CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年9月18日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019.9.18水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「人間失格 太宰治と3人の女たち」をご紹介しました。

    監督 蜷川実花

    出演 小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也

     

    天才と言われたベストセラー作家、太宰治(小栗旬)。
    そして、彼を巡る3人の女性たち。

    身重でありながら献身的に彼を支え、愛人のいることを知りながら、妻、母としてだけではなく、夫の才能を信じ「人間失格」を書かせるまで見守った正妻 津島美知子(宮沢りえ)。
    太宰の支持者であり、恋と革命に生きるのがモットー、作家志望でピュアな恋愛至上主義者。「斜陽」のモデルで、彼女の文才にも惚れ込んだ太宰との間に子供までもうけた太田静子(沢尻エリカ)。
    終戦直後の時代には珍しい働く女性。戦争未亡人で美容師として自立していながら、太宰と出会って恋に落ち、結核で喀血するようにまでなっていた太宰の看病をし、執筆の手伝いもし、自分の貯金もすべて彼の為に使い果たし、1948年太宰と共に、玉川上水で入水心中、28歳の生涯を閉じた山崎富栄(二階堂ふみ)。

    太宰治が、完結したものとしては遺作となった「人間失格」を書くまでを、事実を元にしたフィクションとして、蜷川実花監督、早船歌江子脚本で描いたのがこの作品。構想7年。どうしても太宰の役を小栗旬に演じて欲しいと彼のスケジュールを待ち、その間に小栗旬は太宰の本を読みこみ、体重を減らし、喀血するシーンに向けて、死相が浮かぶほど極限にまで体重を落としたという。

    本物の役者というのは、役作りの為には、とことんやるというのは、TVドラマ「天皇の料理番」~「西郷どん」の鈴木亮平で感動したものだけれど、さすが小栗旬も負けず劣らずすごい!
    そういえば、小栗旬が初監督し、鈴木亮平も出演していた「シュアリー・サムデイ」という映画は、私の結構なお気に入りなのですが・・・、とまあ、関係ないことも思い出しつつ、堪能させてもらった小栗の太宰。
    ま、賛否両論あるキャスティングですが、ただ、左利きで原稿を書くシーンにはちょっと違和感が。
    多分、太宰は右利きだったのではなかったかと・・・?!

    元々、フォトグラファーの蜷川実花は、独特の色を持った監督さん。
    特に原色がとても印象的。
    2007年の「さくらん」 2012年「ヘルター・スケルター」 2019年「Diner ダイナー」と、今や映画監督としての地位を確立し、同時に写真展が日本のみならず台湾や中国の美術館を巡回し、写真集の出版でも世界的に話題の人。
    色彩、照明、光線、構図・・・どれをとっても、独特のセンスが光り、どのシーンをとっても画になる感じなのは、さすが!

    白い雪の上に喀血して横たわるシーン、そこに天から降って来る白い花。
    耽美的、ファンタスティック・・・?
    好きも嫌いも、良くも悪くも、ニナガワワールド全開の作品なのです!

    ★おたか★

  • 2019年9月18日(水) 13時00分 OPトーク&プレゼント

    9月18日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★ゲストはSHOW-COMPANY 代表 阪上めいこさんと舞台監修の澤田隆治さん(2019.9.18水)

    9月18日 ON AIR ★

    ばんばん「10月1日から3日まで、神戸ポートアイランドのUCCコーヒー博物館で開催される、来場者にうれしい企画ってなんだーーーー!!!!」

    ★毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるOPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) メールフォーム

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    —————————————————★

    知性の玉手箱ゲストはSHOW-COMPANY 代表 阪上めいこさんと舞台監修の澤田隆治さん

    SHOW-COMPANY上方ミュージカルコメディー『唄子と啓助』

    日時:10月18日(金) 

