歌詞が実に300番超え!200年歌い継がれる丹波篠山伝統の民謡とは 『歴パ!ひょうご地域遺産バトンリレー』(5)

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 兵庫県には、文化庁が認定した「日本遺産」が9件、国指定史跡のお城が22城あり、いずれも全国最多を誇る。また、1000を超す城跡や播磨国風土記など、個性豊かな地域遺産を数多く有している。そうした兵庫の歴史を学びながら、周辺のおすすめスポットを計15回のシリーズで紹介する。

【第5回】丹波篠山 デカンショ節 ―民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶―

「丹波篠山 山家の猿が 花のお江戸で芝居する」……全国的に知られる「デカンショ節」は、江戸時代から200年にもわたって歌い継がれる伝統の民謡だが、その歌詞が実に300番を超える事実をご存じだろうか。地域や時代ごとに風土や人情・名所・名産を次々と歌い込むうち、積もり積もって膨大なバラードを創り上げた。日本遺産への認定も「民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶」との副題が添えられている。

 毎年8月15・16日の「デカンショ祭」では、生歌・生演奏に合わせ、篠山城跡に高く組み上げられたヤグラを、踊りの輪が幾重にも取り囲み、数千人もが踊り続ける。

 全国区の知名度を誇るこの歌を広めたのは、篠山から上京した学生だったのは意外なところ。明治31年ごろ、さらに旧制第一高等学校(現在の東大)の学生らに伝わったことから、デカンショとは哲学者「デカルト、カント、ショーペンハウエル」の略との説も語られた。

デカンショ祭
大書院と二の丸 篠山城

「デカンショ節」の歌詞を見れば、丹波篠山のことは何でも分かる。何しろ300番以上あるわけで……。では、国史跡・篠山城の城下町の様子は、どんなふうに歌われているのだろうか。

「並木千本 咲いたよ咲いた 濠に古城の 影ゆれて」……満開の桜そのものではなく、濠に映る古城の影が揺れる様を描くとは、さすがだ。城下に住まう人々の心の余裕さえ感じさせる。それもそのはず。篠山城は、天下普請により1609(慶長14)年、徳川家康が山陰道の要衝に築いた城だった―との由緒も、関係しているのかもしれない。2000(平成12)年には大書院が復元され一般公開されている。

 また名物の「牡丹鍋」も情緒豊かに歌い込まれている。

「雪がちらちら 丹波の宿に 猪が飛びこむ 牡丹鍋」……雪が舞い、盆地特有の底冷えする夜に味わう、温かな牡丹鍋との対比が見事。鍋料理には欠かせない、酒どころとしてのアピールもしっかりとしている。

「酒は呑め呑め 茶釜でわかせ お神酒あがらぬ 神はない」……とか、「論語孟子も 読んでは見たが 酒をのむなと 書いてない」……。何やら「飲み助の言い訳」とも取れなくもない微妙な内容だが、どこか、ほほ笑ましくもある。

 丹波篠山は酒どころであると同時に、神戸から西宮にかけて広がる、日本一の酒造地帯へ集団で出稼ぎし、「灘の生一本」を醸す「丹波杜氏」の古里でもある。「灘の名酒はどなたがつくる おらが自慢の 丹波杜氏」……の歌詞には、杜氏の自負と誇りがうかがえる。

【参考文献】
・兵庫県公式観光サイトHYOGO!ナビ
・文化庁日本遺産ポータルサイト

◆おすすめスポット
丹波篠山市福住のパン屋「なりとぱん」

 デカンショ祭りの里、丹波篠山市のおすすめスポットは、福住のパン屋「なりとぱん」。

 宿場町福住の街道沿いに「なりとぱん」と書かれた提灯が目印のこのお店、もともと大阪市内で13年間も営業していた人気のパン屋が、この福住に移転してオープンした。

 店主が、パンの配達でドライブがてら来ていた丹波篠山を気に入って、「ここに住みたい! この街の人々が超あったかい!」ということで、移転オープンしたのだから、その出会いと行動力に驚きだ。

 いまは素敵なお店も、もともとはボロボロの空き屋。そこを街の皆さんの協力で修復して新しくお店をオープンしたとのこと。

「店主は、もともと人見知りで、あまり人としゃべるのが苦手だったですが、この街に来て、すごい人が変わったようなんです」と話すのは店主の奥様。

 国産小麦100パーセント、無農薬、無添加、店内の石うすで引いて丁寧に作られるクロワッサンは、絶品だ。

 今でも天候や、それこそ湿気なども含めて、ちょっとうまくいかない日があるぐらい。だからこそ出来上がったこのクロワッサンが、焼きあがったクロワッサンがもう超おいしい!

「なりとぱんにきてほしい」のではなくて、「福住に来てほしい」、「とても魅力のある街なので来てほしい!」と同店の夫婦は何度も呼びかけていた。


【兵庫県公式観光サイトHYOGO!ナビ】
【文化庁日本遺産ポータルサイト】

「歴パ!ひょうご地域遺産バトンリレー」アーカイブ記事


◆『歴パ!ひょうごの地域遺産バトンリレー』 2021年9月11日放送分

 

LINEで送る

関連記事