CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月15日(水) 12時40分 番組

    ヴィッセルのアウェイバスツアーへGOGO! パーソナリティーの宮川陽香「迷っているなら一緒に行こうよ!」

     ヴィッセル神戸と、メディアパートナーのラジオ関西、そして、オフィシャルスポンサーの日本ツアーサービスがコラボレーションしたアウェイバスツアーが、6月1日(日)、2019明治安田生命J1リーグ第14節のジュビロ磐田戦(15:00キックオフ 会場:エコパスタジアム)で開催される。タイトルは、その名も、「ラジオ関西『GOGO!ヴィッセル神戸』パーソナリティー宮川陽香(みやがわ・はるか)と行くアウェイツアー」。貸切バスプランで、ラジオ関西のヴィッセル神戸応援番組『GOGO!ヴィッセル神戸』の宮川陽香さんが同乗。ヴィッセルグッズが当たる「ヴィッセル検定」や、宮川さんが取材した選手のエピソードやプライベートなトークも楽しめるという。そのアウェイツアーを前に、宮川さんをインタビュー。ヴィッセルのこと、そして、初のアウェイツアーについて、お話を伺った。

    −−『GOGO!ヴィッセル神戸』パーソナリティーに就任されてから、初めてのアウェイバスツアーとなりますが、今は楽しみのほうが大きいですか?

    宮川 大きいですね! 今でも、ノエスタ(ノエビアスタジアム神戸)やユニバー(神戸ユニバー記念競技場)へ行く際、近くても、電車に乗ったときに、サポーターさんがユニフォームを着ていたり、ヴィッセルのグッズを持っていたりしている姿を見るだけで、テンションが上がるんです。行くまでにサポーターに会えると、「仲間だ!」って感じになるので。

     ノエスタでもテンションが上がるのに、アウェイ戦に行くとき、遠いから、それなりの距離がかかるけど、スタジアムからまだ離れている乗り換え駅くらいのところでサポーターさんの一行とかをみると、「今から同じところにいくんだな」とか、「●番のユニフォームを着ている!」とか、「サポーターさん同士でどんなことをしゃべっているのか、聞いてみたいな」とか、わくわくしますよね。今回、そういったサポーターの方々とバスツアーで一緒に行くことができれば、サポーターの話とかも、もっと聞けるのかなと思って、楽しみにしています。

    −−アウェイで応援する醍醐味について。

    宮川 相手のホームよりも応援の人数は少ないかもしれないけど、だからこそ、(アウェイに集った)みんながめっちゃ団結している感じがします。ヴィッセルでも、ガンバ大阪やセレッソ大阪とのアウェイ戦のとき、ゴール裏に行かせていただいたりしたんですが、サポーターの方とお話できたとき、その瞬間、仲間意識が強くなるというか、安心するというか、「(アウェイでも)全然大丈夫!」という気持ちになるんです。もちろん、アウェイに来られない人も(応援する)気持ちは一緒ですが、アウェイの現地でサポーターに会うとさらにうれしくなるし、安心するし、団結力が上がる。それこそスローガンにもある「一致団結」というのは、本当にこのことなんだなと、すごい思います。

    −−ヴィッセルサポーターがアウェイで勝利したときに歌う、”KOBE AWAY MARCH”も楽しみですよね。

    宮川 勝利のアウェイマーチのときは、選手も結構ぴょんぴょんして歌っているから、すごくいいですよね! 『神戸讃歌』とは違ったよさがあり、これからも歌っていきたいし、もちろん、私もその場で一緒に歌いたいです。取材の都合上、普段はなかなか試合が終わった時間にゴール裏にいることができないのですが、「いいなぁ!」と思って見ています。中継とかも試合が終わったときだけでなく、アウェイマーチが終わるところまでは必ず見ますから。そして、今はチャント(各選手の応援歌)を全部覚えたいです。「この選手のチャントができたばかりかな」とか気になりますし、サポーターが歌うとテンションが上がると思いますから。

    −−今、チームは厳しい状況(J1第11節終了時点で勝点10の13位。公式戦7連敗中)ですが、だからこそ、応援の力でという思いもある?

    宮川 連勝していたら連勝しているなりのテンションの上がり方はあると思いますが、今、連敗していて、サポーターさんもちょっとモヤモヤしているなか、選手もそれなりにフラストレーションがたまっていたり、サポーターに申し訳ない気持ちを少なからず抱えていると思うので。そういったことを払拭するというか、(不安な気持ちを)応援で吹き飛ばして、勝利の喜びを分かち合いたいですね。もちろん、選手それぞれ(試合に挑む)モチベーションはしっかり保っているとは思いますが、そこにプラスアルファで、私たちの応援でもう1段階モチベーションを上げることができたら、もっといい方向に進むと思うんです。そして、「負けているからもういいや」ではなく、「こういう状況だからこそ、負けているからこそ、もっと応援したい!」と。番組にも「もっと応援しようと思います!」というメッセージをいただくので、本当にその気持ちで「アウェイバスツアー」に臨み、みんなで応援したいですね。

    −−今、行こうかどうしようか迷っている人に、宮川さんから後押しをお願いします。

    宮川 迷っているということは、きっと行きたい思いが強いはず。その迷っているあなたひとりの応援で、もしかしたらチームは変わるかもしれないと思うんです。1+1=2の延長というか、一人ひとりが声を出したり拍手したりして、それが(大きな)仲間になって、あれだけすごいヴィッセルの応援が聞こえてくると思いますので。たったひとりじゃなくて、そのあなたの応援が必要なんだよ!というのは、私が言わなくても、それは皆さんにも伝わっていると思いますが、「迷っているなら一緒に行こうよ!」とお声がけしたいですね。

    −−思い出に残るようなバスツアーにしたい?

    宮川 もちろん! 120パーセントの気持ちで臨みます! サポーターナンバーの12とかけて、120パーセントで! これまでの取材で伺ったこと、感じたこと、エピソードなど、今回のアウェイバスツアーでいろいろ話していきたいと思っています。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

    ※なお、旅行代金は、おひとり1万2000円(税込)。観戦チケット(自由席:大人2,500円/小中高生800円)は別途購入となっている。申し込みの締め切りは5月21日(木)。ツアーの詳細に関する問い合わせは、株式会社日本ツアーサービス(078−577−2522)まで。

    『GOGO!ヴィッセル神戸』 2019年5月13日(月)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】『GOGO!ヴィッセル神戸』