    昼の部 午後1時開演 夜の部 午後6時30分開演

    会場:梅田芸術劇場シアタードラマシティ―

    S席7500円 A席5500円 B席3500円

    SHOW-COMPANY HP

    —————————————————★

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    喜楽館で笑福亭鶴志師匠とご一緒でした。

    私が55歳と聞くと「55か」「そうです」「わしが師匠の松鶴に入門したとき師匠が55やったわ。もの凄い貫禄があったで。お前55か…頑張りや」

    昔の人は偉かった。頑張ります。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    ばんばんの法則

    どうして!どうしてこうなるの!あなたにおこる不幸な出来事は、あなた自身が選んでいるのです。知らず知らずのうちにひきよせた不思議な出来事を披露して頂き、ここに新しい「ばんばんの法則」をつくっていきましょう!法則職人のみなさんの、ばんばんの法則を紹介します。大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。そしてばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。

    魅力満載!海峡通信

    明石海峡を挟んだ明石と淡路には、瀬戸内海の風光明媚な景観と海や自然に恵まれた特産品が満載!温暖な気候だからこそはぐくまれる、果物や野菜、新鮮なお魚そして自然の魅力をお伝えするコーナー。

    ばんばんの歯医者さんに聞いてみました (毎週水曜12時台に放送中)

    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム

    —————————————————★

    円山コンサート2019 フォークコンサート 京の旅人again

    【日程】2019年10月12日(土)

    【開場】14:30 /【開演】15:15

    【会場】円山公園音楽堂(京都府京都市東山区円山町 円山公園内)

    【出演】京の旅人 呼びかけ人 杉田二郎 / ばんばひろふみもんたよしのり / 相曽晴日 / 中村あゆみ / Bread&Butter(ブレッド&バター) / 鈴木康博 / Bitter & Sweet / 西村ケント

    【料金】フォーク一日券一般 前売:3,900円 / 当日:4,400円学生 前売:1,500円 / 当日:2,000円 ※学生=小学・中学・高校生 当日身分のわかるものを携帯フォーク(10/12)&カントリー(10/13)二日通し券前売のみ:5,100円

    ※全席自由※入場はチケット記載の整理番号順(開場時刻を過ぎると整理番号順にはご入場いただけません)※ご来場のお客様へチケット右下部に整理番号を記載しています。開場時刻までに整理番号順にお並びいただき、順にご入場ください。開場してからの割込はできませんのでご了承ください。また、近隣の皆様へのご迷惑となりますので、早い時間からの整列はご遠慮ください。

    【チケット】発売日:2019年7月6日(土)10:00~・

    電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 155-718・

    ローソンチケット 0570-084-005(Lコード 57018 

    フォーク&カントリー二日通し券 Lコード57043・

    【お問い合わせ】京都いつでもコール 075-661-3755

    —————————————————★

    県美亭ワンコイン寄席「上手な噺家は オチツイテます」

    2019年9月22日 午後2時開演

    兵庫県立美術館 レクチャールーム

    料金 500円(当日午後1時から発売)

    お問合せ:078-262-0908

  • 2019年9月11日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019.9.11水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」をご紹介しました。

    監督 クエンティン・タランティーノ

    出演 レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニングブ、ルース・ダーン、アル・パチーノ

     

    ゴージャスな顔合わせでの161分。
    かなり長い。でも、長さを感じなかったのは、きっと、面白かったからだろう。
    クエンティン・タランティーノ監督の4年ぶりの新作。
    10本撮ったら引退するとおっしゃる監督の、9本目の作品。ということは、ラス前?!いつもより、気合が入っていたのかも・・・。

    2009年「イングロリアス・バスターズ」で組んだブラッド・ピット。
    2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」で一緒だったレオナルド・ディカプリオ。それぞれ監督との縁はあったものの、今まで、共演したことが無かったのが不思議なぐらいの、この2人のスターの初共演作。

