CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年6月24日(月) 13時00分 トピックス

    7・12兵庫県誕生日イベントin兵庫津 公開生放送やガイドツアーに「兵庫・神戸のヒストリアン」田辺眞人も登場

     兵庫県の誕生日を兵庫県発祥の地である兵庫津(今の神戸市兵庫区沿岸部付近)で祝う、「7.12兵庫県誕生日イベントin兵庫津」が、7月12日から14日まで、イオンモール神戸南で開催される。

     12日午後3時から行われるラジオ関西の公開生放送では、第45回放送基金文化賞を受賞した「兵庫・神戸のヒストリアン」こと、田辺眞人園田学園女子大学名誉教授(『田辺眞人のまっこと!ラジオ』パーソナリティー)や、落語家の笑福亭生喬さんがゲスト出演し、県庁発祥の地である兵庫津の歴史や、昨年オープンした喜楽館の話題などを語り合う。


    ラジオ関西の公開生放送にゲスト出演する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授(写真左)と落語家の笑福亭生喬さん

     また、12日の午後6時からプロのジャズミュージシャンによるジャズライブ「兵庫運河ジャズガーデン」も実施されるほか、12日から14日までの期間中は、初代県知事・伊藤博文の書簡や初代県庁舎復元模型、地域の文化財の歴史資料を展示する「県庁発祥の地と地域遺産展」、兵庫津エリアの歴史ある神社・寺院などをガイドによる解説付きで巡る「兵庫津ガイドツアー」も予定。12日は田辺名誉教授がガイド役を務める。なお、ガイドツアーは事前申し込み制(応募はホームページから。締切は7月9日)となるが、定員に空きがあれば当日参加も可能。イベントに関する詳細は、ラジオ関西ホームページ(http://jocr.jp/event/0712hyogo/)を参照のこと。


    「7.12兵庫県誕生日イベントin兵庫津」では、初代県知事・伊藤博文の書簡や初代県庁舎復元模型、地域の文化財の歴史資料を展示する「県庁発祥の地と地域遺産展」なども開催される

    ※ラジオ関西タイムテーブル2019年6月ー7月号では、公開生放送のゲスト出演者が落語家の桂あやめさんとなっていましたが、落語家の笑福亭生喬さんに出演者が変更となりました。ご了承ください。

  • 2019年6月21日(金) 15時15分 トピックス

    吉本新喜劇の吉田裕 新喜劇60周年記念ワールドツアーを告知すんのか~い!

    「ドリルすんのかい!せんのかい!」で人気沸騰の吉本新喜劇・吉田裕(ゆたか)が、21日、ラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』(金曜10:00-13:00)にゲストとして登場。「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~」の告知を行った。


    ラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』にゲスト出演した吉本新喜劇の吉田豊(写真下)(写真:ラジオ関西)

     番組で話題となったのは、「ドリルすんのかい!せんのかい!」のネタで使用する茶色の棒。「ザッパ」という名称で古くから新喜劇で使用されているが、ドリル用のザッパとして「ドリザッパ」と呼んでいるという。ベストな音を生み出す「ドリザッパ」は1本しかないそう。その貴重な「ザッパ」もスタジオに登場したなか、番組内ではパーソナリティーの原田伸郎、久米村直子との爆笑トークも大いに弾み、すち子とのコンビで生まれた「ドリルすんのかい!せんのかい!」誕生秘話も披露。また、吉田裕は「(ネタは)こっちも見てる方も慣れてきて、最初の新鮮さもなくなってくるものなので、飽きないように、毎回、微妙なところを変えている。『遊びを変える』というか。舞台上で僕らも楽しんでお客さんに伝えていきたい」と、ネタのさらなる進化にも意欲的だった。

     ちなみに、吉本新喜劇がワールドツアーを行うのは初めてとのことで、日本全国を回るだけでなく、中国やシンガポール、マレーシアなどでも公演を行う予定。神戸公演は7月27日(土)と28日(日)に神戸国際会館こくさいホールで開催される。地元・兵庫県での凱旋公演となる吉田裕(出身は兵庫県高砂市)は、「新喜劇60周年ということで、よろしくお願いします! そして、(吉田自身、ネタで使う)右乳首のケアもしっかりしていきますので(笑)、これからもよろしくお願いしまーす!」と吉本新喜劇、そして、自らを積極的にPRしていた。


