CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

HOT REPORT

  • 2018年11月5日(月) 18時58分

    男子は西脇工業、女子は須磨学園が制す! 兵庫県高校駅伝 

     男子73回、女子35回の兵庫県高校駅伝競走大会(男子7区間42.195km/女子5区間21.0975km)が11月4日、篠山市で開かれました。男子は西脇工業が2時間6分4秒で2年ぶり25度目、女子は須磨学園が1時間8分4秒のタイムで5年ぶり21度目の優勝を果たしました。男女の優勝校は12月23日に京都市で行われる全国大会に出場します。男女の上位6校は11月18日に大阪府能勢町で行われる近畿大会に出場します。(男子スタート時の気象状況/ 天候曇り、気温11.6度、湿度82.4%、北東の風0.3m)

    <男子>
     レース前は須磨学園と西脇工業を軸に、接戦が予想された今大会。スタートと同時に飛び出したのは、西脇工業と須磨学園。この2校に続こうと、5000mが14分台という速いランナーたちが2位集団を形成、スタート1分後には2強が前に出て、篠山城を出た時には早くも縦に長い列になった。先に仕掛けたのは須磨学園。1区の目片将大(めかた・まさひろ)が6キロ過ぎに前に出て、西脇工業の1区藤本珠輝(ふじもと・たまき)が後にぴったりとつく。しかし、7キロ付近で今度は藤本が仕掛け、目片の前に出ると、下り坂を使って差をあっという間に広げて2区へ。25秒差で須磨学園。西脇工は2区以降もそれぞれの選手が力を存分に発揮し、そのまま篠山鳳鳴高校グラウンドのフィニッシュテープを切った。須磨学園は、レース中盤から古豪・報徳学園の猛追にあい、抜きつ抜かれつのデッドヒ-ト。勝負は鳳鳴高校グラウンドにもつれこみ、逃げる須磨学園の浮田(うきた)を報徳学園の大畠(おおはた)が抜き去って2位でフィニッシュ。須磨学園は3位で連覇はならなかった。県西宮が4位、5位が姫路商業、6位に龍野が入り、近畿大会出場を決めた。

    <女子>
     5年ぶりの都大路を目指す須磨学園が、レース開始直後から圧倒的な力を見せつけた。1区の土井葉月(どい・はずき)が西脇工の雲丹亀美月(うにがめ・みずき)に1分17秒の大差をつけてタスキリレー。その後も須磨の各選手がしっかりつなぎ、5区アンカーの大西ひかりが区間新記録の活躍でフィニッシュ。1時間8分4秒は大会歴代2位の好記録。全5区間で区間賞をとる完全優勝だった。2位は4分31秒差で西脇工業。3位姫路商業、4位龍野、5位小野、6位須磨友が丘で、近畿大会の出場権を得た。女子は記念大会で、府県代表を除く近畿大会の最上位校が、「地区代表」として全国大会に出場する。

    ※今年もラジオ関西では、レースの模様を萩原健吉氏(兵庫県丹波教育事務所長)と大江秀和氏(神戸学院大学女子駅伝競走部監督)を解説に迎えて完全中継。49回目となる恒例の篠山での高校駅伝とあって、多くの駅伝ファンや保護者、観光客らが沿道から拍手や歓声を上げ、ラジオやスマートフォンで放送を聞く姿が数多く見られました。

  • 2018年11月5日(月) 18時56分

    神戸ジャズファンも心酔! 兵庫津JAZZ LIVE

     2018年11月3日(土)初代兵庫県庁舎が設置されていた兵庫津エリア各所でジャズに触れることのできるイベント『兵庫津ジャズライブ』が開催されました。踊り念仏の一遍上人と音楽弁財天を祀る真光寺の本堂では、神戸のジャズシーンを支えるアマチュアジャズバンド6組が演奏しました。

     兵庫運河に面するイオンモール神戸南会場では、三浦紘朗案内の下、ラジオ関西所蔵の名盤レコードコンサートを実施。また、キャナルプロムナードではKOBE JAZZ-PHONIC RADIOに出演しているトランぺッター広瀬未来を中心としたプロミュージシャンによる演奏を行いました。

