CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2020年7月8日(水) 16時56分 おたかのシネマDEトーク

    7月8日*おたかのシネマでトーク「カセットテープ・ダイアリーズ」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 カセットテープ・ダイアリーズ 」をご紹介しました。

    監督:グリンダ・チャーダ

    キャスト:ヴィヴェイク・カルラ
         ヘイリー・アトウェル
         ロブ・ブライドン
         クルヴィンダー・ジル
         他

    2019年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、観客と評論家から大絶賛された青春音楽映画。

    舞台は1987年の英国。
    小さな田舎町ルートンのベリーパーク地区に暮らすパキスタン系の移民の少年ジャベド(ヴィヴェイク・カルラ)は16歳。
    ガールフレンドも居ないし、孤独。保守的な町の一部の人からは人種差別を受け、家庭内では大きな期待を寄せられ、パキスタンの家庭特有の絶大な権力を持つ昔人間の父親マリク(クルヴィンダー・ギール)に管理され、伝統やルールに縛られることに反発したいのに出来ないと悶々とした青春を送っていた。

    ウォークマンで流行りのペット・ショップ・ボーイズを聴き、詩も書きためていて、幼馴染の友人のマット(ディーン=チャールズ・チャップマン)のバンドに歌ってもらおうと、作詩して手渡したりもしている。
    自分の気持ちを長年、日記に綴っていたり、書くことの好きなジャベドは将来それで身を立てたいと思っていたが、なかなか自分の言葉を見つけられずに悩んでもいた。

    そんなある日、入学したハイスクールで、仲良くなったムスリム系のクラスメイト、ループス(アーロン・ファグラ)が2本のカセットテープを貸してくれた。
    ブルース・スプリングスティーンの“ボーン・イン・ザ・USA”と“闇に吠える街“だった。
    それは衝撃の出会いだった。今まで感じてきた自分の気持ちを正に代弁してくれているかのような歌詞。
    ジャベドは夢中になった。
    周りのみんなは古い!というけど、彼にとってB・スプリングスティーンは彼の人生そのものを歌ってくれているヒーローなのだ。そして、自分の言葉を見つけることが出来た彼の文章は、学校のクレイ先生(ヘイリー・アトウェル)にも認められ、やがて新聞に取り上げられるまでになってゆく。
    政治活動に熱心なガールフレンド、イライザ(ネル・ウィリアムズ)ともいい感じになり、憧れのB・スプリングスティーンの故郷の近くの大学のセミナーに参加するチャンスも得て、正に青春が花開いていくが・・・。

    監督は「ベッカムに恋して」などの、ロンドン育ちのインド系英国人のグリンダ・チャーダ。
    この映画の原題は「BLINDED BY THE LIGHT」(光で目もくらみ)で、これはブルース・スプリングスティーンの73年のデビューアルバム“アズベリーパークからの挨拶“に収められている曲名。
    原作は、パキスタンに生まれ現在は英国ガーディアン紙などのジャーナリストとして活躍中のサルフラズ・マンズールの2008年の回顧録“ベリーパークからの挨拶“。この書名は、アルバムタイトルへのオマージュになっていて、B・スプリングスティーンへの愛の深さが分かろうというもの。
    17曲もの作品の使用を許可し、未発表バージョンに新曲まで加えた12曲が収められているサントラ盤、B・スプリングスティーンのファンにとっては必聴もの!

    ★おたか★

  • 2020年7月1日(水) 16時49分 おたかのシネマDEトーク

    7月1日*おたかのシネマでトーク「一度も撃ってません」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 一度も撃ってません 」をご紹介しました。

    監督:阪本順治

    キャスト:石橋蓮司
         大楠道代
         岸部一徳
         桃井かおり
         佐藤浩市
         他

    石橋蓮司の18年ぶり、2度目の主演作。
    売れない小説家、74歳の市川進(石橋蓮司)には、もう一つ伝説のヒットマンという顔がある・・・という噂は、本当か?