    レオナルド・ディカプリオ扮するリック・ダルトンは、近頃ちょっと落ち目の元TVの西部劇スター。
    彼のスタントマンであり、いろいろと身の回りの世話もしているクリフ・ブースを演じるのが、ブラッド・ピット。
    映画プロデューサーのマーヴィン・シュワーズ(アル・パチーノ)から、イタリアに行って西部劇に出てみないか?とお誘いがかかっても、ちょっと乗り気になれないリック。
    クリフもTVドラマ「グリーンホーネット」の撮影現場で、ブルース・リーともめて以来、仕事が無くて干され気味。
    この先どうしていくのか?正念場を迎えた彼ら二人。

    1969年のハリウッド。
    最近、シエロドライブのプール付きのリックの家の隣に、引っ越してきたのがロマン・ポランスキー監督と妻の女優のシャロン・テイト(マーゴット・ロビー)。
    ある日、リックを撮影所に送った帰り、クリフはヒッチハイクのヒッピー女性を拾う。今住んでるところまで送って欲しいと頼まれ、スパーン映画牧場へ。
    かつてそこでは多くのTVの西部劇が撮影されていて、クリフにとっては馴染み深い場所だったが、今はチャーリーという男を信奉するヒッピーの集団が暮していた。

    この時代を知る人なら、この後チャールズ・マンソンたちが起こした”シャロン・テート事件“を覚えているだろう。

    Once upon a time 昔々、あるところに・・・”で始まるお伽噺は、“Happily ever after  いつまでも幸せに暮らしましたとさ”で終わるのが、お約束のようなもの。
    このタイトル!この映画は、タランティーノの描く、壮大なお伽噺なのか・・・?!

    72回のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、スタンディングオベーションは6分にも及んだとか。
    受賞を逃したのは残念だったけど、クリフの愛犬ブランディ役のピットブルが“パルムドッグ賞”に輝いたというのは嬉しいグッドニュースでした。

    お馴染みの映画スターも作品もエピソードもいっぱい登場するし、本物の映画ファンか否か、歴史を知っているか否かが問われる、踏み絵のような映画。

    早々とパンフレットが売り切れていたので、代わりに?!サントラCDを買いました。
    客席は結構、年齢層髙かったし、ちょっといつものタランティーノ作品とは違う感じだったな・・・。

    ★おたか★

  • 2019年9月11日(水) 13時00分 OPトーク&プレゼント

    9月11日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★知性の玉手箱ゲストは上谷聡子さん(2019.9.11水)

    9月11日 ON AIR ★

    ばんばん「9月21日から29日まで兵庫県姫路市の手柄山温室植物園で特集される植物ってなんだーーーー!!!!」

    ラジオ関西ワイドFM911の日 1DAY企画

    ★毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるOPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) メールフォーム

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    —————————————————★

    知性の玉手箱ゲストは上谷聡子さん。

    全国 都道府県 対抗女子駅伝 兵庫代表として中学2年生で出場。兵庫高校、神戸学院大学へと進み、第1回神戸マラソンでは、2時間40分45秒のタイムで女子優勝者となりました。現在は、天理大学で「スポーツ文化」を教えておられます。ラジオ関西の神戸マラソン応援番組「LUN!LUN!RUN!」でも、活躍されています!

    —————————————————★

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    髪型が変わりましたね。

    忘れたい過去があるのですね。

    という歌がありました。

    ママ友たちに、

    「ショートええやん可愛いやん」

    「切ってん 思いっきり」

    「勇気あんな、髪の毛を切って 会うたびに 若くなるねぇ」

    「ほんま15才は若く見えるわ」

    素直な嫁さんは、

    髪の毛がどんどん短くなって

    とうとう尼さんになりましたとさ。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    ばんばんの法則

    どうして!どうしてこうなるの!あなたにおこる不幸な出来事は、あなた自身が選んでいるのです。知らず知らずのうちにひきよせた不思議な出来事を披露して頂き、ここに新しい「ばんばんの法則」をつくっていきましょう!法則職人のみなさんの、ばんばんの法則を紹介します。大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。そしてばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。