     いずれの会場も満席。たくさんのお客さんが各会場に集まり、ジャズの演奏に聴き入っていました。全3会場に加え、兵庫歴史館岡方倶楽部を巡るスタンプラリーにも多くの方が参加しており、神戸におけるジャズファンのポテンシャルの高さを改めて感じることができたイベントとなりました。

  • 2018年10月29日(月) 19時12分

    デュオこうべキッズハロウィン み~たん&ワタナベフラワーのわくわくハロウィン

     2018年10月27日(土)に、デュオこうべにあるデュオドームで、 『デュオこうべキッズハロウィン み~たん&ワタナベフラワーのわくわくハロウィン』を実施しました。「王様ラジオキッズ」パーソナリティの『み~たん』こと木村三恵と、ワタナベフラワー クマガイタツロウの2人が司会を務めるステージイベントでは、キッズダンスや10秒間お菓子詰め放題、ビンゴ大会が行われ、子どもたちは大喜び!!また、思い思いのコスプレをした子どもたちと一緒にデュオこうべ内をパレード。総勢100名を超える長い列となり、すれ違う人たちに笑顔を振りまきながら歩きました。子どもたちにとって一大イベントとなったハロウィン。たくさんのお菓子を抱え、楽しい思い出ができたことでしょう。

  • 2018年10月16日(火) 16時11分

    豪華なメンバーで大盛り上がり! 原田伸郎のびのび金ようび インスタントラーメン発明60周年スペシャル

     世界初のインスタントラーメン、日清チキンラーメンが発明60周年を迎えたことを記念して、 2018年10月14日(日)、「原田伸郎のびのび金ようび インスタントラーメン発明60周年スペシャル」の公開生放送が、 神戸市北区のコアキタマチショッピングセンター・コープデイズ神戸北町で行われました。

     当日は、タレントとして活躍中のサッカー元日本代表 武田修宏さんと元なでしこジャパン 丸山桂里奈さん、そして、お笑い芸人のチキチキジョニーといった豪華なメンバーが登場! 会場には多くの観客が来場したなか、インスタントラーメン発明60周年を祝うべく、原田さん、武田さん、丸山さんのインスタントラーメンの エピソード、チキチキジョニーの絶妙なトークも織り交ぜながら、公開生放送は大いに盛り上がりました。

  • 2018年10月16日(火) 11時07分

    里山の魅力をたっぷり感じる1日 原田伸郎トーク&ミニライブ in あいな里山公園

     2018年10月13日(土)に、国営明石海峡公園神戸地区 あいな里山公園 農村舞台で『原田伸郎トーク&ミニライブ in あいな里山公園』を実施しました。

     この日は10月6日から21日まで開催されている「あいな里山秋フェスタ~あいなの秋を楽しもう!!~」のメインイベント「第19回あいな里山まつり」開催日の1日で、昔懐かしい茅葺き屋根の農村舞台ではのぶりんのトーク&ライブ公開録音イベントの前に、地元のダンススクールのキッズダンスやサックス演奏・バルーンアートのステージもあり、子どもから大人まで楽しんでいました。

     また、のぶりんと一緒にあいな里山公園内を散策する時間もあり、事前応募のあった30人と園長の高畑さんの案内でぶらり公園内を巡りました。藍那地域の地形を活かした棚田の見学や、朝摘み蜂蜜の試食・炭焼き体験など、里山体験を大満喫。のぶりんと園長との軽快な掛け合いもあり、笑顔が絶えない散策となりました。

    『原田伸郎トーク&ミニライブ in あいな里山公園』では、ほっこりしたトークとミニライブでお客さんも時間を忘れてステージに没頭。特にミニライブでは秋の童謡「紅葉」や里山にピッタリの「ふるさと」をお客さんと一緒に熱唱していました。最後に餅まきも行われ、大盛り上がりのままステージは終了。この日会場に来た約600人のお客さんにとって里山の魅力をたっぷり感じる1日となったことでしょう。