トンネルから抜け出したJ1神戸、ホーム連戦の相手は王者・川崎F 連勝へのカギは「一体感」

【試合前日コメント】前川黛也選手「(川崎F戦では近年、打ち合いの様相を呈しているが……?)相手のストロングというところは攻撃であり、自分たちも攻撃のところで(特長があるので)、そういう攻撃のところがぶつかり合って、そういう(打ち合いの)結果になっているのがあると思うが、自分自身は守備の人間なので、まずはクリーンシートをしっかり目指して、そこでうまく攻撃につなげられたらと考えている。打ち合いにならずにしっかり自分たち守備は固く、理想的には1-0であったり、そういう厳しい局面や戦いでしっかり制することができるようなチームでありたい」  (C)VISSEL KOBE
3/3

関連記事