    殺人の状況が事細かに描かれた市川のハードボイルド小説。長年編集者として付き合っている定年間近の児玉(佐藤浩市)は、何とか出版できないかと考えるが、その後任の若い編集者五木(寛一郎)は、古い!と言い放つ。
    トレンチコートにブラックハット、煙草をくゆらす市川のいで立ちは、正に一昔前の伝説のヒットマンそのもの。
    彼の周りの人々も、どこか昭和の匂いが色濃く、胡散臭い。
    訳アリの元ヤメ検の石田(岸部一徳)、元ミュージカル女優玉淀ひかる(桃井かおり)、秘密の多い夫のことを少し探り始めた市川の妻の弥生(大楠道代)。
    他に柄本明、柄本佑、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、井上真央、原田真由、前田亜季、濱田マリ、新崎人生・・・、本当に多士済々、世代を超えた個性豊かなすごい面々が集まった出演者たち。

    スタッフ側は、監督を務めたのが、赤井英和主演の「どついたるねん」で監督デビューし、藤山直美主演の「顔」それに「亡国のイージス」「闇の子供たち」「北のカナリアたち」「半世界」など話題作の多い阪本順治。脚本にはあの「探偵物語」「すかんぴんウォーク」「凶気の桜」などの丸山昇一。
    二人のコンビ作品としては、「傷だらけの天使」「カメレオン」「行きずりの街」があり、これが4作目。
    息の合った監督・脚本コンビの世界を、一癖も二癖もある俳優陣が演じればこうなる・・・という見本のような楽しい映画。
    ゆる~く、けれどある種のこだわりを持って、遊び心いっぱいにかっこつけて描く、永遠の青春映画。

    かつて、原田芳雄の家に集まってワイワイ騒いでいたメンバーが、そのまま集まって作ることになったというこの映画、そういえば2011年に他界してしまった原田芳雄の遺作となったのは、阪本監督の「大鹿村騒動記」だったし、そんないろいろな人のつながりや縁のようなものも感じられる懐かしさあふれるこの映画、そこそこの年代の人にとっては、ノスタルジーを感じるシーンも多いのだけど、若い人たちが観たら、どうなんだろう?
    古っ!の一言で片づけてほしくは、ないな~!

    ★おたか★

  • 2020年6月24日(水) 16時52分 おたかのシネマDEトーク

    6月24日*おたかのシネマでトーク「ドクター・ドリトル」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 ドクター・ドリトル 」をご紹介しました。

    監督:スティーヴン・ギャガン

    キャスト:ロバート・ダウニー・Jr
         アントニオ・バンデラス
         マイケル・シーン
         ジム・ブロードベント
         トム・ホランド
         他

    イギリス人のヒュー・ロフティングが書いた「ドリトル先生」シリーズは、世界中で100年も愛され続けたベストセラー。
    元々、自分の2人の子供たちの為に書き始めたお話で、これが大うけして、全12巻+番外編2巻という膨大なシリーズになったもの。
    この映画の元になっているのはシリーズ第2巻「ドリトル先生航海記」。
    でも、原作と映画ではちょっと違う点もあって、例えば臆病なゴリラのチーチーは、原作では猿。
    寒いのが苦手なシロクマのヨシや、キリンのベッツイなどは原作には登場しない。
    そもそも、ドリトル先生をロバート・ダウニー・Jrが演じているのからして、こんなにカッコいい先生だったっけ?と、原作からイメージしていたドリトル先生とのギャップを感じる方も多いかも・・・。

    動物の言葉が喋れるドリトル先生は名医として沢山の動物の病気を治し、命を救ってきた。
    でも、愛する妻リリー(カシア・スムートニアック)が冒険の旅に出て亡くなってしまって以来、ヴィクトリア女王(ジェシー・バックリー)からもらった広大な敷地の家に引きこもってしまっていた。
    そんなある日、その女王が原因不明の重い病に倒れたので助けてほしいと、侍女のレディ・ローズ(カーメル・ラニアード)が訪ねて来る。
    宮殿で女王の様子を見て、毒を盛られたことが分かったが、なんと唯一の解毒剤は遥か彼方の伝説の島にある“エデンの樹”の果実しかないということで、その実を求めて冒険の旅に出ることになってしまう。
    動物たちと助手志願のスタビンズ少年(ハリー・コレット)と一緒に大海原へ船出。

