選手から裏方までチーム一丸で頂点へ!阪神・矢野監督、新スローガンへの思い【キャンプイン直前、虎を読む(1)】

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 2021年のプロ野球シーズンが、春季キャンプからいよいよ本格的にスタートする。2005年以来、セ・リーグでの優勝から遠ざかっている、阪神タイガース。今年こそという思いは、当然のごとく、虎ファンのなかで強いものがあるだろう。

 そのなかで、監督就任後、1年目の2019年は3位、2年目の2020年は2位と、着実に順位をあげているなか、勝負の3年目となる矢野燿大監督にかかる期待は大きい。

 新年早々、ラジオ関西『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』(パーソナリテイー:林歳彦、田中大貴)、『セオリーのスポーツ数珠つなぎ』(パーソナリテイー:セオリー、藤谷真由香)の2番組によるスペシャル企画にゲスト出演し、思いを語った矢野監督。ここでは、後半回となった『セオリーのスポーツ数珠つなぎ』から、新シーズンのスローガンに関しての熱い思いなど、番組でのトークの模様を掲載する。

写真前方、左から、林歳彦さん、矢野燿大監督、藤谷真由香さん。写真後方、左から、セオリーさん、田中大貴さん(写真:ラジオ関西)
写真前方、左から、林歳彦さん、矢野燿大監督、藤谷真由香さん。写真後方、左から、セオリーさん、田中大貴さん(写真:ラジオ関西)※撮影時にマスクを外していただきました

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【セオリー】 まず、2回にわたってのラジオ出演となりましたが、いかがでしょうか。

【矢野燿大監督(以下、矢野監督)】 ラジオは楽しい。時間もたっぷりあって、しゃべらせていただけるというのは。素が出せるところもあるので。テレビはどうしても構えてしまうもの。ラジオはそういうのはなくなりますよね。

【セオリー】 矢野さんと出会って(仕事など)いろいろ一緒にやらせてもらってきたが、矢野さんはユニフォームを再び着る前から、言っていることや、芯や軸とか、全然変わらない。そのときから子どもの野球のこともずっと仰っていたし、自分よりも誰かのためにという考えを持っている方。監督になられてもそのスタンスが全然変わらないのはすごいなと思います。

【林歳彦(以下、林)】 誰に対しても、誰に質問されても、変わらないですよね。たとえば、野球のことをまだよくわかっていないという女性キャスターに聞かれても、まったく対応は変わらないですし。それが矢野さんというイメージです。

【藤谷真由香(以下、藤谷)】 まっすぐ目を見てお話してくださるのがすごく印象的で、もうほれちゃいますね!

【セオリー】 なんのアピールやねん(笑)! そのために来てもらったのとは違う!

【田中大貴(以下、田中)】 さて、今回は今シーズンの話を聞いていきましょう。

【セオリー】 まず、入口として、スローガンについて聞きたいですね。今年のタイガースのスローガンが、「挑・超・頂 -挑む 超える 頂へー」と発表されました。チームの公式ホームページにも矢野監督のコメントが掲載されていました。そういうことって、(普段は)なかなかないもの。これはどうやって決めたのでしょうか。

【矢野監督】 前回もそうでしたが、選手から裏方さんまで、いるメンバー全員で話し合いました。一部、フェニックスリーグでプレーしていた選手や、(休暇中で)秋季練習に参加していなかったベテラン選手は不在でしたが、僕が司会みたいなことをして、みんなで「(スローガンは)どんなことがいいか?」というのを、決めていきました。

シーズンが終わったときに、「"Let's try"=挑戦することが大事だ」と、(全体の前で)お話させてもらったのですが、そのことを選手たちも頭に留めていてくれたんです。最初に指名した高橋遥人が、"Let's try it"みたいな感じで続けてくれて、"try"を「虎威」というような漢字にして(提案を)くれた。前回も(スローガンの話し合いを)やっていたから、そうやってみんなの提案のレベルがむちゃくちゃ上がっていたんです。「5G」をもじって"Challenge"などを入れた「5C」とか、みんなすごいいっぱい出してくれました。そのなかで、今回のスローガンは「挑・超・頂 -挑む 超える 頂へー」となったんです。

(昨シーズンのチームに)エラーが多かったり、巨人に大きく負け越していたり、ダメなところをみたらいっぱいあるんだけど、それをどう覆すことができるかとなったとき、チャレンジする気持ちがないと(いけない)。

たとえば巨人に負けて「勝てない」と思えば、その先はない。エラーして、次がこわくなって足が一歩出ないとなると、成長につながらない。

そういうところで、エラーしても、「次は前に出て捕ってこいよ!」とか、「次はバットで取り返してこい!」、「それでも取り返せなかったら、ベンチで声を出す(サポートする、盛り立てる)ことはできるやろ!」などと、選手が挑戦する背中を、僕らが押せるようにしたい。とがめることや「おまえダメだ」と言うのは、誰でもできるけど、僕はそういう野球はやりたくないので。

