CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年6月14日(金) 13時00分 トピックス

    神戸の味・マルハニチロとペヤングがコラボした新商品「ペヤングそばめし」が全国発売に!

     神戸のB級グルメ「そばめし」が、長年にわたって人気を誇るまるか食品の「ペヤングソース焼きそば」の味で楽しめる冷凍食品「ペヤングそばめし」を、マルハニチロが開発。今年3月より関東・東北エリアで限定発売されると、これが好評につき、6月1日からは全国発売もスタートした。13日のラジオ関西『時間です!林編集長』(月曜~木曜15:00-17:50)では、マルハニチロ株式会社関西支社の平郡和規さんがスタジオに生出演し、開発のいきさつなど、商品にまつわるエピソードが披露された。


    好評につき発売エリアが全国に拡大されたマルハニチロの冷凍食品「ペヤングそばめし」(写真:ラジオ関西)

     そばめしは、ごはんと、短くカットしたソース焼きそばを一緒にまぜて炒めたメニュー。神戸の長田区で生まれた庶民の味とされている。マルハニチロは、1999年に冷凍食品として、「神戸名物そばめし」を発売すると、今も販売が続くロングセラー商品に。そして、今回、「ペヤングソース焼きそば」を作るまるか食品とコラボ。ペヤングのソースや具材を追加して、新しい味に仕上げている。

    「冷凍食品は30代から50代くらいがヘビーユーザーで、10代から20代の人には認知度が低いというのがありました。ペヤングさんは、今は幅広い方に食べていただいていますが、もともと若いカップルに食べてほしいという願いから『ペア』と『ヤング』で『ペヤング』になったといわれていますし、若い方中心に(ペヤングが)SNSなどで話題になっていますので、若い方にも冷凍食品を知っていただきたいという弊社の思いもあり、まるか食品さまとコラボレーションさせていただきました」(平郡さん)。


    マルハニチロ株式会社関西支社の平郡和規さんがスタジオに生出演。番組出演者も食が止まらない「ペヤングそばめし」は、開発の過程で苦労もあったという。(写真:ラジオ関西)

     ただ、開発の過程には苦労もあったようで、なかでも大変だったというのは、味付けの調整。「山形にある工場で、何度も手造りし、その試作品のラインテストを繰り返して、『ペヤングそばめし』をなんとか実現することができました」と平郡さん。その味は、番組内でも「その場で、鉄板で炒めたよう」という言葉が出るように、若者から年配の方まで、幅広い層に親しまれるような、冷凍食品を感じさせない旨さが際立つ。大きな特徴のひとつであるソースは、「ペヤングソースと弊社のどろソースをかけあわせたもの。香りがいきている」と平郡さんも胸を張るような自信作だ。この「ペヤングそばめし」には、「ペヤングソース焼きそば」に欠かせないキャベツ、紅しょうが、ごま、あおさに加えて、豚肉、にんじんも入っている。

    「長田のおばちゃんがきれいに(そばを)刻みはる、あの技が再現されている」と、出演者も驚くような出来ばえのそばめしは、ソース味のごはんと焼きそばのバランスも絶妙。「弊社の発売前の想定の2倍くらいよく売れている」と平郡さんもほくほく顔の人気商品「ペヤングそばめし」は、420g入りで、オープン価格だが、大手スーパーなどで400円前後で販売されている。


    マルハニチロ株式会社関西支社の平郡和規さんがスタジオに生出演し、「ペヤングそばめし」にまつわるエピソードなどを披露。手前にいるのは、マルハニチロのキャラクター「森のくま太郎(ニックネームは、『くまちゃん』)」(写真:ラジオ関西)

    『時間です!林編集長』 2019年6月13日(木)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長

  • 2019年5月1日(水) 19時01分 文化

    「令和」初日の生田神社、記念の「御朱印」を求めて長蛇の列


    生田神社では、御代替(みよがわり)記念の御朱印(津田アナウンサーが持っているうちの一番右側)など、3種類の御朱印の授与が行われ、それらの御朱印を求める人でにぎわっていた(写真左は生放送にも登場した、生田神社で権宮司を務める木田孝朋さん)。(写真:ラジオ関西)

     新元号「令和」を迎えた初日となる1日、神戸市中央区の生田神社には、多くの参拝客が訪れ、なかでも「令和元年五月一日」と記された御朱印を求めて、長蛇の列ができていた。

     ラジオ関西「時間です!林編集長」で津田明日香アナウンサーが生中継レポートを行った際にも、人、人、人でにぎわっていた、生田神社。「通常のお休みの日、土曜日等に比べても、随分たくさんの方がいらっしゃっています。(多くの参拝客が詰めかけたのは)お正月以外ではおそらく初めてのこと」というのは、権宮司を務める木田孝朋さん。神社としても、予想以上の人出に驚きを見せていた。

     その参拝客のお目当ての1つとなっていたのが、「令和」初日となる、令和元年五月一日と記された御朱印だ。「生田神社の御朱印と弁財天の御朱印は、1年間通じて毎日お分かちをしておりますが、生田宮の御朱印を御代替(みよがわり)記念として、今日から12月末日までの期間限定の授与を始めました」と木田権宮司も述べるように、生田神社では3種類の御朱印を受け取ることができる。

     そのうち、生田神社の御代替記念の御朱印は、金の箔押しで御代替記念と書かれた貴重なもの。「このたびの御代替にあたって、生田神社でもこれをお祝いする、あるいは、記念する何事かについて、それを参拝の方々お一人おひとりによくわかっていただける形で何かできないかと考えておりました。そのときに職員のひとりが、大正時代の御朱印があることを発見したのです。これは、全国の神社やお寺の御朱印を収集して研究している東京の古今御朱印研究室で保管していることがわかり、そちらに協力を依頼して、今回の御代替記念の御朱印に至りました。大正時代のもの、そのままではありませんが、多少、意匠を訂正、修正して、きれいに仕上げるということで、専門の職員が一生懸命つくりました」(木田権宮司)。御代替記念の御朱印は、きょう5月1日より12月31日までの限定授与となる(初穂料は500円)。

     生田神社で御朱印を受け取ったのは、平成最後の4月30日で約2000人。この令和初日では、お昼の時点で2000人をあっという間に越えるほど、多数の参拝客がやってきているという。御朱印を手にした女性は、「自分の世代では一回しかないことだと思いますので、大事にしたい」とコメント。また、親子で大阪から御朱印を求めて来訪した男性は、「(即位された)天皇陛下も仰っていたように、世界の人々が幸せになるような時代になってほしい」と、新たな時代、「令和」へ期待を寄せていた。



    生田神社の境内では、御朱印を求める長蛇の列ができていた。(写真:ラジオ関西)

    『時間です!林編集長』 2019年5月1日(水)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長