CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年4月17日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ハンターキラー 潜航せよ』(2019.4.17水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ハンターキラー 潜航せよ」をご紹介しました。

    監督 ドノバン・マーシュ

    出演 ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、ミカエル・ニクヴィスト、コモン、リンダ・カーデリニ、トビー・スティーブンス

     

    潜水艦ものと言われるジャンルは、昔からずいぶんたくさん作られてきている。
    ちょっと思い出すだけでも、1981年のウォルフガング・ペーターゼン監督の「Uボート」、1990年のトム・クランシー原作、ジョン・マクティアナン監督の「レッドオクトーバーを追え」、1995年トニー・スコット監督の「クリムゾン・タイド」等々。
    狭い艦内で、どこにも逃げ場がない中、襲って来る危機と恐怖は、観ている側も息が詰まりそうな独特の感覚が味わえるとあって、ファンも多い。

    さて、久しぶりの潜水艦もの、しかも、米海軍原子力潜水艦の元艦長ジョージ・ウォーレスとジャーナリストで作家のドン・キースが共同執筆した、アメリカでベストセラーになった小説の映画化となると、期待は最高に膨らみ、そして、あの「ワイルドスピード」の製作陣が手掛けているという時点で、外れがないのは当然だと思えるし、案の定、その期待を裏切らないワクワクドキドキを届けてくれるのがこの映画。

    ロシアのコラ半島沖、米海軍の原子力潜水艦“タンパ・ベイ”が消息を絶った。
    ロシアの原潜“コーニク”を追尾中、2発の爆発音と共に行方不明になったことを、米国防総省の国家軍事指揮センターが把握。海軍少将ジョン・フィクス(コモン)は、統合参謀本部議長チャールズ・ドネガン(ゲイリー・オールドマン)の指示を仰ぎ、“ハンターキラー”こと攻撃型原潜の“アーカンソー”を捜索に派遣することにする。

    艦長に選ばれたのがジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)。海軍兵学校の出ではない、現場のたたき上げの頼もしい艦長。
    時あたかも、そのコラ半島にあるポリャルヌイ海軍基地に、ロシアのザカリン大統領が向かっているという情報を掴んだ国家安全保障局のジェーン・ノーキスト(リンダ・カーデリーニ)は偶然ではない何かを感じる・・・。

    現地での偵察が必要と、海軍特殊部隊ネイビーシールズのビーマン隊長(トビー・スティーブンス)率いる4名のチームにも、出動命令が下される。
    “アーカンソー”は魚雷攻撃を受けて無残に沈没した“タンパ・ベイ”を発見し、さらに近くで沈没していた“コーニク”も発見。その時、上方からの魚雷攻撃を受けながら、又、乗組員の反対も受けながらも、ジョーは“コーニク”から生存していた数名の乗組員とアンドロポフ艦長(ミカエル・ニクヴィスト)を助け、自艦に収容する。
    一体、何が起きているのか? 一触即発の事態に、ホワイトハウスに集まった大統領以下、首脳陣は現地からの情報で、ロシアのドゥーロフ国防相のクーデターらしいことを知る。

    潜水艦内、地上のネイビーシールズの作戦、情報を元に議論を戦わせながら次の出方を探るホワイトハウスの面々・・・。
    そのどのシーンをとっても、それだけで1本の映画になりそうなドラマが同時並行で進んでいく展開!
    そして、米ロの対戦を避けるために、考え出された驚愕の作戦!!

    あの「オペラ座の怪人」や「ジオストーム」「300」のジェラルド・バトラー、「ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー主演男優賞に輝いたゲイリー・オールドマン、スウェーデン出身で「ミレニアム」3部作で一躍脚光を浴びたミカエル・ニクヴィスト(残念ながら2017年に56歳という若さで肺がんで亡くなってしまいこれが遺作)という男たちのぶつかり合いの中に、荒唐無稽なところもありながら、信頼・勇気・誇り・・・、大切な生き方をも教えてもらったような、素晴らしいミリタリー・サスペンス・アクション!
    是非、おススメです!

    ★おたか★

    過去ログ・・・

    4月10日 放送 おたかのシネマでトーク「アガサ・クリスティー ねじれた家」

    4月3日 放送 おたかのシネマでトーク「ダンボ」

    3月27日 放送 おたかのシネマでトーク「キス・ミー・ケイト」

    3月20日 放送 おたかのシネマでトーク「バンブルビー」

    3月13日 放送 おたかのシネマでトーク「運び屋」

  • 2019年4月17日(水) 13時50分 知性の玉手箱

    知性の玉手箱★Bitter&Sweet (2019.4.17 水)

    Bitter & Sweetの田﨑あさひさんと長谷川萌美さん。

    3月27日『遠いところへ行くのでしょう / ラブストーリーは始まらない』をリリースされました!