それなら、(今を)「超越する」「超えていこう」と。相手も数字も(これまでのものを)超えていきたい。もちろん、この思いは絶対にある。ただ、そのなかでも、一番大事なのは「自分超えだ」と。「今日の自分を、明日超えることができれば、それで『マル』なんだから、(目先の)相手ばかりと比べるなよ。自分超えを送る日々を続ければ、小さな『マル』がどんどん増えて、その先のデカい(大きい)『マル』に変わるもの。だから、まずは小さな『マル』を増やしていこう」と話している。

相手も超えたいけど、自分越えをしていこう。その2つができれば、(自然と)頂点にいっているから。勝つことだけを目指していくのはちょっと苦しいし、面白くないもの。僕らは挑戦をして、自分超えをして、「よーし! 全員で頂点に行こうぜ」と。それが「挑・超・頂 -挑む 超える 頂へー」(の意味にある)。

ちなみに、これは、モーニング娘。の名曲、『恋愛レボリューション21』(の歌詞)にもかぶっている。「超超超いい感じ♪」って。「僕らは2021年、革命を起こしていこうと!」、そういう思いでいます。

阪神タイガースの矢野燿大監督(写真:ラジオ関西)
阪神タイガースの矢野燿大監督(写真:ラジオ関西)

【セオリー】 矢野さんが監督に就任して、1年目の一昨年が3位、2年目の昨年が2位となっていて、進むところはもう1個、頂点、そして日本一しか残っていないですよね。

【田中】 当時のモーニング娘。メンバーに集まってもらって、阪神のために歌ってもらうしかないですね! 企画ができたので、阪神の事業部に言うしかないですね!

【矢野監督】 それは後付けだったけど、「あっ、(言葉が)かかってるやん!」って感じでしたね。

【田中】 経営的な目線で考えると、会社のスローガンを民間企業が考えるときも、どうしても下のほうにいる若い社員が見せられたとき、「今年はこれなんだ……」と、それだけで終わってしまうもの。そこになにかシンパシーを感じたり、こうだから気持ちを入れていこうというのは、あまりないですよね。でも、みんなで決めたら、作りこみから考え合っていけば、また違ってきますよね。

【林】 監督が、みんなを集めて、裏方さんも一緒になって、言い合える環境を作っていることが、僕は素晴らしいなと思います。

【セオリー】 矢野さんとしても、選手たちからそうやって意見を出してもらえるのがうれしいですよね。

【矢野監督】 そうやね、めちゃめちゃうれしかった! (スローガンは)1年目は「ぶち破れ!オレがヤル」、2年目は「It’s 勝笑 Time!オレがヤル」で「勝つ」「笑う」という文字を入れました。

チームは僕らや選手たちだけで勝つわけではない。裏方さんもいます。例えば(選手の状態が)今日厳しいかもしれないけど、トレーナーの力で、なんとか今日出られるように頑張ってくれというときもあります。バッティングピッチャーについても、毎日(投げるのは)大変、しんどいところもあると思うんですが、なんとかチーム個々のレベルを上げてくれて本当にありがとうという思い。

そこ(勝ち進むこと)には、裏方の力が必要。彼らも含めて全部がチーム。だから、遠くから見ているのではなく、(チームの輪に)参加してきてほしい。自分たちもチームの一員なんだと。そういうところでは、スローガン(を決める場所)にも入ってもらって、「僕らも一緒に戦っているよ」ということで、「オレがヤル」としました。

また、勝つために眉間にしわを寄せて(ひたむきに)いくのも大事かもしれませんが、それを越えて、笑って楽しくやって勝つことができればすごいよなということで、「勝笑 Time!」という言葉も使いました。

そして、3年目のスローガンも、裏方さんも入って(みんなでチームのためにやるという)コンセプトは同じ。この「挑・超・頂…」、(アイデアを出してくれたのは)裏方さんなんですよ。トレーナーさんだったかな。そういう(みんなでやるという)のも本当にうれしいです。

ラジオ番組にゲスト出演した、阪神の矢野監督(写真右、写真:ラジオ関西)
ラジオ番組にゲスト出演した、阪神の矢野監督(写真右、写真:ラジオ関西)

【藤谷】 チーム一丸となっていますよね。

【田中アナ】 一体感を感じますね。

【林】 「ともに」というのをすごく仰っていて、共感します。

【セオリー】 言葉として言うのは簡単ですが、それを実行して形にできるのは、難しいもの。そのアクションを確実に起こしてチームをまとめているのはすごいなと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 今回のラジオ出演は、ラジオ関西『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』(パーソナリテイー:林歳彦、田中大貴)、『セオリーのスポーツ数珠つなぎ』(パーソナリテイー:セオリー、藤谷真由香)の2番組によるスペシャル企画、『2021年あけましておめでとうございます記念・2番組コラボリレー放送』(1月1日、3日に放送)のなかで実現したもの。矢野監督と親交のあるセオリーの呼びかけで、「番組出演の夢がかなった」(セオリー)。

(文:黒川良彦)








関連記事