「直正と光秀の戦い」に迫る 『明智光秀を破った「丹波の赤鬼」』著者・高橋成計さんに田辺眞人が直撃(4)

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫丹波の歴史、日本遺産、文化施設、食文化、地域活性に活動される方を多目的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。5月14日の放送では、『明智光秀を破った「丹波の赤鬼」~荻野直正と城郭』(神戸新聞総合出版センター)の著者・高橋成計さんが電話出演した4回シリーズの締めくくりとして、いよいよ「赤井(荻野)直正と明智光秀の戦い」がテーマに。高橋さんと、「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授、久保直子さんがトークを展開しました。(構成:久保直子さん)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

田辺先生
高橋成計さんの著書『明智光秀を破った「丹波の赤鬼」~荻野直正と城郭』(神戸新聞総合出版センター)を手にする、『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』パーソナリティーの田辺眞人さん

田辺 明智光秀(織田信長の勢力)が最初に丹波に入って来たのは何年ですか?

高橋 天正3(1575)年10月です。赤井氏は元亀1(1570)年に信長から氷上、何鹿、天田の三郡の支配を許されます。ところが直正は織田氏を嫌い、武田氏や一向宗と手を結ぼうとしていました。おそらく山中鹿之介の使僧などに同調したのでしょう。太田垣と山名が信長に助けを乞い、天正3年10月に(信長)は光秀を丹波に使わします。

田辺 天正3(1575)年は大きな転換期だと思いますね。信長にしてみれば中部地方から近畿へ行きたくても背中の武田が怖かった。ところが、その武田が『長篠の戦い』により滅んでいきます。いよいよ本格的に西に進もうという時期に信長の勢力が近畿地方から山陰道を通り丹波へ入ります。この前線司令官が明智光秀だったわけですね。

高橋 織田氏(信長)にとっては毛利への第一歩だったと思います。ここで(織田方が)負けたのは大きな痛手だったと思います。

田辺 「負けた!」のですが、(光秀方は)ものすごくユニークな戦略を取りました。どこが戦場でしたか?

高橋 黒井城です。“明智光秀が黒井城を囲もうとしている”という知らせが(直正に)入り、すぐに(竹田城から)黒井城に戻って戦いに臨むのです。そして黒井城で天正3年10月の終わり頃から天正4年1月15日にかけて(波多野秀治が明智方を裏切るまで)の約2か月の間、光秀に黒井城を囲まれ、直正は籠城するんです。

田辺 この直前、直正は但馬まで進撃し、竹田城にいたのですね。

高橋 (竹田城に)いたのですが、「すぐに帰れ」という命により黒井城で籠城しました。

田辺 直正の帰る道は遠阪峠ですか?

高橋 たぶんそうだと思います。

田辺 信長の軍勢はどのルートで攻めてきたと思われますか?

高橋 今の丹波市から本郷という福知山との境に、つなぎの城をひとつ設けています。

田辺 ということは、北から攻めて来るということですか?

高橋 いや、東から入って来ます。伝承では福知山から来て小富士山に陣を取ったとのことですが、北から来るのと東から入るのと、2隊あったようです。

田辺 包囲していた明智方からすれば、予想外の出来事が起こったということですね。

高橋 赤井からすれば、かつて神尾山城で柳本賢治(波多野の三男坊)を2000の兵を持って直正のおじいちゃんの赤井忠家が助けています。(波多野には)貸しがあるので助けてもらおうということだったと思います。

田辺 (直正は)内密で八上の波多野に働きかけていくと……。

高橋 全く秘密のことなのでわかりませんが。昔から同盟関係があり、親戚関係でもあり、貸しもあるので、援軍を願い出たのでしょう。

田辺 黒井城を取り囲んだ明智勢としては、まさか(背中の)多紀郡の八上から自分たちを(波多野が)攻めてくるとは思っていないわけですね。

高橋 いえ、要するに巻いているときに、その陣営での裏切りがあったということですね。

田辺 波多野もこの黒井城の包囲の中にいたわけですか?

