CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

歌声は風にのって

番組内容

リスナーからのリクエスト曲と神姫バスグループの情報や旅のインフォメーションを交えてお送りしています。

  • 2018年6月25日(月) 21時52分

    元タカラジェンヌ+平清盛+α=音葉劇

    池田奈月です。

    今日のオープニングでお話したのはこの人の舞台です。
    元宝塚歌劇団の汐美真帆(しおみ まほ)さん。

    思い入れが多大なぶん、ここから長文となりますのでご覚悟を。(笑)

    実は彼女は小学校の頃からの幼なじみ。
    なので、呼ぶときはいつも本名の下の名前です。

    出会った6歳の頃には彼女はもう、
    タカラジェンヌになるべき雰囲気を全身に纏っていました。

    中学の頃には、よく一緒に宝塚歌劇を観に行きました。
    モダンバレエも同じ教室に通いました。
    もちろん、彼女は醸す華やかさも魅せる力も別格でした。

    そして、彼女は夢を叶えます。

    宝塚音楽学校を経て宝塚歌劇団へ。
    宝塚大劇場の大階段から1人で降りてくる彼女を見た時の
    鳥肌が立つほどの感激、そして込み上げてきた涙。
    あの眩しさは、今でもはっきりと覚えています。
    「ああ、彼女の長年の努力が大きな大きな実を結んだ」と。
    ※大階段は、ある程度のポジションになるまでは複数人で降りてこられます。

    そんな彼女が、先日6月24日に
    兵庫県西宮市の宮水ホールで開催したのが・・・

    Create Team Without Borders
    『tapestry2018』


    音楽と朗読=言葉を組み合わせた『音葉劇』でした。

    共演は、ラジオ関西にもたびたび出演してくださっていて
    〈神戸清盛隊〉の平清盛としても知られる俳優の 亀山貴也さん、そして音楽家の方々でした。
    彼女は以前から亀山さんと共演したいと願っていたのだそうで、昨年末 不意に連絡が。

    「奈っちゃん、俳優の亀山貴也さんって知ってる?」
    「知ってる、知ってる!もしかして一緒に舞台するの?」
    「違うの、一緒に演りたいの~。これまで舞台を2度拝見してて・・・」

    図らずも橋渡しを務めることができ、私まで気分が高揚しました。

    どうか彼女の願いが叶いますように」

    それが形になったのが、今回の音葉劇でしたので感慨ひとしおでした。

    取り上げられた作品は『神さまとお話した12通の手紙』
    (エリック=エマニュエル・シュミット原作、阪田由美子訳)

    自分の命はもう助からないと知りつつ入院している少年・オスカーが、
    最期の12日間で〈神さま〉に宛てて書いた手紙を通して
    命の尊さ大切な人の想い、周りへの感謝
    知るという物語です。
    偶然にも私は映画版が好きで、DVDも持っているのですが、
    映画では題名が『100歳の少年と12通の手紙』となっていたこともあり
    同じ作品だと気付いたのは音葉劇が始まってからでした。

    オスカーを汐美真帆さんが、その他の役をすべて亀山さんが演じ、
    いよいよ・・・という場面では
    会場内のあちらこちらで涙を拭うしぐさが見られました。
    特に、オスカーが生きていることの素晴らしさを身を以て知り
    幼く儚い命を煌かせる場面では私も堪えきれず・・・。
    音楽劇が一段落したあとにも、亀山さんとともに
    また一段と心温まる歌声をプレゼントしてくれました。
    あ~、ほんと良かった~~~。

    今回、チケットが完売でお問い合わせも多かったとのことで、
    再演されることが決まっているそうです!その際にはぜひあなたも…。

    そのあたりも含め、彼女のことは汐美真帆公式ブログでチェックしてくださいね。
    東京と地元宝塚を行ったり来たりしながら、手話劇などにも挑戦しています。
    今回の音葉劇の記事はコチラ


  • 2018年6月25日(月) 16時30分 選曲リスト

    6月25日(月)選曲リスト

    My Generation / YUI
    今宵の月のように / エレファントカシマシ
    いなせなロコモーション / サザンオールスターズ
    おまえに / フランキー永井
    君のステージへ / 水谷果穂

  • 2018年6月25日(月) 14時30分

    雨ソングに夢中(._.)

    こんにちは

    津田明日香です。

    最近の歌風では雨ソングをたくさんお届けしていますが、

    ほかにどんな歌があるのかしら~~と何気なくしらべているうちに

    とりつかれたかのように雨ソングに夢中になってしまいました。

    先週土曜日には「雨のmelody」をお送りしましたね(^^)

    実は私も大好きな曲で、

    同じKinKi Kidsでいえば「欲望のレイン」も情熱的で素敵!

    どちらも、叶わない恋の中でもがく自分の心と、雨が醸し出す切なさとを重ね合わせているような感じなのですが、聴いていて静かに降り続くような雨が思い浮かぶのは「雨のmelody」、どしゃぶりの強い雨が思い浮かぶのは「欲望のレイン」。歌詞や曲調によって連想される「雨」がちがうのも、また楽しいところだなと思います。

    それでいうと、YUIの「Umbrella」はまた別の視点というか、

    切ない歌ではあるけれど、

    優しかった「あなた」を、あなたの「黒い傘」をもって駅で帰りを待つ

    心細くて不安な心情と共に、ここに来たら昔の優しいあなたに戻ってくれるかもしれない…

    そんな淡い願いを一筋の雨にたくすような、雨に願いを込めるようなそんな曲です。

    逆に、前に紹介した「雨は毛布のように」はどちらかというと「雨」をポジティブにとらえていて、切ないのもいいけどやっぱ気分を上げるときはこっちもいいなぁ~なんていろいろと聴き比べています。

    雨ソング、なかなか奥が深いです。

    梅雨が終わるまでに、新たなお気に入りを探したいと思っております★

    今週の歌風もよろしくお願いします(*^_^*)

  • 2018年6月24日(日) 17時30分 選曲リスト

    6月24日(日)選曲リスト

    Snatchaway / SKY-HI
    初恋 / 宇多田ヒカル
    Sunny Day / 藤原さくら
    Fight & Kiss / さかいゆう
    日常 / 山岸竜之介

  • 2018年6月23日(土) 17時30分 選曲リスト

    6月23日(土)選曲リスト

    高嶺の花子さん / back number
    雨のMelody / KinKi Kids
    ガラスの夏 / 柏原よしえ
    ケンとメリー~愛と風のように~ / BUZZ
    ツキアカリ / 大原櫻子