人気の無添加食パン専門店から生まれた「トーストに合うスペシャルティコーヒー」とは…

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 兵庫県宝塚市の高級食パン専門店「KONA TKZ(コナ・タカラヅカ)」が、トーストに合うオリジナルのブレンドコーヒーを提供・販売し、注目を集めている。

(写真提供:KONA TKZ)

 卵とはちみつを入れず、完全無添加の素材で作られた食パンを製造・販売し、人気を博す「KONA TKZ」。宝塚本店は、食パン専門店では珍しいイートインスペースも備え、週末にはトーストをたのしむ家族連れでにぎわうなど、地元で親しまれている。

 そのなかで、「食パンのクオリティーに自信があっても、合わせるコーヒーがおいしくなければ意味がない。KONAでしか味わえない特別なコーヒーを提供したい」と強い思いを抱いていたのは、同店の店長・日浦理沙さん。神戸の自家焙煎スペシャルティコーヒー豆専門店「LANDMADE」のオーナー・上野真人さんの協力を得て、このたび、トーストに最も合うコーヒーの実現にこぎつけた。

「LANDMADE」のオーナー・上野真人さん(左)と、「KONA TKZ」宝塚本店の店長・日浦理沙さん(写真提供:KONA TKZ)

 こだわったのは、香り。パンが焼けるあの香りをより引き立てるように、そしてトーストの香ばしさにも合うように、論理立てて豆を選んだという。最終的には、コロンビア・ブラジル・グアテマラ・インドネシアの4種類をブレンド。さらに、酸味と苦味のバランスを何度も調整し、深煎りながら後味のスッキリしたコーヒーに仕上げた。

(写真提供:KONA TKZ)
(写真提供:KONA TKZ)

 ブレンドコーヒーをリニューアル後、告知をしていなかったにもかかわらず、利用客からは「コーヒーがおいしくなったね!」など、うれしい反応もあったそう。イートインだけでなく店頭でのテイクアウト販売も始まり、さらにオンラインショップでは食パンとのセットで売り出される(3月4日から毎週金曜日に発送)。「無添加食パン『月』(または『花』)+トーストに合うスペシャルティコーヒーのセット」は、2,364円(税込み、送料別)。食パン2本とのセットも用意されている。

(写真提供:KONA TKZ)

 ちなみに、このコーヒーを自宅でおいしく淹(い)れるコツについて、上野さんに聞くと、「変に何もしないこと」という意外な答えも。その理由は、市場への流通量が5パーセント以下のスペシャルティコーヒーを採用しているからだという。「品質の良いスペシャルティコーヒーは、どんな淹れ方をしても雑味が出ず、シンプルにドリップするだけで誰でもおいしいコーヒーを淹れられる」。


◆「KONA TKZ」宝塚本店
兵庫県宝塚市武庫川町2-10
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜
【公式サイト】
【公式オンラインショップ】

LINEで送る

関連記事