お椀のような月と赤い星の競演 そして金星が引っ越し? 2021年3月《星空散歩通信》

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 2021年は3月20日に迎える、春分の日。冬の星座たちが早い時間に西の空に沈み、変わって東の空からは春の星座が昇ってくるようになる。

2021年3月の星空(提供:明石市立天文科学館)
2021年3月の星空(提供:明石市立天文科学館)

 3月の夜空でひときわ輝いているのは火星。2020年10月の準大接近を経て少しずつ地球から遠ざかりつつあるものの、西の高い空で存在感を示している。中旬になると火星の近くにもう一つ赤っぽい色の星、おうし座の1等星アルデバランが見える。太陽光を反射して輝く火星に対し、アルデバランは自ら光を放って輝く恒星で、表面温度が低いためオレンジ色に見える。

 一方、月は、13日に新月となり、その後、15日ごろから西の空で少しずつ太っていく。この時の月の向き(傾き)は、光っている部分が下側になり、まるで寝ているような月になるという。19日、20日ごろになると月と赤い2つの星が近づく。印象的な光景が見られそうだ。

月齢1.6(明石市立天文科学館の井上毅館長の公式Twitter、2021年2月13日より)
月齢1.6(提供:明石市立天文科学館 井上毅)

 さて、金星は明け方の東の空で「明けの明星」として輝いていたが、24日に太陽の向こう側にまわって外合(がいごう)となる。これを境に夕方の西の空にで「宵の明星」と、その居場所を変える。

 少しずつ暖かさを感じられるようになる3月。とはいっても夜はまだまだ寒い。夜空を見上げる際には、防寒対策をしっかりと。


明石市立天文科学館
【公式HP】

LINEで送る

関連記事