「見えぬ敵、この国に問う」勝海舟・玄孫が語る 髙山みな子さん 「GoToトラベル 国民の迷走は誰のせい? 」《下》

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 日本が戦後、経験したことのない国難ともいえる新型コロナウイルスの感染拡大、どう立ち向かうのか。付随して起きた現象「GoToトラベルキャンペーン」、国民の迷走は誰のせいなのか。勝海舟の玄孫・髙山みな子さんに「新型コロナ・見えぬ敵が我々に問うもの」を聞く。

 勝海舟は晩年、痛烈な時局批判などを記した時事談話集『氷川清話(ひかわせいわ)』を残した。ひも解けば得られるヒントもある。

『氷川清話』明治31年(1898)ごろ刊行。海舟と交友があったジャーナリスト・徳富蘇峰が序文を記した。(髙山みな子さん所蔵)
『氷川清話』明治31年(1898)ごろ刊行。海舟と交友があったジャーナリスト・徳富蘇峰が序文を記した。(髙山みな子さん所蔵)

■「国民の望み、民の向かうところ」とは…

 慶応3年(1867年)末、明治維新の前年、海舟は幕府に提出した提言書の中に真の政府と言える条件8箇条を書いている。その1つに「民の向かうところを知り」、つまり国民が何を望んでいるかを知ることとある。国民の望みと言っても老若男女、人それぞれ、職業によっても違うだろう。1億人近い国民の希望など一つにまとまるはずもないからせめて3つくらいにまとめる。3つくらいなら実行可能であろう。

 この時に肝心なのは「公平」である。「氷川清話」から引用する。

 「(行政)改革ということは、よく気を付けないと弱い者いじめになるよ。〈略〉全体、改革ということは、公平でなくてはいけない。そして大きい者から始めて、小さいものを後にするがよいヨ。言い換ええれば改革者が一番に自分を改革するのサ。松平越中守(定信)が田沼(意次)時代の(未曽有の賄賂政治を招いたとされる)弊政を改革したのも、実践をやって下の者を率いていたからあの通りうまく出来たのサ」

「GoToトラベルキャンペーン」がつまづこうとする原因の一つは「不公平感」ではないか。

 東京都民はだめ、という大不公平はおいておいても、そもそも旅行に行ける余裕のある人のために、旅行に行く余裕のない人の税金まで使われるのである。「格差」の象徴のようである。日本の観光業に携わる方々とお話しすると、これからは自分の身近な場所の魅力を発見することが国内の活性化、地域再生につながると思うが、灯台下暗しとはよく言ったもので、自分の住む地域の良さに気づいていないことが多いとよく聞く。

■「小さな」GoToはできないものか

勝海舟(髙山みな子さん所蔵)
勝海舟(髙山みな子さん所蔵)

 GoToトラベルはいきなり全国区、半額という大きさでなく、もっと「小さな」GoToから始めればよかったのだと思う。まずは自分の住んでいる都道府県内で小さな旅をする。そこで発見したちょっといい場所、いいものをSNSにアップ、従来の手書きなどで市町村や都道府県の広報紙で紹介するのもいいと思う。

 SNSの活用も、お金をかけないで「日本・Japan」のくくりで47都道府県から市町村までを閲覧できるホームページを作成し、国民からの情報を随時アップする。自分の住んでいるところ、故郷、友人のいるところ、あちこちの「ちょっと素敵なところ」を見ることで、コロナウィルスが収束したら行ってみたいという期待感を膨らませることもできるだろうし、英語版も作っておけば、アフターコロナ以降に活用できると思う。あちこちでバラバラに出されている情報を統括し検索しやすく見やすくするというイメージである。

神戸・三宮
神戸・三宮 フラワーロード~京町筋、平日も人は少なく
京都・鴨川「納涼床」
京都・鴨川 ソーシャル・ディスタンスを保って

 歩くのは健康に良いばかりでなく、何か有事の際にどこをどう通れば早くどこに着けるか体で覚えられるということもあった。身近な町を歩くことで綺麗な花が咲く場所をみつけるかもしれないし、歴史的な場所をみつけるかもしれない。そして災害の時にどこをどうやって避難すればいいのかルートを見つけることができるかもしれない。

■割引をお得と思いすぎ

Go To トラベルキャンペーン
Go To トラベルキャンペーン

 作る側、提供する側も足もとを今一度見直し、消費者とも双方納得できる「価格」を導き出す必要があると思う。地元で素材の生産者、加工業者、販売者、消費者でお金を循環することができれば、インバウンド(訪日外国人)に頼らずに基本的な経済基盤を作ることができる。地元みんなでみんなのウィンウィンの関係を築く。そうすれば「政府の補助金」つまり「国民の税金」を頼りに細々と食いつながなくてもいいのである。そうやって足元の地域から小さな観光で活性化をし、感染者数の様子をみながら隣の市町村、隣の都道府県と経済の結びつきの強い「お隣さん」へと範囲を拡大していけばいい。特に京阪神を中心とした関西や首都圏は潜在的な力があるはずだ。

 まず国として、与野党が一致した揺るぎない指針を政府が示し、国民が安心して行動の指針とできるようにすべきである。一部の野党のように党名云々と言っている暇はない。その指針が老若男女国民の半数が納得できれば、それに向かって日本国民は地道な行動を落ち着いてとることができるはずである。政府が信頼を回復し明解な指針を示すことができれば地方自治体独自の指針を示す必要はなくなり、地方間の差も徐々になくなっていくと思う。それこそが国民の安心と安全な行動につながるのではないだろうか。

髙山みな子さん
髙山みな子さん

こうやま・みなこ

坂本竜馬と勝海舟が出会った百年後、神奈川県鎌倉市に生まれる。
慶應義塾大学文学部卒。会社秘書を経てフリーランスのライター。海舟や海舟ゆかりの地や人物などについて研究、著述、講演を続けている。現在はガラス彫刻の工房も開いている。
海舟の三女・逸子のひ孫にあたる。逸子は専修大学の創立者、目賀田種太郎に嫁いだ。



関連記事