神戸とチャップリンに縁あり! 港町の名画座で堪能できる『モダン・タイムス』

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 突然ですが、あなたはチャップリンの映画をスクリーンで観たことがありますか? チャールズ・チャップリンといえば、山高帽にちょびひげ。大きめの靴をはき、ステッキをふりまわしながら歩く姿は唯一無二の放浪紳士です。映画が誕生しておよそ120年、数々のキャラクターが誕生しましたが、今もなお、世界中で愛されています。そんなチャップリン作品を、今、神戸の名画座、「パルシネマしんこうえん」で見ることができます。

映画『モダン・タイムス』より © Roy Export S.A.S.
映画『モダン・タイムス』より © Roy Export S.A.S.

 チャールズ・チャップリンは1889年イギリス生まれ。舞台俳優だった両親はすぐに離婚し、母親ハンナに育てられました。5歳になったある日、病気のハンナにかわり務めた初舞台で大喝采を浴びます。

 しかしその後、状況は悪くなるばかり。母は入院し、兄とともに施設へ。様々な仕事を転々とし、いつもお腹をすかせた壮絶な貧困生活を送ります。10代になり、舞台で才能を開花させると、ついに1914年、映画俳優としてのデビューを飾ります。そして間もなくトレードマークのThe Little Tramp=小さな放浪者のキャラクターが誕生しました。

「人生は近くで見れば悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」、チャップリンの言葉です。貧しくて失敗ばかり。小さな体でいつも大きな敵と戦っている姿は、『キッド』、『黄金狂時代』、『街の灯』、そして『モダン・タイムス』など、サイレント時代からトーキー時代にかけて、笑いと涙を誘い、世界中の人気者となりました。

 チャップリンが兄シドニー、日本人運転手の高野虎市とともに、はじめて神戸港に降り立ったのは1932年5月。

現在の神戸港の様子(早駒運輸提供)
現在の神戸港の様子(早駒運輸提供)

 そして1936年。アメリカで『モダン・タイムス』が封切りになった後、ヒロインをつとめたポーレット・ゴダードとともに出かけたアジア旅行の途中にも、神戸に立ち寄っています。

 神戸で訪れた場所の1つとされるのが、新開地や湊川公園。その街にある映画館「パルシネマしんこうえん」で、5月24日から6月2日まで『モダン・タイムス』が上映されます。“朝パル”と銘打った午前9時から1日1度の上映。その後も『ニューヨークの王様』(6月2日~9日)、『黄金狂時代』(6月29日~7月7日)など、チャップリン作品が予定されています。

「パルシネマしんこうえん」
「パルシネマしんこうえん」

 今年1⽉1⽇に50周年を迎えた「パルシネマしんこうえん」は、湊川公園にできた芝居⼩屋から、戦後、映画館に転⾝。近隣のシネマ神⼾とともに、今では数少なくなった2本⽴ての映画館(朝パルのみ1本⽴て)です。湊川商店街入口に向かう大通りに面する1階にあり、パル会員になると、2本立てが1000円で見られるという料金も魅力的。買い物ついでに立ち寄る昔からのファンも多くいます。

 同館の三代目支配人を務める小山岳志さんは、これまでも「朝イチバンのお話会」と題して、近隣映画館の支配人をゲストに迎えたトークショーを実施するなど、通常上映がはじまる前の朝の時間に、映画館と映画ファンとの交流会を開催しています。パルシネマの上映作品はお客様アンケートによって決定することもあるそうで、「朝パル」の名画上映開始も、パルシネマファンや近隣映画館の声援によって決定しました。

 映画の街・神戸が誇る名画座で、喜劇王の名作を堪能できるのも、乙なもの。今こそチャップリンの魅力に浸りたいものです。なお、料金などの詳細は、「パルシネマしんこうえん」公式サイトに掲載されています。(天宮遥)


【「パルシネマしんこうえん」公式サイト】

関連記事