の西畑大吾がパーソナリティーを務める、ラジオ関西『関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース』(日曜午後11時30分~)。番組リニューアルまで残すところ2回となった20日の放送では、西畑とプライベートでも仲の良い、なにわ男子・大橋和也とAぇ! group・正門良規がゲストに登場した。

 番組冒頭、西畑のひとりしゃべりによるオープニングコーナー「西畑のおたより男子」を実施。12月13日の放送で発表された通り、『とれ関』は2021年1月からLil かんさいを中心とした関西ジャニーズJr.の番組にリニューアルされる。

 関西の後輩たちに番組を引き継ぎ、約2年間務めたパーソナリティーを卒業する西畑には、リスナーからのおたよりが多数寄せられた。

 おたよりにつづられた言葉の一つひとつに目を通し「『2年間(番組を)聴いてくださり、ありがとうございました』という気持ちでいっぱいでございます。本当にありがとうございます」と、まっすぐに感謝の思いを述べた西畑。さらに、力強い声色で「この『(西畑の)おたより男子』は今回で最後になりますが、僕もがんばって、(また)ラジオをする機会があればいいなと思っていますので、その時まで待っていてください」と続け、リスナーに向けて明るく前向きなメッセージを送った。

 おたよりコーナーからはゲストの大橋和也と正門良規が登場し、リスナーからのメッセージを紹介した。“西畑・大橋・正門の3人で1曲パフォーマンスをするなら、どの曲がいいか”を尋ねられた3人。ジャニーズWESTの重岡大毅・濵田崇裕・神山智洋が歌う『間違っちゃいない』を挙げたのは、過去の『とれ関』でも好きな楽曲として何度も紹介していた西畑。「重岡(大毅)くんの歌詞がほんまに素敵」という西畑の言葉に、正門も「いい曲やなあ、あれ」と大きくうなずいた。

 ほかにも、大橋はジャニーズWESTの小瀧望と濵田崇裕によるユニット曲『雪に願いを』、正門はTOKIOの『僕の恋愛事情と台所事情』をセレクト。それぞれが選んだ楽曲でのパフォーマンスに想像をふくらませつつ、西畑の「いつか機会があればいいですよね」という期待に満ちた言葉でトークは締めくくられた。

 さらに番組収録中、リスナーからのリクエストで、なにわ男子・大西流星をこよなく愛する3人による“大西流星から誰が1番最初にメールの返信が届くか選手権”が開幕。大西からの返信内容に、大橋が「100点の回答やな!」と評するなど、ブース内は大盛り上がり。結果はもちろん、返信内容に一喜一憂する3人の姿から、気心知れたメンバーでの収録を満喫している様子がうかがえた。

 この日の感想について聞かれると、大橋と正門の2人は「楽しかったよ〜。もっとしゃべりたい!」と声を揃え、彼ら自身も3人での共演を楽しみにしていたことが伝わってきた。

 関西ジャニーズJr.は、2021年1月3日(日)〜5日(火)に大阪城ホールで『関西ジャニーズJr. あけおめコンサート2021〜関ジュがギューっと大集合〜』を予定している。

『ラジコ』では放送後1週間はタイムフリーでの聴取が可能。西畑とゲストのトークはもちろん、お気に入り楽曲など、この機会にぜひチェックしておきたい。

関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース | ラジオ関西 | 2020/12/20/日 23:30-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事