コロナ禍の新しい読書の形に いつでも・どこでも利用可能な「神戸市電子図書館」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 神戸市の図書館で昨年末まで試験的に実施されていた「電子図書館」というサービス。1月5日からは通常サービスとして「神戸市電子図書館」がスタート。現在3000冊を管理。スタートから3週間で累計2000人ほどが貸出を利用中。どのような内容になっているのか、電子図書館を担当する司書に話をうかがいました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

――「電子図書館」は、どういったサービスなんですか?

インターネットを通じて、電子図書を読んでいただけるサービスです。管理している冊数は現時点で2500冊、それから著作権切れの文学作品を無料で公開している青空文庫の500冊を足して、3000冊の本をご用意しています。

――その3000冊の本は、今後増えたり更新されたりするんですか。

3月末までに、さらに1000冊を購入追加して、今後も予算に応じて定期的に増やしていく予定です。

神戸市電子図書館ホームページより
神戸市電子図書館ホームページより

――(実際にページを見て)様々なジャンルがありますが、どのようにして「電子図書館」に入れる本を決めているんですか?

全体的に各ジャンルから選書しました。小説、エッセイ、実用書、趣味や旅行ガイド、ビジネス書、語学学習など、気軽に読んでいただける一般書を中心に選んでいます。

――「電子図書館」にするメリットは、どういったところにありますか?

通常ですと、図書館を利用するには図書館まで来ていただかなければいけないんですけれども、インターネットが使うことができる方であれば、アクセスしてお家や別の場所からでも図書を読んでいただけるのが、いちばんのメリットだと思います。

――あと、電子ならではの「読み上げ機能」が付いているとのことですが……。

例えば読み物など文章が中心となっている本を、機械が文章を読み上げます。目の不自由な方でも本が読めるようになっています。

――学習的な意味でも良さそうですね。

そうですね。最初から音声がついていますので、語学学習の本であれば、本を開いてボタンを押すことで、その文章を英語で読み上げてもらうということができます。

――どんどん利用していきたいですね! 一度に借りれるのは何冊までですか?

1度に2点まで、2週間借りていただけます。

――通常の図書館だと貸出中の本は借りられませんが、電子図書館だとどんな仕組みになるんでしょう。

電子図書館でも、予約はしていただけます。借りている方が読み終わって返されたり、借りてから2週間経てば返却されるので予約をされている方に回るかたちになります。ただ、予約された方にはご連絡がいかないので、こまめにログインして「返ってきているかな」と、見ていただくことが必要となります。

――期限を過ぎても本が返ってこない、ということはないんですか?

電子図書館については、期限がくると自動的に返却されるので、利用されている方が返却の手続きをしていただかなくて大丈夫です。

――では最後に神戸市民の皆さんにメッセージをお願いします。

現在、感染症対策のためにお家にいる時間が長くなっていると思います。図書館に来られなくても本が読めるサービスですので、ぜひご利用いただいてお家での時間を楽しく過ごしていただけたらと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「電子図書館」は、すでに神戸市立図書館の図書館カードをお持ちの方であれば、だれでもご利用可能。

・ID…カードに記載されている10ケタの英語と数字の組み合わせ
・パスワード…初期設定:IDの下四ケタと、生まれた年の西暦を組み合わせたもの

※カードをお持ちでない方は発行が必要となりますので、お近くの図書館で申請してください。
※神戸市立図書館のホームページに詳しく記載されています。「神戸市立図書館」で検索を!

神戸市電子図書館の資料より
神戸市電子図書館の資料より

 出先でのちょっとした調べもの、お子様絵本を読み聞かせができたり、うまく利用すれば生活の幅が広がります。今まで知らなかった世界を知るための足掛かりとして、利用してみてはいかが?

お話:神戸市立図書館 司書 小椋あゆみさん、松尾宗一郎さん

※ラジオ関西『サンデー神戸』2021年1月31日放送回より


■■神戸市電子図書館のページ

関連記事