農業に憧れる若者「一生続けたい」 酒米・山田錦づくり

大橋さんが、92歳の”師匠”の教えを受けながら初めて植えた山田錦の稲たち。梅雨空の下でもたくましく成長する姿に、秋への期待が膨らむ。
(写真2枚)

兵庫県のほぼ中央にあり、温暖な気候で古くからお米や野菜の生産で知られてきた加西市。特に酒米の王者・山田錦の一大生産地です。米作りに奮闘する若き就農者に、加西での農業の魅力を尋ねます。今回は万願寺地域でネギやレタスをつくる大橋麻世さんに尋ねます。

関連記事