    4月19日(金)18:30~、19:45~ HMV&BOOKS心斎橋 

    4月20日(土)14:00~、16:00~ あべのフープ1F

    4月21日(日)12:30~、14:00~、15:30~ あまがさきキューズモール

                     18:00~、19:30~ HMV三宮ビブレ

    —————————————————★

    4月17日は「よいなすの日」!JA全農ふくれんから福岡県のブランド野菜「博多なす」と、「博多のトマト」をプレゼント!!

    「博多なす」はちょうど今頃が出荷のピーク。20センチから25センチ程度の中長なすで、艶やかな濃い紫色。皮はパンと張っていますが、薄く皮むきも不要。果肉は柔らかく、口あたりまろやかです。

    この「博多なす」3本入りを3袋と「四川飯店が教える博多なすおいしいレシピ」をセットにして5名様にプレゼント!

    もう一つは、福岡県ブランド野菜「博多のトマト」です。雄大な自然と温暖な気候の九州 福岡県で生産された真っ赤な「博多のトマト」。トロリ&シャッキとした食感とともに、酸味と甘みのバランスが絶妙で、滴るほどの果汁もばっちり。1箱約20個入りの「博多のトマト」を5名様にプレゼントします。

    「博多なす」または「博多のトマト」希望と書いて番組までお送りください。

    ⇒ メールフォーム  

     

    —————————————————★

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    自分の背中より大きいランドセルを背負って登校。

    その重さを感じながら、一歩ずつどんなことがあっても“背負い投げ!”

    ランドセルとかけて親の期待ととく。

    その心は重いと肩にくいこみます。

    (by 露の吉次)

    2019年5月4日(土)「GW特別公演 第1回」

    桂吉坊/桂三扇/笑福亭鶴二/露の吉次(がまの油)/桂文之助~仲入~桂朝太郎(マジカル落語)/桂春雨/桂小文枝

    開演:午前11時(10時30分開場) 全席指定

    前売3,000円 当日3,500円 身障者・高大生2,800円 小中学生2,500円

    ※65歳以上の方 当日3,000円(要証明)

    天満天神繁昌亭 TEL: 06-6352-4874

    2019年5月19日(日)「第53回 あみだ池寄席」

    5月19日(日) 午後2時開演

    あみだ池 和光寺 本堂1階(地下鉄千日前線 西長堀駅5号出口東へ徒歩2分)

    笑福亭仁嬌

    桂三歩

    露の吉次(二席)

    前売1,500円 当日2,000円

    ℡ 06-6491-3554(露の吉次)

    2019年5月28日(火)「火曜の朝席」

    桂文五郎/笑福亭嬌太/桂そうば/笑福亭喬若/露の吉次

    開演:午前10時(9時45分開場)全席指定 前売1,500円 当日1,800円

    天満天神繁昌亭 TEL: 06-6352-4874

  • 2019年4月17日(水) 10時10分 OPトーク&プレゼント

    4月17日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★ (2019.4.17水)

    4月17日 ON AIR ★

    ばんばん「5月1日、神戸市東灘区の摂津本山駅周辺で、新元号を記念して開催される行事ってなんだーーーー!!!!」

    ばんばん「ブラックホールの中心って何か知ってる??」

    吉次師匠「知らん」

    ラジオDEしょー!!! 今日も元気にお送りしますよ~!

    13時37分からはお孝さんの『Playlist of Harborland』でお楽しみください♪ 

     (ポッドキャストは随時更新中!) 

    みなさんもメールを送って番組に参加してくださいね★

    ★OPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします!  (当選者の発表は来週です) 

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。今週は ぱくぱくローラー です。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    露の吉次Presents 五郎への道

    10時40分頃から放送。吉次師匠の落語会情報もブログでご紹介します。

    ばんばんの法則

    今日も法則職人のみなさんの秀逸な、ばんばんの法則を紹介しますよ!大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。ばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。(11月14日 放送)

    おたかのシネマでトーク

    11時台に放送。 過去ログ…4月10日 放送 おたかのシネマでトーク「アガサ・クリスティー ねじれた家」

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム  

    (スタッフ K)

  • 2019年4月10日(水) 14時00分 知性の玉手箱

    知性の玉手箱★兵庫県薬剤師会 副会長 西田英之さん 兵庫県病院薬剤師会 顧問 平井みどりさん (2019.4.10 水)

    知性の玉手箱、ゲストは兵庫県薬剤師会 副会長 西田英之さんと兵庫県病院薬剤師会 顧問 平井みどりさん。

    この度、平井先生が日本薬学会教育賞を受賞されました。今日のテーマはその受賞された「新薬学教育制度の構築と推進」について。薬剤師の養成に関わって来られた平井先生が薬学制度についてどのように貢献されてきたのかをお聞きしました。

    —————————————————★

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    娘の小学校の入学式へ行ってきました。

    新入生は皆んなしんにゅ(神妙)な面持で式に参加しております。

    式の最中にポケットに手を突っ込んでポケット立つな、

    あの父兄、なんか老ケイてない。

    来賓席にいる人はえらい貧相だね。

    それでは入学式とかけて、寅さんととく。

    サクラがつきものです。

    子供たちとかけて、風船ととく。

    気持(期待)がいっぱいです。

    (by 露の吉次)

