再発令される緊急事態宣言、関西で落胆する飲食業「もう人は動いてくれない」

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 関西3府県で13日に再発令される緊急事態宣言により、これまで飲食店の営業時間短縮の要請がなかった兵庫県ではこれに先立つ12日、神戸・芦屋・西宮・尼崎の4市に適用、営業を午後9時までとするよう求めた。神戸市中央区でバーを経営する40代の男性は「本来は夜の9時にオープンですから、思い切ってお昼3時~夜9時までの営業にして『昼呑み・夕呑み』に特化します。もう赤字覚悟です」と話す。

神戸・三宮 東門街
神戸・三宮 東門街

 なお京都府と大阪府は、既に出している時短要請期間を延長。緊急事態宣言の再発令後は、大阪府は府内全域に時短要請を拡大し、京都府は内容を見直す可能性があるとしている。遊興施設も時短要請の対象になり、イベント制限なども加わる。

・・・・・・・・・・

 今回、時短の適用外となった姫路市で飲食店を経営する50代の男性は緊急事態宣言の再発令をこう見る。

兵庫では神戸、尼崎など4市への時短要請 姫路は適用外だが…
兵庫では神戸、尼崎など4市への時短要請 西の中核市・姫路は適用外だが…

「どの地域の飲食業にとっても、時短対象かどうかは大した問題ではないと思います。コロナ対策をきっちり考えるお客さんならば現状を見て、おのずと自粛モードになるでしょうし、連日の報道で緊急事態宣言と騒がれると、一般的には動くのを控える人が増えると思います。つまり、(営業時間短縮の)対象地域だろうがそうでなかろうが、もう人は動きません。対象になってない地域は普通にどの商売も成り立っていると国や県は思っているんでしょうか?

時短対象にならず、補助も出ず、もともと減っていたお客さんの数はさらに減り。経営を維持するために借入金を追加して、最後は自己破産するしかないと考えている経営者も僕の周りに少なからずいます。これが現実です。

緊急事態宣言で陽性者を減らす措置は、さしあたっては医療に対してのもので、直接、コロナを収束させるものではないような気がします。国が根本的に解決するんだという覚悟を持たないと、コロナに感染する前に、心が壊れて立ち直れなくなる人が続出しそうです。飲食業にとって、もう、コロナ疲れというレベルじゃないですよ」

遠のく客足、歯止めが利かず2020年・年末で2店舗を1店舗に統合した
遠のく客足、歯止めが利かず2020年・年末で2店舗を1店舗に統合した(姫路市内)

「経済を優先したために感染者が激増した、という図式になっているようですが、経済を無視してロックダウン(都市封鎖)したところでイギリスなどの二の舞になるような気もします。やはり現実からかけ離れた対応では、一時的に経済の悪化を遅らせることはできても根本から解決できない気がします。医療崩壊を起こさせず、経済が崩壊する手前でコロナが収束すればいいという考え方では甘いんじゃないかと思います」

・・・・・・・・・・・

 政府は2020年4月7日、関西の兵庫、大阪を含む7都府県に緊急事態宣言を発令した。4月16日には対象を全都道府県に拡大。5月25日までに順次解除した。また年末年始の感染急拡大を受け、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に1月8日から2月7日までの期間で宣言を再発令している。

 13日に関西3府県に再発令される緊急事態宣言により、3府県の知事は明確な法的根拠を持って不要不急の外出自粛要請や、施設の使用制限に関する要請・指示ができるようになる。再発令は首都圏の1都3県から7都府県へ拡大する。

関連記事