「女子サッカー発展の一助に」WEリーグ9・12に開幕! INAC神戸応援番組パーソナリティーが熱く語る(3)

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 日本初の女子プロサッカーリーグ、「WEリーグ」が、いよいよ9月12日から開幕する。その女子サッカー、そして、関西からの唯一の参入クラブで神戸をホームとするINAC神戸レオネッサを応援するのが、ラジオ番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)だ。

 WEリーグの開幕、初代女王を目指すINAC神戸の奮闘に、クラブ応援番組も意気上がるなか、番組パーソナリティーを務める元Jリーガーの近藤岳登、関西の朝を彩る“エレクトーンのお姉さん”赤﨑夏実(INAC神戸応援大使)、番組発足当初からキッズリポーターとしてかかわってきた15歳の女優・寺田光が、女子サッカー、INAC神戸、そして番組への思いを語った。

INAC神戸の菊池まりあ選手ゲスト出演回(2021年5月24日)の写真。左から赤﨑夏実、菊池選手、寺田光、近藤岳登(写真:ラジオ関西)

◆「いまは『ハコ推し』、INAC神戸に『ラブ』です!」(寺田)

――さて、いよいよWEリーグが始まります。INAC神戸にはどんなところを期待したいですか?

【寺田光(以下、寺田)】 突拍子ないことから話しますが、やっぱり(INAC神戸が)狙うは初代チャンピオンですよ! 2代目からとは、響きとしても格が違う感じがするので。最初の女王として圧倒的に君臨してほしい気持ちがあります。(どの選手に期待?)えー、なんていうんだろ、昔は●●選手が好きとかというのはありましたけど、最近、オタク用語でいうところの『ハコ推し』というか、チームとしてみていて、選手同士の絡みとか、〇〇選手をこうフォローするんだというところとか、そういうところも含めて好きです! 一概に誰がとかは言えないんですよ! チームとして(INAC神戸)「ラブ」という感じです!

【近藤岳登(以下、近藤)】 選手の名前が出てこなかっただけだろ!

【寺田】 そんなことないですー!

寺田光(写真:ラジオ関西)

◆「プロ化で、どんな化学反応が出るのか、楽しみ!」(赤﨑)

LINEで送る

関連記事