    2019年5月4日(土)「GW特別公演 第1回」

    桂吉坊/桂三扇/笑福亭鶴二/露の吉次(がまの油)/桂文之助~仲入~桂朝太郎(マジカル落語)/桂春雨/桂小文枝

    開演:午前11時(10時30分開場) 全席指定

    前売3,000円 当日3,500円 身障者・高大生2,800円 小中学生2,500円

    ※65歳以上の方 当日3,000円(要証明)

    天満天神繁昌亭 TEL: 06-6352-4874

    2019年5月19日(日)「第53回 あみだ池寄席」

    5月19日(日) 午後2時開演

    あみだ池 和光寺 本堂1階(地下鉄千日前線 西長堀駅5号出口東へ徒歩2分)

    笑福亭仁嬌

    桂三歩

    露の吉次(二席)

    前売1,500円 当日2,000円

    ℡ 06-6491-3554(露の吉次)

    2019年5月28日(火)「火曜の朝席」

    桂文五郎/笑福亭嬌太/桂そうば/笑福亭喬若/露の吉次

    開演:午前10時(9時45分開場)全席指定 前売1,500円 当日1,800円

    天満天神繁昌亭 TEL: 06-6352-4874

  • 2019年4月10日(水) 13時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『アガサ・クリスティー ねじれた家』(2019.4.10水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「アガサ・クリスティー ねじれた家」をご紹介しました。

    監督 ジル・パケ=ブレネール

    出演 グレン・クローズ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、テレンス・スタンプ、クリスティーナ・ヘンドリックス

     

    世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティ。
    1920年のデビューから100年で、20億冊もの売上を記録したというから、本当にすごいミステリー作家。
    映画化された作品も多くある中で、今回出版から70年経って、初めて映画化されたのが「ねじれた家」。

    作者自身が満足している作品として挙げているのがこの「ねじれた家」と「無実はさいなむ」という2作だそうで、残念ながら2作とも読んでいなかった私としては、もっと世に知られている作品がほかに沢山ある中で、どうしてこれが彼女にとってベスト作品なのか、今までのおなじみの作品と比べてどうなのか?とか、結構、興味津々で観ることになったこの映画。

    エルキュール・ポアロやミス・マープルなど、人気探偵キャラクターが活躍する作品も多い中で、これはチャールズ(マックス・アイアンズ)が、ロンドン警視庁のタヴァナー主任警部(テレンス・スタンプ)の協力のもと、大富豪レオニデスの毒殺事件を解決するというもの。
    ギリシャ生まれのアリステッド・レオニデスは無一文でイギリスにやって来て、レストランとホテルの経営で巨万の富を得た伝説上の人物。
    その孫娘のソフィア(ステファニー・マティニー)がかつてチャールズと恋人だったという縁で、警察が動き出す前に、たぶん一族の誰かが犯人に違いないので、スキャンダルになる前に、真犯人を見つけてほしいという願いを聞き、大邸宅へ。

    そこで、チャールズを出迎えたのが、殺されたレオニアスの前妻の姉のイーデス(グレン・クローズ)。
    金目当てで旦那を殺したのでは?と疑われている後妻のブレンダ(クリスティーナ・ヘンドリックス)と、その愛人と思われている大富豪の回想録を代筆している家庭教師のローレンス(ジョン・ヘファーマン)。
    大富豪の長男フィリップと妻マグダは、映画作りの資金が欲しい、会社を引き継いだ次男のロジャーと妻のクレメンシーは、倒産寸前の会社の資金が欲しい等々、誰もが殺意をもっていそう。
    長男の娘に当たるソフィアもその弟ユースタクも、いろんな盗み聞きした秘密をノートに書き記している妹のジョゼフィン(オナー・ニーフジー)も、長年一族に仕えている乳母のナニー(ジェニー・ギャロウェイ)すら、何か知っているような気配。

    一族に平等に遺産を分配すると書かれた遺言書に、実はサインがされていなかったことが判明した時、誰が犯人でもおかしくないような、心も関係もねじれた3代にわたる華麗なる一族に起こる第2の殺人事件・・・。

    今回、なんとまるで、レイモンド・チャンドラーの探偵もののような導入部から、衝撃的なラストシーンまで、確かに今までのクリスティ作品の映画化とは違う色合いが・・・。
    でもそれは、監督をジル・パケ=ブレネール、脚本をジュリアン・フェロウズが担当したからかもしれないし、70年の時を超えての映像化だったからかもしれないし、
    貴方ならどう観る???

    ★おたか★

    過去ログ・・・

    4月3日 放送 おたかのシネマでトーク「ダンボ」

    3月27日 放送 おたかのシネマでトーク「キス・ミー・ケイト」

    3月20日 放送 おたかのシネマでトーク「バンブルビー」

    3月13日 放送 おたかのシネマでトーク「運び屋」

    3月6日 放送 おたかのシネマでトーク「グリーンブック」