《青酸連続殺人事件》筧千佐子被告、死刑確定へ「訴訟能力の有無・極刑の選択~日本の刑事司法が抱える特殊な問題」甲南大法科大学院・渡辺 修教授

最高裁第三小法廷「青酸化合物を飲ませたのは計画的 強固な殺意に基づく」
(写真6枚)

兵庫・京都・大阪の各府県で夫や内縁関係にあった男性計4人に青酸化合物を飲ませ、うち3人を殺害したとして殺人と強盗殺人未遂の罪に問われ、一・二審で死刑判決を受けた筧(かけひ)千佐子被告(74)の上告審で、最高裁第3小法廷は29日、上告を棄却する判決を言い渡した。死刑が確定する。

関連記事