    人気沸騰のネタ「ドリルすんのかい!せんのかい!」の秘話も披露した吉本新喜劇の吉田裕(写真:ラジオ関西)

     なお、ラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』では吉田裕のサインが入った吉本新喜劇ワールドツアー記念クリアファイルとステッカーをセットにして5人の方にプレゼントする。詳細はラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』番組(http://radiko.jp/share/?sid=CRK&t=20190621110750)、または番組ブログ(http://jocr.jp/nobi/)を確認のこと。

    「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~」
    ☆神戸公演
    日時:2019年7月27日(土)14:00/18:00、7月28日(日)13:00
    会場:神戸国際会館こくさいホール
    チケット:前売5,500円/当日6,000円(全席指定)
    問い合わせ:チケットよしもと予約問合せダイヤル
     電話0570-550-100(10:00~19:00)
    公式サイト:https://shinkigeki-60th.yoshimoto.co.jp/

    『原田伸郎のびのび金ようび』 | ラジオ関西 |2019年6月21日(金)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】『原田伸郎のびのび金ようび』

  • 2019年6月21日(金) 13時00分 トピックス

    パラスポーツ体験イベント『トヨ♡パラ』、今年も開催へ! 吉本お笑い芸人やパラアスリートが出演


    兵庫県では2回目の開催となるパラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント『トヨ♡パラ』。写真は前回の様子(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

     パラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント、「兵庫県オールトヨタ スポーツフェスティバル『トヨ♡パラ2019~ひろげるこどもたちの未来~』」が、8月25日(日)、神戸・ポートアイランドにあるワールド記念ホールで開催される。


    総合司会を務める陣内智則と福本愛菜(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

     兵庫県では2回目の開催となる、『トヨ♡パラ』は、子どもたちが普段なじみのないパラスポーツを体験し、来年、2020年の東京パラリンピックの認知度向上を図るとともに、障がい者理解をさらに深めることを目的としたイベント。車いすバスケットボールや、パラリンピックでも大きな話題となったボッチャなどの8つの体験教室ブースをはじめ、全15競技を体験でき、吉本お笑い芸人も多数参加。さらに、お笑い芸人の陣内智則とタレントの福本愛菜が総合司会を務めるスペシャルトークショーでは、アテネ・リオパラリンピック男子60kg級銀メダリストの廣瀬誠選手、パラトライアスロンの円尾敦子選手など、パラアスリートが登場し、競技の魅力やアスリートの裏側などを聞くことができ、パラスポーツをより身近に感じることができる。なお、参加予定のお笑い芸人は、サバンナ・八木、ハイキングウォーキング、レギュラー、大西ライオン、とにかく明るい安村、女と男、藤崎マーケット 、スマイル、はんにゃ、フルーツポンチ、おばたのお兄さん。


    兵庫県では2回目の開催となるパラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント『トヨ♡パラ』。写真は前回の様子(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

     この『トヨ♡パラ』の体験および観覧は無料。ただし、パラスポーツ体験教室は事前申し込み制で、参加希望の小学生を募集している。対象は兵庫県在住の小学1~6年生。車いすバスケットボール、タンデムバイク、ブラインドテニス、ふうせんバレー、ゴールボール、ボッチャ、ウィルチェアラグビー、フロアホッケーの8教室で、各30人の応募を受け付けている。応募締め切りは8月7日(火)。応募やイベントに関する詳細は、トヨパラ事務局、電話03-3209-8197(平日10:00-18:00)、または、トヨパラ2019公式ホームページ(https://toyopara.yoshimoto.co.jp/)まで。


    兵庫県では2回目の開催となるパラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント『トヨ♡パラ』。写真は前回の様子(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

