旧姫路海軍航空隊の特攻機 実物大模型製作へ九七式艦上攻撃機 兵庫県加西市

旧姫路海軍航空隊が特攻に使った九七式艦上攻撃機。垂直尾翼の「ヒメ」は姫路を示す=鶉野飛行場(上谷昭夫さん提供)
(写真3枚)

太平洋戦争中、兵庫県加西市の鶉野飛行場で訓練した姫路海軍航空隊が練習機に使い、後に特攻機となった九七式艦上攻撃機の実物大模型を、加西市が製作する。既に公開されている旧日本海軍の戦闘機「紫電改」の実物大模型とともに2022年春、鶉野飛行場跡に完成予定の地域活性化拠点施設に展示する。

関連記事