神戸人形の魅力とは 「創始期の作者たち」 リモート・ミュージアム・トーク(中)

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 兵庫県姫路市香寺町の日本玩具博物館で、8月31日まで「神戸人形賛歌~ミナトマチ神戸が育てたからくり人形~」展が開かれている。尾崎織女・学芸員によるリモート・ミュージアム・トーク。2回目で取り上げるのは、「創始期の作者たち」。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 台箱の横のつまみを動かすと、台に乗った黒い人形が手を動かし、首をふり、真っ赤な口をあけて西瓜を食べたり、酒を飲んだり……。車にのった人形が太鼓や鉦(かね)を叩いたり、魚釣りをしたり……。「神戸人形」はデザインの奇抜さと動きの滑稽さが笑みを誘うからくり玩具です。

「神戸人形」が誕生したのは明治中期から後期にかけてのこと。淡路の人形師・中村某によって創始されたといわれてきましたが、決定づける資料は見つかっておらず。創始者については、神戸長田の「野口百鬼堂」、はたまた八尾某、あるいは長田神社(神戸市長田区)の参道筋で商店を営んでいた“長田の春さん”なる人物……などなど、様々な説があります。

野口百鬼堂の神戸人形(お化け人形)
野口百鬼堂の「神戸人形」(お化け人形)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

●「野口百鬼堂」のお化け人形

 いま、創始者と目される人物の筆頭にあがるのが「野口百鬼堂」です。当館所蔵品の中で、「夕涼みのお化け」「木魚と鉦叩きのお化け」「ポンプ漕ぎお化け」の台底には、“神戸長田村/元祖おばけ/野口百鬼堂”とゴム印が押されています。

 当館のコレクションの中で、これらと作風が共通する25~26点が野口百鬼堂製と考えられますが、いずれも柘植(ツゲ)の木肌の美しさをそのまま生かし、ろくろ首や三つ目小僧など、お化けを題材にしたものばかり。このころの「神戸人形」が「お化け人形」と呼ばれたのもうなずけます。

 小さな顔にはめ込まれた象牙製の目の動き、思いもかけぬほど長く伸びる首、前へ無造作に放り出される脚、鉦や木魚を打つバチさばき……、その動きは柔らかく連続的で、まるでお化けが生きて呼吸しているような生々しさを感じさせます。

野口百鬼堂の神戸人形(お化け人形)夕涼みのお化け
野口百鬼堂の「神戸人形」(お化け人形)夕涼みのお化け
野口百鬼堂の神戸人形(お化け人形)ポンプ漕ぎのお化け
野口百鬼堂の「神戸人形」(お化け人形)ポンプ漕ぎのお化け
野口百鬼堂の商標
野口百鬼堂の商標

●「長田の春さん」のこと

「長田の春さん」は、道畑佐市著『回顧七十五年』(昭和46・1971年刊)のなかに描かれる市井の人物です。同書は、著者が神戸で暮らした明治、大正、昭和時代の風景や人物を書きとめた随筆集で、その中に「長田の春さん」が登場します。

 道畑によると、春さんは、もともと芝居の小道具師で、戦前、長田神社の参道筋で山椒昆布を商うかたわら、人形を売っていました。店の間には棺桶をデンと据えて、一日に何回も出たり入ったりするので、「棺桶の春さん」と呼ばれて親しまれていたそうです。――この春さんが売っていた人形こそがお化け人形だったという説もあるのですが、「長田の春さん」と長田村の「野口百鬼堂」は果たして同一人物なのでしょうか。この謎は未だ解けていません。

神戸人形・お化け箱(作者未詳)
「神戸人形」お化け箱(作者未詳)

●創始期に活躍した「八尾某」「出崎房松」

 明治・大正時代の「神戸人形」の中には、「野口百鬼堂」とは明らかに異なるいくつかの作風が見られます。百鬼堂は、自らの商標に“元祖お化け”と旗を立てるように明記していました。それは、この時代、お化け人形を作る人たちが他にもいたことを証立てています。もしかすると、“本家お化け”を標榜する作者がいたかもしれません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 胴部に比して頭部が大きく、目が離れていて、口の中には象牙製の歯が埋め込まれた作品があります。あごの動きも大きく、どこかのどかで愛らしい一群。白木のままの作品も、黒くぬられたものも見られますが、そのうちのいくつかには、台横や台底に「⼋尾」の焼き印が確認できます。野口がライバル視していたのは、あるいは八尾だったのでしょうか。

八尾製の神戸人形「団子喰い」「西瓜喰い」「箸もち」「西瓜喰い」
八尾製の「神戸人形」(「団子喰い」「西瓜喰い」「箸もち」「西瓜喰い」)

「神戸人形」の創始期に活躍した人物として、もうひとり分かっているのが、出崎房松(1883-1967)です。出崎は、和歌山県有田市に生まれ、明治30年代頃、神戸の花隈に移り住みます。手先が器用で、木の根っこから動物などを作っていましたが、湊川神社周辺で興業のあった“浪花からくり”をヒントに、「糸巻き」を利用したからくり人形を作り始めます。明治35(1902)年ごろのことです。

 出崎作品の仕掛けをみると、つまみに続く中心軸に対して直角に半月形の木片が取り付けられ、その木片の両端に人形の首やあご、手や足に結んだ糸が集まっています。つまみを動かすことで、半月形の木片が前後に動き、そこに結ばれた糸がひっぱられたり緩んだりして、台箱にのった人形が動きます。この仕掛けは出崎作品だけでなく、多くの「神戸人形」にみられるものです。

出崎房松の神戸人形(お化け人形)「夕涼みのお化け」
出崎房松の「神戸人形」(お化け人形)「夕涼みのお化け」

 明治・大正時代の「神戸人形」(=お化け人形)には、野口や八尾とも、また出崎とも異なる作風がいくつかあり、未だ名前の知られていない幻の作家たちもいたことでしょう。神戸の市井に生きた人たちは、なぜ、このような小さなからくり人形作りに心を傾けたのでしょうか。たかが130年、されど130年――「神戸人形」の歴史を追いかける私たちにとって解けそうで解けない謎が多くあり、この謎めきがまた「神戸人形」の魅力なのかもしれません。

 幾人もの作者たちが競い合うようにユニークで工芸的な作品を生み出していた明治・大正時代を経て、やがて「神戸人形」は、商品としての様式を整えていきます。次回は、昭和初期に活躍した小田太四郎についてご紹介します。(日本玩具博物館学芸員・尾崎織女)

■日本玩具博物館
〒679-2143 兵庫県姫路市香寺町中仁671-3
電話 079-232-4388
FAX 079-232-7174

入館料 大人600円、高大生400円、小人(4歳以上)200円
休館日 毎週水曜日(祝日は開館)、年末年始(12月28日~1月3日)
開館時間 10:00~17:00
アクセス JR「姫路」駅から播但線に乗り継ぎ「香呂」駅下車、東へ徒歩約15分 / 中国自動車道路「福崎」インターチェンジから南へ15分、播但連絡道路「船津」ランプより西へ5分

※緊急事態宣言を受けて、日本玩具博物館は5月11日まで臨時休館することが決まったと発表した。同館は「状況によりましては休館を延長させていただく場合もございます。ホームページでご案内させていただきますので、来館の際はご確認ください」と述べている。


【公式HP】
【春夏のテーマ展「神戸人形賛歌~ミナトマチ神戸が育てたからくり人形~」(公式HPより)】

関連記事