  • 2019年6月20日(木) 11時00分 トピックス

    宮沢賢治の物語世界をオルゴールで 六甲オルゴールミュージアム開館25周年記念特別展「星空とオルゴール~銀河鉄道の旅~」

     神戸市灘区の六甲山にある六甲オルゴールミュージアムで、開館25周年を記念した特別展「星空とオルゴール~銀河鉄道の旅~」が、7月12日から9月10日まで開催される。


    特別展コンサート(イメージ) (画像提供:六甲オルゴールミュージアム)

     アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器によるコンサートが楽しめる、六甲オルゴールミュージアム。今回の特別展では、宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」の主人公たちが車窓から眺めたであろう銀河のイメージを投影しながら、「星めぐりの歌」など物語に登場する楽曲のオルゴール演奏などで、幻想的な世界を存分に味わえる。演奏は10:30~16:30の毎時30分から(毎時00分からは別プログラムのオルゴールコンサートを実施)。六甲オルゴールミュージアムの入館料(中学生以上1,030円、4歳から小学生510円)のみで鑑賞することができる(9月5日は休館日)。


    レジーナフォン155型(演奏イメージ) (画像提供:六甲オルゴールミュージアム)

     また、7月27日には、宮沢賢治学会理事でもある甲南女子大学文学部の信時哲郎教授が講師を務めるレクチャーコンサート「宮沢賢治の音楽世界」も開催される。音楽好きとして知られる宮沢賢治の生涯を追いながら、彼と音楽にまつわるエピソードを信時教授がわかりやすく解説し、アンティーク・オルゴールなどで宮沢賢治ゆかりの楽曲を演奏するコンサートになる。定員は先着80人で、予約申し込みは不要となっている。

    【公式サイト】
    六甲オルゴールミュージアム(https://www.rokkosan.com/museum/

  • 2019年6月13日(木) 11時00分 トピックス

    西宮神社で6月14日に関西で一番早い夏まつり「おこしやまつり」を開催


    びわを飾り付けた神輿(画像提供:西宮神社)

     福の神えびすさまの総本社の西宮神社では、関西で一番早い夏まつりという「おこしやまつり(びわ祭)」を、6月14日(金)に開催する。

     昔々、西宮・鳴尾の漁師が、えびすさまのご神像のようなものを網にかけて家に持ち帰って祭り、ある晩の夢で、えびすさまからの「西によき地があるのでそこに移りたい」とのお告げから、村人一同でえびすさまを神輿に乗せて出発。途中でひと休みしたえびすさまが、居眠りし、なかなか目覚めなかったところ、困った漁師が恐れ多くも、えびすさまのお尻をひねってお起こし、さらに西へ進んで、今の西宮神社の地に落ち着かれたという伝承にちなんで行われている、「おこしやまつり」。開催当日の14日は、午後2時から本殿で行う初輿祭(はつよさい)から、おまつりはスタート。びわで飾り付けをした神輿にえびすさまをお載せし、かつてえびすさまをお祀りした鳴尾の漁師の子孫といわれる中野寶森さんや、十日えびす福男、びわ籠を手にした浴衣姿のびわ娘や氏子たちが、神社から、えびすさまが休憩したとされる「おこしや跡地」へ練り歩く。


    おこしや跡地(画像提供:西宮神社)

     また、おこしや跡地では、びわと甘酒の無料配布が先着300人に行われるほか、びわをあしらった特別限定御朱印(300円)の授与もある。

     西宮神社境内には、縁日屋台や昔なつかしい紙芝居も登場。浴衣を着て参拝した子ども先着100人に縁日屋台の補助券も配られる。さらに、神輿巡行コースを中心にめぐるスタンプラリーも実施され、合計で先着800人にうちわやびわなどのプレゼントも用意されている。当日は西宮中央商店街のゆるキャラ「ふくみみ福ちゃん」も来場し、武庫川女子大学の学生たちがびわ娘として参加予定で、おまつりを盛り上げる。

    ※なお、雨天の場合、一部催しの内容が変更になる場合がある。


    おこしや跡地でのびわ配布(画像提供:西宮神社)