住みやすさアジア2位の神戸市、外国人向け就労情報サイト「WORK IN KOBE」開設

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 たくさんの外国人の方が住んでいるイメージのある神戸。その方たちが快適に働けるように、神戸市が外国人向けの就労情報サイト「WORK IN KOBE」を開設しました。いったいどのようなウェブサイトなのか、神戸市海外ビジネスセンターの担当者に詳しく話をお聞きしました。

「WORK in KOBE」
「WORK in KOBE」

――今回オープンした「WORK IN KOBE」というウェブサイトは、どういった取り組みなんですか?

日本には300万人弱の外国人(外国籍)の方がいらっしゃいます。神戸市内でも5万人弱、4万8000人ほどの外国人の方がいらっしゃいまして、こういった方々に神戸で活躍していただきたいという思いで、日本語と英語で「神戸で働こう」という情報発信をするサイトを公開しました。

――実際に神戸の企業では、今どれぐらい外国の方が働いているんですか?

昨年末時点で神戸市内には4万8000人強の外国人の方がいらっしゃいます。前年は4万9000人でしたが、コロナの関係で減っています。このうち留学生が7500人と、(働けない)子どもの数を抜くと、おそらく3万から3万5000人ほどの方が働いていると思います。

――例えば、どんな国の方たちが神戸に来られてるんでしょう。

特に増えているところは、ベトナム、ミャンマー、ネパールなど、主にASEAN(東南アジア諸国連合)の国の方が非常に増えています。

――海外の方が神戸で働くメリットはどういうところだと思いますか?

神戸の街は、150年前に港町からスタートして海外の方がたくさん暮らしていました。そのため、英語で対応できる病院、宗教施設、インターナショナルスクール、外国人コミュニティのクラブなど、外国人が生活するうえで暮らしやすい環境がたくさん整っています。これは日本ではトップクラスです。アメリカの世界最大級の人材コンサルティング会社である「マーサー社」が発表した世界都市ランキング「外国人駐在員が住みたい街」で、アジア地区では1位がシンガポール、2位が神戸と東京と、アメリカから評価されています。

――アジアのなかでは東京と並んで神戸が2位なんですね。ところで、外国人の方が困ったことがあったとき、神戸市としては支援をされているんですか?

外国人が神戸に来られた場合、神戸国際交流センター(通称KIC)にて、外国人の生活支援を実施しています。例えば日本語の学習、病気になった時には病院での通訳、住むにあたっての手続きの相談サービス等を実施しています。外国人が安心して暮らせるといった面においてはトップクラスを誇っていると思います。

――では、雇用する側について教えてください。企業が外国人を採用するメリットはどこにありますか?

今はコロナで減ってはいますが、外国人観光客、いわゆるインバウンドの対応として外国語ができる方を採用するというのがひとつ。もうひとつは、ベトナムや中国に工場がある、あるいはそこから物を買っているなど、海外に展開されている企業が、相手国との対応窓口として、その国の方を採用しています。最後は、技術者採用です。日本人は人手不足で採用できないなか、スキルを持った外国人を採用するといったニーズがあります。

――本当にいろんな所で外国人が活躍されているんですね。ただ、突然企業に外国人が入社して、文化や言葉が違うことで壁が生まれたりしませんかね?

何の準備もなしにいきなり外国の方が会社に来ると、まず社員の方がびっくりするし、全然対応もできないということで、外国人の方が孤立化するということもあります。そこで、外国人を採用する企業に対しては、受け入れるにあたってのいろいろな会社内での準備を私たちの方で支援しています。例えばインドネシアやムスリムの方を採用する際は「お祈りの時間を確保してあげてください」とか。外国人が活躍できるような環境整備ということで、企業側にセミナーやお話をするようにしています。

――なるほど、企業側にもきちんと支援があるんですね。今はコロナの影響もありますが、今後、外国の方は神戸に増えていきそうですか?

コロナの直前の1年前までは、空前の人手不足で外国人の方がどんどん増えていました。今はコロナで少し止まっていますが、基本的な人手不足感は今後も変わらないと認識しています。企業側に話を聞いても「来年度もほぼ通年通り採用をする」という話が多いので、外国人採用は今後も益々増えていくと思います。

――では、今後どんな風にこの「WORK IN KOBE」を活用して欲しいですか?

これを見れば、日本のなかで神戸がどんな町で、どんな生活環境で、どんな企業があって、あるいはどんな手続きが必要か、そういったことがひとつのホームページ内ですべてご覧いただけるように作っています。併せて、Facebookページも立ち上げたので、ぜひフォロワーになって活用して、神戸で活躍していただきたいと考えています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「WORK IN KOBE」のサイトでは、神戸市の紹介、就労情報や生活情報に加えて、実際に神戸で働く外国人の方のインタビューなども掲載されています。興味がある方は、ぜひ一度ご覧ください!

お話:
神戸市経済観光局経済政策課、神戸市海外ビジネスセンター所長 今井俊幸さん

神戸市経済観光局経済政策課、神戸市海外ビジネスセンター所長の今井俊幸さん(左)と、『サンデー神戸』リポーターの加納永美子さん(右)
神戸市経済観光局経済政策課、神戸市海外ビジネスセンター所長の今井俊幸さん(左)と、『サンデー神戸』リポーターの加納永美子さん(右)

※ラジオ関西『サンデー神戸』2021年2月21日放送回より


■「WORK IN KOBE」
【日本語版】
【ENGLISH】

サンデー神戸 | ラジオ関西 | 2021/02/21/日 09:00-09:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事