神戸製鋼・石炭火力発電所めぐる環境アセスメント訴訟 住民ら控訴「国は厳格な判断怠った」

原告弁護団「経産相は環境アセスメントで被害を防止すべく、適切かつ厳格な審査・判断を怠った」<2021年3月15日 大阪市内>
(写真4枚)

神戸製鋼所の子会社が神戸市灘区で建設計画中の石炭火力発電所2基の環境影響評価(アセスメント)を巡り、手続きの変更の必要がないとした経済産業相の確定通知の取り消しを求めた訴えを退けた一審・大阪地裁判決を不服とし、原告の周辺住民側が26日、控訴した。

関連記事