選手から裏方までチーム一丸で頂点へ!阪神・矢野監督、新スローガンへの思い【キャンプイン直前、虎を読む(1)】

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 2021年のプロ野球シーズンが、春季キャンプからいよいよ本格的にスタートする。2005年以来、セ・リーグでの優勝から遠ざかっている、阪神タイガース。今年こそという思いは、当然のごとく、虎ファンのなかで強いものがあるだろう。

 そのなかで、監督就任後、1年目の2019年は3位、2年目の2020年は2位と、着実に順位をあげているなか、勝負の3年目となる矢野燿大監督にかかる期待は大きい。

 新年早々、ラジオ関西『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』(パーソナリテイー:林歳彦、田中大貴)、『セオリーのスポーツ数珠つなぎ』(パーソナリテイー:セオリー、藤谷真由香)の2番組によるスペシャル企画にゲスト出演し、思いを語った矢野監督。ここでは、後半回となった『セオリーのスポーツ数珠つなぎ』から、新シーズンのスローガンに関しての熱い思いなど、番組でのトークの模様を掲載する。

写真前方、左から、林歳彦さん、矢野燿大監督、藤谷真由香さん。写真後方、左から、セオリーさん、田中大貴さん(写真:ラジオ関西)
写真前方、左から、林歳彦さん、矢野燿大監督、藤谷真由香さん。写真後方、左から、セオリーさん、田中大貴さん(写真:ラジオ関西)※撮影時にマスクを外していただきました

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【セオリー】 まず、2回にわたってのラジオ出演となりましたが、いかがでしょうか。

【矢野燿大監督(以下、矢野監督)】 ラジオは楽しい。時間もたっぷりあって、しゃべらせていただけるというのは。素が出せるところもあるので。テレビはどうしても構えてしまうもの。ラジオはそういうのはなくなりますよね。

【セオリー】 矢野さんと出会って(仕事など)いろいろ一緒にやらせてもらってきたが、矢野さんはユニフォームを再び着る前から、言っていることや、芯や軸とか、全然変わらない。そのときから子どもの野球のこともずっと仰っていたし、自分よりも誰かのためにという考えを持っている方。監督になられてもそのスタンスが全然変わらないのはすごいなと思います。

【林歳彦(以下、林)】 誰に対しても、誰に質問されても、変わらないですよね。たとえば、野球のことをまだよくわかっていないという女性キャスターに聞かれても、まったく対応は変わらないですし。それが矢野さんというイメージです。

【藤谷真由香(以下、藤谷)】 まっすぐ目を見てお話してくださるのがすごく印象的で、もうほれちゃいますね!








関連記事