83歳、アンソニー・ホプキンスが鬼気迫る名演 映画『ファーザー』

LINEで送る

この記事の写真を見る(11枚)

この記事の動画を見る

 アカデミー賞の主演男優賞、脚色賞の2部門を受賞、オリヴィア・コールマンとアンソニー・ホプキンスが主演する映画『ファーザー』が全国公開中です。今作を、映画をこよなく愛するラジオパーソナリティー・増井孝子さんが解説します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 超高齢化時代を迎え、切実な問題となってきているのが、親の介護。私自身も、99歳6か月で母を見送るまでに、10年近くの介護生活を経験し、最後の1年半ほどは認知症を発症したこともあり、まさに大変な思いをしたので、この映画の娘アンの気持ちは痛いほどよく分かる。

 アンの父のアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は81歳。ロンドンでひとりで暮らしている。元気だけど、最近よく腕時計が行方不明になる。面倒をみてくれている介護人のことが気に入らず、彼女が時計を盗ったのではないかとトラブルになり、頼みの綱の介護人から今回もまた、暴言をはかれたので辞めさせていただきますとアン(オリヴィア・コールマン)の元に連絡が入った。

© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

 親のために、そばにいてもっと世話をするべきか、自分の幸せを考えて、パートナーとともにパリで暮らすのがいいのか、アンはつらい決断を迫られ、苦悩する。

 アンソニーがキッチンで紅茶を入れていると、リビングルームに見知らぬ男(マーク・ケイティス)が座っている。アンと結婚して10年、ここは自分とアンの家だという。そこへ帰って来たアンだという女性は、まるで見知らぬ女(オリヴィア・ウィリアムズ)で、離婚して5年も経つし、夫などいないと言い、男の姿も消えている。

 アンは新しい介護人ローラ(イモージェン・プーツ)を父に紹介し、珍しく彼女を気に入ったアンソニーは、自分は元ダンサーだったといい、ステップを踏んでみせるなど、ご機嫌だった。でも次の瞬間、アンと夫が結託して自分のフラット(家)を乗っ取ろうとしているのだと怒り狂う。

© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

 別の日、アンソニーがキッチンに行くと、また、別の見知らぬ男(ルーファス・シーウェル)がくつろいでいる。彼からアンの話をしようと言われ、アンよりも妹のルーシーに世話をしてほしいと思っているのに、ルーシーになぜか会えないんだと話すアンソニー。

© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

 過去と現在、事実と幻想、その境界線がどんどん曖昧になっていき、ここはどこ? 私は誰? 状態になるなかで、今いるのが自分のフラットなのか、アンの家なのかさえ分からなくなる不安。しかも、あの優しい娘ルーシーは一体どこに行ってしまったのか? サスペンスフルに展開する物語に、観客の我々もアンソニーの不安と戸惑いを体験しながら振り回される。

 もともと、フランス人の作家フロリアン・ゼレールの、フランス最高位のモリエール賞最優秀作品賞に輝く舞台劇で、2012年にパリで初演され、ロンドンのウエストエンド、ニューヨークのブロードウェイなど世界30か国以上で上演され沢山の賞に輝き、日本でも橋爪功と若村麻由美で上演された作品。

 映画化に当たっては、フロリアン・ゼレール自身が監督に初挑戦、クリストファー・ハンプトンとともに脚本も書いていて、今年のアカデミー賞で、脚色賞を受賞している。

 主演のアンソニー・ホプキンスにあわせて、物語の舞台をパリからロンドンに変え、キャスト6人全員がイギリス出身。アンソニー・ホプキンスは、1991年の「羊たちの沈黙」以来30年ぶり2度目のアカデミー賞の主演男優賞を受賞。アン役のオリヴィア・コールマンも助演女優賞にノミネートされていたが、残念ながら受賞には至らなかった。

© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020
© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

 亡くなったチャドウィック・ボーズマンが受賞するのではないかという大方の予想を裏切っての、アンソニー・ホプキンスの主演男優賞受賞で、賞の発表の順番を変えてまで授賞式を盛り上げようとした演出が空振りに終わり、おまけにロンドンに滞在中で、もし受賞すれば映像でなら……というホプキンス側のオファーを断っていたという話も漏れ伝わって来て、なんだか後味の悪い授賞式になってしまったアカデミー賞。だが、もちろん、アンソニー・ホプキンスの名演は素晴らしく、現在83歳にしてますます矍鑠(かくしゃく)としていて、あんなにたくさんのせりふを覚えられるなんて、認知症とは程遠い彼の認知症ぶりは、鬼気迫る凄さで、圧倒されるのだ。(増井孝子)

※ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』、「おたかのシネマdeトーク」より

© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

◆映画『ファーザー』

監督:
フロリアン・ゼレール (長編監督一作目)
脚本:
クリストファー・ハンプトン(『危険な関係』アカデミー賞脚色賞受賞)
フロリアン・ゼレール
原作:
フロリアン・ゼレール(『Le Père』)

出演:
アンソニー・ホプキンス(『羊たちの沈黙』アカデミー賞主演男優賞受賞)
オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』アカデミー賞主演女優賞受賞)
マーク・ゲイティス(「SHERLOCK/シャーロック」シリーズ)
イモージェン・プーツ( 『グリーンルーム』)
ルーファス・シーウェル( 『ジュディ 虹の彼方に』)
オリヴィア・ウィリアムズ( 『シックス・センス』)

2020/イギリス・フランス/英語/97分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:THE FATHER/字幕翻訳:松浦美奈
配給:ショウゲート
(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020


【公式サイト】

ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』
【公式ブログ】
【「おたかのシネマdeトーク」アーカイブ】

LINEで送る

関連記事