高橋 そうです。

田辺 呼び込み合戦といいますね。

高橋 攻める方に近い者が前衛をたまわるということもあり、波多野秀治は案外、前衛にいた可能性がありますよね。だから連絡は取りやすかったかもしれません。

田辺 背中から来て挟み撃ちというよりも、むしろ直接Uターンしたという感じですかね。

高橋 (光秀は)背後から襲われたという感じですね。光秀は命からがら、栗柄峠から2キロほどの鼓峠というところをずっと逃げて行くんです。そして、この地で影武者が命を落とすんです。波多野秀治の家臣の細見将監と畑牛之丞が二人で襲ったのですが、影武者となったのは光秀の家臣の堀部兵太夫でした。兵太塚というのが江戸時代はあったそうです。

田辺 影武者ではなく、もし明智光秀がここで殺されていたら、本能寺の変もなかったということになるわけですが……。ここで負けた光秀はどこまで逃げて帰るのですか?

高橋 今の丹波町から亀岡へ。そして亀岡から京都を目指して逃げています。

田辺 そこで再び丹波攻略の作戦を練るわけですか?

高橋 光秀はショックが大きく精神的にも落ち込んだみたいです。その後、波多野を攻めるのは滝川一益や丹羽長秀です。光秀も入っていますが……。連合軍として光秀と丹羽長秀と滝川一益が、今の福住、荒木のあたりを攻め込んでいます。

田辺 連合軍が攻め込んだのは天正何年ですか?

高橋 6年です。

田辺 天正6(1578)年ということは三木の別所も、毛利と結んで信長から離れますね。

高橋 上月が終わって、三木の裏切りが始まりますね。

田辺 同じ年の秋に荒木村重が信長から離れます。

高橋 やはり連鎖するんだと思うんですよ。要するに黒井で光秀が負けた!(織田が負けた) これが別所に伝わると播磨の武士たちが「どうも、これは行けそうだ」と毛利方に入りますよね。そして上月で痛い目にあわされた村重が裏切るわけですよね。

田辺 山陽道方面の播磨、摂津と連動して山陰道方面の但馬、丹波のあたりに動きが出てくるというわけですね。

高橋 猛威を増すために直正は勝ったのに信長に命乞いをするんです。そして信長は許すんです。そうなると光秀はものすごく腹を立てると思いますね。後に三尾山城を(光秀が)落とした時に「ここで3年の恨みを果たした」と言ったことが文書にも出てきますから。

田辺 そして、その途中で荻野直正が病死するということですね。

高橋 天正6年4月に腫れものが首の周りにでき病死しています。49歳(享年50歳)でした。

田辺 毒をもられたというような可能性もあるんですか?

高橋 それはちょっとよくわからないですが。この当時はかなり(直正は)信長に命乞いをしています。信長も挨拶に安土に来いと何回も言っているのですが、来ないので光秀を再度送ったということは文書に書いてあります。

田辺 安土まで挨拶に行って波多野氏は殺されるわけですから、当時の動きとすれば本当に何が起こるかわからない、戦国時代ですね。

高橋 一度、光秀を脅かしていますので、なかなか(信長に)挨拶に行けないんじゃないですか?

田辺 まあ、そうでしょうね。こうして織田勢が再び丹波に入ってきた1578年に荻野直正は病死すると……。直正を継ぐような赤井(荻野)家の後継者はいたのですか?

高橋 弟の幸家が黒井城を継ごうとしますが……。

田辺 能力的には難しかったんですか?

高橋 (能力的には)落ちていますね。ただ三尾山城のように波多野との連携に尽力しています。波多野が八上城に籠城し、今の柏原の上の譲葉山等に明智勢が砦を築いていますので、八上を分断するという行動に出ています。

田辺 そして丹波が落ちていくというわけですね。

高橋 これはやはり毛利との戦いの前哨戦ですね。

番組
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

高橋成計『明智光秀を破った「丹波の赤鬼」 ~荻野直正と城郭~』(神戸新聞総合出版センター)
定価 本体2,300円+税
発行日 2020年2月
ページ 240ページ
ISBN  978-4-34-301061-2

神戸新聞総合出版センター
https://kobe-yomitai.jp/book/1007/


『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年5⽉14⽇放送回音声

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/05/14/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事