CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年4月17日(水) 12時35分 番組

    クマガイタツロウ、フライトシミュレーター体験話を披露「むちゃくちゃ面白かった!」


    ラジオ関西「週明けクマチャンネル」オープニングトークで、クマガイタツロウ(写真右)がフライトシミュレーターに挑戦した話を披露。(写真提供:クマガイタツロウ)

     4月からスタートした、ラジオ関西の新ワイド番組、ワタナベフラワーのクマガイタツロウと塩田えみがパーソナリティをつとめる「週明けクマチャンネル」(毎週月曜10:00−13:00)。第3回目を迎えた4月15日のオープニングトークでは、クマガイタツロウがフライトシミュレーターに挑戦した話を披露した。

     神戸の新長田のビルのなかにある場所(神戸フライトシミュレーターセンター『テクノバード』)で体験したという、クマガイタツロウ。開口一番、「むちゃくちゃ面白かった! SNSに(ネタを)あげるのを、この週明けクマチャンネルのためにとめていたほど」と、パイロット体験を大いに楽しんだようだ。

    「世界中のどこの空港からでも飛び立ったりとか選べるんです。僕は仙台から神戸空港のルートで、途中に富士山や愛知県のおばあちゃんちを観るコース(を選択)。(機種は)セスナとボーイングを選べて、セスナを選んだんだけど、(操縦桿を)引っ張ったら浮く、倒したら下にいくというのを、スピードを出しながらやっていて、ちょっと動いたら、めっちゃぐっと曲がってしまったり、難しいですけど、リアルに(感じられて)面白かったですよ!」と感想を述べる。その話に、塩田えみも「私もやってみたい!」と興味津々の様子だった。

     また、フライトシミュレーターの操作をガイドする先生から聴いたというエピソードも紹介。「教えてくれる先生が、パイロットの資格を持っている方で、飛行機を操縦しながら、むちゃくちゃいろいろ教えてもらったんですが、そのなかでも、(資格取得時の)教官(の教え方)が、日本人とアメリカ人で全然違う」という。「日本はめちゃくちゃ厳しくて、とにかく怒られるそう。『なにかあったらどないすんねん!』という感覚。それに比べて、アメリカの教官は褒めてのばす。『ベリーグッド!』と。どちら(の教え方)も、善し悪しはあるそうです」

     ちなみに、「僕は今回、めちゃめちゃ褒めて伸ばしてもらいました! 『いいですね、クマガイさん! ナイスフライトですね! 最高ですよ!』って」というクマガイタツロウは、「この番組のリスナーのみなさんも、ぜひアメリカ式で、『褒めながら』、僕たちと一緒におつきあいいただければと思います(笑)」と、新番組「週明けクマチャンネル」を温かく応援してほしいとコメントして、オープニングトークを締めくくっていた。


    ラジオ関西「週明けクマチャンネル」オープニングトークで、クマガイタツロウがフライトシミュレーターに挑戦した話を披露。(写真提供:クマガイタツロウ)

    週明けクマチャンネル | ラジオ関西 |2019年4月15日(月)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式Twitter】週明けクマチャンネル