旧優生保護法訴訟 兵庫の原告男性が死去 代理人弁護士「判決の場にいてほしかった」

(写真1枚)

旧優生保護法(1848~96年)のもとで不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、神戸地裁に提訴した兵庫県在住の男性(81)が11月17日に死去した。

関連記事