    王位を狙うバッジリー卿(ジム・ブロードベント)の命を受けて軍艦で攻撃してきたマッドフライ医師(マイケル・シーン)と闘ったり、海賊の島モンテベルデで、リリーの遺した伝説の島への道筋を記した日誌を手に入れる為、海賊王のラソーリ(アントニオ・バンデラス)と闘ったり・・・。実は彼はリリーの父親であり、娘を奪っていったドリトルを憎んでいて、トラの餌食にしようと追い詰める。
    果たして冒険の末、エデンの樹の果実を手に入れて、無事女王の命を救うことが出来るのか・・・?

    監督・脚本は「トラフィック」でアカデミー賞の脚色賞に輝き、「シリアナ」の監督と脚本も手掛けているスティ―ヴン・ギャガン。
    製作のスーザン・ダウニーは、ロバート・ダウニー・Jrの奥様。

    ドリトル先生ものの映画は今までにも1967年のリチャード・フライシャー監督、レックス・ハリソン主演の「ドリトル先生不思議な旅」や、1998年のベティ・トーマス監督、エディ・マーフィー主演で、現代のサンフランシスコを舞台にした「ドクター・ドリトル」などがある。

    CGの手法も素晴らしく発達してきているし、ユーモアもあって楽しい映画に仕上がっているし、ラミ・マレック、エマ・トンプソン、トム・ホランド、レイフ・ファインズなど、動物たちのヴォイスキャストも、めちゃ豪華!
    でも、ターゲットは大人なのか子供なのかが分からないというか、どっちにとってもちょっと・・・という点はちょい残念!

  • 2020年6月17日(水) 16時51分 おたかのシネマDEトーク

    6月17日*おたかのシネマでトーク「ANNA/アナ」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 ANNA/アナ 」をご紹介しました。

    監督:リュック・ベッソン

    キャスト:サッシャ・ルス
         ヘレン・ミレン
         ルーク・エヴァンス
         キリアン・マーフィー

         他

    「ニキータ」「レオン」「LUCY/ルーシー」と、闘うヒロインを世に送り出してきたリュック・ベッソン監督。
    ?また~という声も聞こえてきそうな新作がこの「アナ」。
    でもこれは、期待以上の仕上がりで、原点回帰あり、スパイ映画へのオマージュあり、スピード感はよりアップされていて、本当に面白い!

    ひょんなことからKGBのスパイとして働くことになったアナ(サッシャ・ルス)を主人公に、彼女をリクルートしたKGB捜査官アレクセイ(ルーク・エヴァンス)との関係、その上司オルガ(ヘレン・ミレン)との駆け引き、そしてCIAエージェント レナード(キリアン・マーフィー)に捕まり、二重スパイを持ちかけられる展開など、その状況と展開を過去と現在を行き来しながら説明してくれるので、え?なんでこうなるの??の疑問が解け、おいて行かれないで済むのが嬉しい。

    何と言っても、すごいのが、アナ役のサッシャ・ルス!
    16歳でランウェイデビューを果たし、シャネルやディオール、ヴァレンチノなどのモデルとして活躍しているロシア出身のスーパーモデルで、だからモデルとスパイの二足の草鞋を履いているという設定での撮影シーンなんかは、本物の豪華さで、ため息もの!
    1年間かけてマーシャルアーツを学んだというが、あの身のこなしは、天性の身体能力の高さによるものだろう。