    魅力満載!海峡通信

    明石海峡を挟んだ明石と淡路には、瀬戸内海の風光明媚な景観と海や自然に恵まれた特産品が満載!温暖な気候だからこそはぐくまれる、果物や野菜、新鮮なお魚そして自然の魅力をお伝えするコーナー。

    ばんばんの歯医者さんに聞いてみました (毎週水曜12時台に放送中)

    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム

    —————————————————★

    円山コンサート2019 フォークコンサート 京の旅人again

    【日程】2019年10月12日(土)

    【開場】14:30 /【開演】15:15

    【会場】円山公園音楽堂(京都府京都市東山区円山町 円山公園内)

    【出演】京の旅人 呼びかけ人 杉田二郎 / ばんばひろふみもんたよしのり / 相曽晴日 / 中村あゆみ / Bread&Butter(ブレッド&バター) / 鈴木康博 / Bitter & Sweet / 西村ケント

    【料金】フォーク一日券一般 前売:3,900円 / 当日:4,400円学生 前売:1,500円 / 当日:2,000円 ※学生=小学・中学・高校生 当日身分のわかるものを携帯フォーク(10/12)&カントリー(10/13)二日通し券前売のみ:5,100円

    ※全席自由※入場はチケット記載の整理番号順(開場時刻を過ぎると整理番号順にはご入場いただけません)※ご来場のお客様へチケット右下部に整理番号を記載しています。開場時刻までに整理番号順にお並びいただき、順にご入場ください。開場してからの割込はできませんのでご了承ください。また、近隣の皆様へのご迷惑となりますので、早い時間からの整列はご遠慮ください。

    【チケット】発売日:2019年7月6日(土)10:00~・

    電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 155-718・

    ローソンチケット 0570-084-005(Lコード 57018 

    フォーク&カントリー二日通し券 Lコード57043・

    【お問い合わせ】京都いつでもコール 075-661-3755

    —————————————————★

    県美亭ワンコイン寄席「上手な噺家は オチツイテます」

    2019年9月22日 午後2時開演

    兵庫県立美術館 レクチャールーム

    料金 500円(当日午後1時から発売)

    お問合せ:078-262-0908

  • 2019年9月4日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『タロウのバカ』(2019.9.4水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「タロウのバカ」をご紹介しました。

    監督 大森立嗣

    出演 YOSHI、菅田将暉、仲野太賀、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼

     

    本当に衝撃的!

    今どきの若いもんは、何考えてるのか分からない・・・、これは、こっちがトシをとったせいなのか?それとも、時代があまりにも変わってしまったということなのか?

    戸籍すらなく、一度も学校に行ったこともないタロウ(YOSHI)。
    社会のルールや道徳なんか教えられたこともなく、本能の赴くままに行動するタロウ。
    母のネグレクト(育児放棄)で、家に居場所はなく、建築途中の家を隠れ家として、高校生のエージ(菅田将暉)、スギオ(仲野太賀)とつるんで、やりたい放題。
    ある日、盗んだカバンから一丁の拳銃が出てきたことから、より過激な方向へ突っ走ることになる彼ら。

    監督の大森立嗣が、本来は監督デビュー作にしたいと考えて1990年代に執筆していたシナリオ。
    「まほろ駅前」シリーズや「日日是好日」などで見せた演出とは全く異質の荒々しいタッチで、行方の見えない彼ら三人の刹那的な暴走を追いかける。
    社会的弱者の排除、ネグレクト、家庭崩壊・・・、突き付けられる現実とオーバーラップするかのようなリアルなシーン。

    こんなにも“死”と隣り合わせにある“生”。
    オールロケで、手持ちカメラでのドキュメンタリー的撮影も多く、チリチリとした不快感が足元から上って来る。
    “すきって、何?” “しぬって、何?” あまりに純粋な問いかけに、思いがけず考え込む。

    壁の殴り書きの“いのる いきる しぬ”。
    彼らの青春は、あまりにも切なく、あまりにも哀しい・・・。

    ★おたか★