史上最多の44万票、久元喜造氏、神戸市長3選・圧勝から一夜明け「神戸の持つ価値、どう開花?」決意新た

当選から一夜明け、晴れやかな表情の久元氏。「コロナ後の大都市経営を、神戸の持つ価値をどう創造し、開花させるかという視点で考えたい」(1日朝=ラジオ関西)
(写真3枚)

10月31日に投開票された神戸市長選挙で、史上最多となる約44万票を集め、3度目の当選を果たした、現職の久元喜造氏(67)。

関連記事