    スパイとしての教育を受け、エージェントとして仲間に加わることが出来るかの最終テストで、渡された拳銃トカレフが不発にもかかわらず、レストランにいた40人の敵をお皿やワイン瓶やナイフやフォークを駆使して5分で倒すシーンには、まず度肝を抜かれる。
    その後も、大変なミッションを難なくこなす凄腕スパイ アナの活躍ぶりに圧倒されながら、列車内で敵をサイレンサー付きのワルサーPPKで仕留めるあたり、「007/ロシアより愛をこめて」で、ショーン・コネリーがオリエント急行の中で見せた大立ち回りを思い出させての、ファンサービスは嬉しい限り。
    音楽は「グラン・ブルー」のエリック・セラ。撮影監督は「フィフス・エレメント」のティエリー・アルボガスト、というおなじみのスタッフ。

    このところ、シャーリーズ・セロンの「アトミック・ブロンド」や、ジェニファー・ローレンスの「レッド・スパロウ」など、この系列の映画において、ヒロインのアクションの凄さはどんどんエスカレートしてくるようだが、体中痣だらけになりながら、スタントマンをほとんど使わず演じきったというサッシャ・ルス。
    時代を変えるのは女? 翻弄されながらも、自立に向かってその道を切り開いていくアナのパワーに圧倒された2時間だった。

    ただ、やっとオープンした映画館に、まだまだお客様の姿が少なかったのは、本当に残念。
    マサラ上映じゃなきゃ、全然大丈夫だと思うので、みなさ~ん、又、映画館に行きましょうね~!

    ★おたか★

  • 2020年6月10日(水) 16時11分 おたかのシネマDEトーク

    6月10日*おたかのシネマでトーク「エジソンズ・ゲーム」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 エジソンズ・ゲーム 」をご紹介しました。

    監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン

    キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ
         マイケル・シャノン
         ニコラス・ホルト
         キャサリン・ウォーターストン
         トム・ホランド
         他

    コロナウィルスの影響でクローズされていた映画館も、徐々に再開され、公開延期だった新作映画も、ボチボチ公開されはじめ、4月にロードショーの予定だったこの映画も、619日からの公開が決定。

    19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。
    現在の電気の原点を決めることになった“電流戦争”。
    1880~90年代に壮絶なバトルを繰り広げたのが、白熱電球の事業化を成功させた天才発明家トーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)と、カリスマ実業家のジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)だった。
    直流方式をとるエジソンと、大量の発電機が必要な直流より、遠くまで送れて安価な交流方式を推し進めるウェスティングハウス。若手科学者のニコラ・テスラ(ニコラス・ホルト)も、交流を推し、ウェスティングハウスと共同研究をするが、エジソンはメディアと世論を操作し、猛烈なネガティブキャンペーンを仕掛けていく。
    勝つためならルールも無用、究極のビジネスバトルに勝ち、未来を照らすのはどちらか・・・?!

    実はこの映画、20179月の、第42回トロント国際映画祭でプレミア上映をすべく、プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインが編集にも口出しをしながら完成させたのだが、評判は芳しくなかった。
    11月の一般公開に向け、監督のアルフォンソ・ゴメス=レホンが編集に乗り出した10月、ワインスタインのセクハラがニューヨークタイムズに取り上げられ大騒ぎとなり、その後ワインスタインカンパニーがこの映画の権利を売りに出したため、ゴメス=レホン監督は、自分の作品にもかかわらず、編集作業を一切行えない状況に。

    その後、製作総指揮のマーティン・スコセッシが乗り出し、俳優たちの協力もあって再撮影もされ、ワインスタインに苦しめられた経験をテスラが狡猾なビジネスマンに騙されるシーンなどにして追加し、ディレクターズカット版が完成し公開に至ったという経緯は、もう一つの戦争のような様相だった。

    映画の父とも呼ばれるエジソンは、動画撮影機の“キネトグラフ”、のぞきからくりのようなキネトスコープを発明したことでも有名。
    このキネトスコープが1896年(明治29年)11月に、神戸・花隈の“神港倶楽部”で初お披露目されたことから、神戸の町が日本の映画発祥の地と呼ばれるようになったわけで、なんかちょっと、縁を感じるエジソンさんでした!

    ★おたか★