晴れの国・岡山で楽しむ路面電車の旅 “チャギントンも走る”岡山電気軌道・東山線

LINEで送る

この記事の写真を見る(11枚)

この記事の動画を見る

◆鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.83

 うっとうしい梅雨の時期に入りましたが、晴れの国・岡山で路面電車の旅を楽しんできました。市内を走る岡山電気軌道(以下、岡電)は、東山線と清輝橋線の2路線があります。2つあわせても4.7kmという短い路線ですが、1912年(明治45年)の開業以来、110年に渡って市民の足として走り続けています。

 岡電の乗り場はJR岡山駅から駅前通りを渡ったところにありますが、現地に向かうと、ちょうど大人気の2両編成の「おかでんチャギントン」号が停まっていました。

 イギリスの人気アニメを、あの車両デザインの第一人者・水戸岡瑛士氏が実車化した人気の車両「おかでんチャギントン」。乗車は完全予約制で、金・土・日・月曜に1日3便が運行されます(※)。東山線・清輝橋線の両方を約1時間かけてゆっくり走り、車内では子ども向けのいろんな楽しいイベントも開催されます。料金は大人3400円、子ども1900円(税込、ともに平日料金。土日祝と春夏冬休みは+100円)となっていますが、これには各種イベントや関連施設入館料、岡電の路面電車1日乗車券なども含まれます。

(※車内イベントのない直行体験便が水・木曜に運行、詳細は公式ホームページ参照)

(写真① 5107)

 チャギントンの発車を見送って、私が乗ったのは800形の地元・岡山放送(OHK)のラッピング車両。しばらくは桃太郎大通りを車と並走します。

(写真② 5136)

 次の「西川緑道公園」の近くには、岡山名物「デミカツ丼」の元祖・昭和6年(1931年)創業の「味司野村」があります。濃厚なデミグラスソースがトンカツにたっぷり。ご飯の上のゆでキャベツとも見事なマッチング。3分の2やハーフなどサイズが選べるのもうれしい気配りです。

(写真③ 5185)

「城下」は後楽園・岡山城への最寄り駅。旭川のほとりを少し歩けば、日本三名園のひとつの後楽園へ。ここは藩主・池田綱正がつくった見事な大名庭園。そして3層6階で別名・烏城とも呼ばれる岡山城へたどり着きます。現在「令和の大改修」のため正面口は改装中で、11月に新装でお目見えの予定です。

5206
5082
5209

【岡山電気軌道 公式HP】
【「おかでんチャギントン」HP】

【『羽川英樹ハッスル!』番組ブログ】
【鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」アーカイブ】
【鉄アナ・羽川英樹の出発進行(YouTubeチャンネル)】

LINEで送る

羽川英樹ハッスル! (1) | ラジオ関西 | 2022/06/16/木 10:00-11:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事