旧優生保護法訴訟 大阪地裁、違憲認めるも棄却「立ち上がる障害者打ちのめす」兵庫の原告ら怒り

(写真3枚)

旧優生保護法(1948~1996年)のもとで不妊手術を強制されたのは憲法違反だとする一連の訴訟で、 大阪地裁が11月30日、 旧優生保護法は憲法に違反するとする一方、賠償請求については手術から提訴まで20年の「除斥期間」が経過し消滅したとして棄却した。

関連記事