トンネルから抜け出したJ1神戸、ホーム連戦の相手は王者・川崎F 連勝へのカギは「一体感」

【試合前日コメント】ロティーナ監督「(ロティーナ監督のサッカーでは立ち位置を重要視していると思われるが、明日の試合はどちらがいい立ち位置をとるかもポイントになるか?)我々としてはポジションをすごく重要視している。いいポジションをとることが、ポゼッション、ボール保持につながると考えている。さらに、ボールを保持することでチャンスを作っていかなければいけない。この流れを作り出すために、ポジショニングは何かというところ、それ(ポジション)をしっかりとることを重要視している。それに関していえば、川崎Fもその点でいい働きをしている。なによりも私が日本に来てから、おそらく川崎Fの監督は変わっていないと思うが、これだけ長い間、同じ監督がチームを指揮できるということは、アイデアを落とし込むこと、ゲームのアイデアにフィットするような選手をとってこれるという意味でも、すごくアドバンテージがあるものなので、完成されたチームだなと思う」 (C)VISSEL KOBE
1/3

関連記事