CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 《2》震災報道の検証 【7】編成・営業面からの報告と総括

    【7】編成・営業面からの報告と総括

    (1)編成業務について
    放送は、地震直後午前5時46分に中断、6時の時報とともに震災特別番組として、CM抜きで再開された。 この震災番組は、被災直後に設置された震災放送本部と営業局との判断で、1月20日午前3時までの69時間、CM抜きでの放送となった。
    CM及び通常番組の復帰時期が、20日午前5時00分の放送開始からと決まったのは19日の夕方であった。

    ●業務について
    ログ(番組進行表)を作成する作業は、平常時なら伝票に沿って作成される。
    しかし、ファックス、電話回線の発着信規制といった状況のもと、
     ・レギュラ-番組の一部復帰、休止
     ・レギュラ-CMの復帰、休止
     ・新規CMの挿入(完全パッケ-ジと生CM、CM録音)
    こうした要望が、営業各支社から集中したが、意思の疎通をかき、カットすべきCMが流れるといった混乱もあった。 また部員の全員出社が困難であった為、生CMについては時間取り・番組手配など編成業務部では対応できず、営業推進部の助けを借りて急場を凌ぎ、この状態は2月末まで続いた。
    ●編成について
    震災関連番組は2月からスタ-ト。 4月の番組改編時には、『防災インフォメーションがんばれ神戸』(月~金 午前7時20~同23分)
    『震災情報ステーション』(月~木、午後0時10分~同28分)
    『よみがえれ神戸』(土、正午~一時)
    をスタ-トさせた。

    (2)営業活動について
    本社営業部のテリトリ-は、東は尼崎市、西は明石市、北は氷上郡、南は徳島県鳴門市と広範囲に渡っているが、広告主の85%は神戸市内に集中している。
    姫路、大阪、東京各支社は、建物など損傷なし。
    1月18日 ・本社営業局を、被災した神戸新聞会館から須磨区の本社内に一時移転。
    1月19日 ・出社できた部員で広告主・代理店の安否の確認。 同時にCMの一方的カットに対するお断りの申し入れ。
    加入電話は発着信不能も、東京、大阪、姫路を結ぶ専用線は奇跡的に無事。
    以降、本社営業局がハ-バ-ランドに移転するまでの約1週間広告代理店との連絡は、各支社が中継。

    表 先方ハードコピー使用
    1月25日
    ・営業推進部を除き、本社営業局は神戸ハ-バ-ランドのダイヤニッセイビル14階に再移転。
    3月1日
    ・営業推進部もダイヤニッセイビルに主業務を移す。
    ●営業売上げ
    CM・レギュラ-番組への復帰は1月20日午前5時からであったが、代理店、広告主からの指示は『連絡あるまで、休止』が多く、本社営業局、各支社とも減額を余儀なくされた。
    電波料、制作費合算の減額は、1月から3月まで、営業局全体で5000万円を越える数字となっている。
    3月後半からは、復帰してくる広告主も増え、6月末現在、本社営業部は、タイムスポット共70%台まで回復している。
    一方、震災広報スポットは、1~3月の期間に全社合せて約1億2000万円の出稿があった。
    しかし、4月以降の営業収益は、本社営業局に限れば、例年実施しているイベント・事業が自粛ムードで、依然厳しい状況にある。