生まれたての新生児を24時間ライブ配信!『わくわく赤チャンネル』が癒し効果抜群と大人気 「笑顔と元気がもらえる」

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 生まれたての赤ちゃんを24時間ライブ配信している、『わくわく赤チャンネル』というWEBサイトをご存知でしょうか? 配信元は、香川県善通寺市にある産婦人科・谷病院の新生児室。今まさに誕生したばかりの新生児の様子が、定点カメラから無声のコマ送り映像で配信されており、いつでも誰でもアクセスして見ることができます。小さな赤ちゃんがスヤスヤ眠っていたり、時折泣いていたり、手や口がモゾモゾ動いていたり……様々な姿に癒されます。

静止画と思いきや、動く赤ちゃんをリアルタイムで見ることができるライブ映像なんです!(わくわく赤チャンネル提供)

 生後間もない新生児の姿は見る機会が少なく、とても貴重な瞬間です。そのため『わくわく赤チャンネル』は根強いファンが多い人気サイトで、SNSでも定期的に話題になっています。

「見知らぬ赤ちゃんとの一期一会が素敵」
「ひたすら癒されたい時、本当にオススメ」
「疲れている時に、しょっちゅう眺めてしまう。元気がわいてくる!」
「めちゃくちゃかわいくて、2~3日に1回はチェックしてガン見してる」
「我が子の新生児期を思い出して、懐かしくて愛おしくて泣けてくる」
「静止画?と思うくらい微動だにせず寝ているのもカワイイけど、たま~に動いていたり泣いていたりする瞬間が見られると嬉しい」
「我が子が谷病院で出産して、授乳以外の時によその赤ちゃんに癒されたり、我が子が映ればスクショしたりしていました」
「谷病院で産みました。入院中もスマホで我が子を見てニヤニヤしたり、遠方に住む親族や友人からも『見たぞ!!』ってスクショが送られてきたり、とても良かったです」

うっすら起きている貴重な瞬間……!(わくわく赤チャンネル提供)
泣いている姿も貴重な瞬間……!(わくわく赤チャンネル提供)

『わくわく赤チャンネル』の開設者でもある、谷病院の谷政明院長に背景を聞きました。

――谷病院の設立、『わくわく赤チャンネル』の配信開始はいつでしょうか?

谷病院は1957年に香川県の琴平町で開院し、1996年に今の善通寺市に移転しました。『わくわく赤チャンネル』は、1999年に谷病院のホームページに追加しました。遠方でなかなか来院できない祖父母や親戚の方にも、動く赤ちゃんの様子を見せられないかな、と思ったことがきっかけで始めました。

配信を開始してからは、お母様のご家族だけに留まらず、ご友人・職場の方々にも広がりをみせ、とても好評です。特に昨今はコロナ禍による面会制限もありますので、『わくわく赤チャンネル』の配信は大変喜んでいただけました。

――配信環境の様子を教えてください。


【わくわく赤チャンネル/谷病院】

LINEで送る

関連記事