番組内容

わたしたちが暮らす街には、実はとっても深い歴史や文化があります!

神戸のヒストリアン田辺先生が語る「目からウロコ」のレクチャーや、神戸のピアニスト天宮遥の生演奏をまじえた日曜の朝の爽やかな情報ワイド番組です。

8月30日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典213ページは、DJ HAGGYさんです。

神奈川のレディオ湘南で、モーニングワイド番組のパーソナリティを担当されているDJ・HAGGYこと萩原浩一さん。

国家公務員資格を持ち、医療と教育現場で働いていたという異色の経歴を持ちながら、現在はラジオやテレビなどのメディアでMCとして活躍されています。

関西のラジオを聴いたことも、放送の仕事を目指すきっかけとなったというお話など、語って頂きました。

もう一度聴きたい方はコチラをクリック!⇒ポッドキャスト

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月30日(日) 15時00分

まっこと!MUSIC

/日本合唱協会

ヴェルディ作曲

  歌劇“アイーダ”から「勝利の合唱」

   /ズービン・メータ指揮

    ローマ歌劇場管弦楽団,合唱団

夏の名残の薔薇/天宮遥ピアノ演奏(スタジオLIVE)

ヴェルディ作曲

  歌劇“アイーダ”から「清きアイーダ」

   /テノール フランシスコ・ラザーロ

    ヴィルヘルム・シュヒター指揮

    ベルリンドイツオペラ管弦楽団

       (2015.8.23 ON AIR

天宮遥さんの公式HPはコチラをクリック⇒Amamiya Haruka

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月30日(日) 13時00分

お地蔵さん

お地蔵さんのことを歌った「見てござる」の歌詞に

村の外れのお地蔵さま子供の遊びをみてござる

とありますが

なぜはずれです?

なんで子供です?

うーーーーん何ででしょうか???

仏教は2500年前にインドではじまりシルクロードを通って中国へ2000年ほど前にやって来ました。

そして1500年ほど前に日本に伝わっています。

2500年ほど前のインドの言葉をサンスクリット語と言って

(位牌の一番上に呪文みたいな格好の字が書いてあるあれが

サンスクリット語です。中国では梵字と言います 。)

サンスクリット語でお地蔵さんのことをクシティ ガルバーと言います。

クシティ(大地) ガルバー(子宮とか 胎内)

大地のお腹の中に蔵されていると言って「地蔵」と中国語で訳しました。

お地蔵さんは地蔵菩薩

観音さんは観世音菩薩

ではお釈迦さんは?

釈迦如来です。

悟りを開いた存在を如来

インドの言葉ではブッダーとは完璧な存在のこと。

中国の人はそれを如来と言いました。

修行中の存在を菩提薩埵と言い

略して菩薩としました。

菩薩というのはまだ修行中の身ということです。

わかりやすく言うと仮免中みたいなのが菩薩です。

ですから。。。

横に本当の先生に乗ってもらいます。

日光菩薩  月光菩薩には真ん中に薬師如来を挟んで、三体で薬師三尊。

釈迦如来の両脇に文殊菩薩  普賢菩薩が並んで釈迦三尊。

阿弥陀如来には勢至菩薩 観世音菩薩という具合です。

如来は悟りを開き切っているため身体中から、仏陀の印が湧き出しています。

如来は粗末な薄い衣一枚で表されます。

ところが菩薩は像として表す時には 古代のインドの王様や貴族のような飾り付けを付けて、表されます。

ところがお地蔵さんは慈悲心が厚く、メイクアップする時間も惜しんで人々を助けに行くため、飾りを付けていません。

薄い衣一枚で、冠も腕輪も付けていません。

修行中のまま、杖をついて出て来ます。

仏教の考え方では過去の世界を前世(ぜんせい)

今現在、我々が生きている世界を現世(げんぜ)

死んでから後で行く世界を来世(らいせい)

過去現在未来と三つ世界があると考えます。

心穏やかで満ち足り、幸福でその人の心の中に曇りもない存在を天

我々一般の人間。。。人

怒り憎しみや戦いばかり考えている阿修羅

その下に動物  畜生がいて

さらにその下に食べ物が欲しくて、やっと見つけ口に入れようとすると火が付いて燃えてしまうという、餓鬼の世界が、

さらにその下に地獄があります。

天 道

人道

阿修羅道

畜生道

餓鬼道

地獄道

この六つの世界を六道(りくどう)と言います。

お地蔵さんは慈悲心が厚いので頼まれれば地獄にでも行きます。

地獄に落ちた人の唯一の救いの方法は

地獄の果ての境目の賽の河原で石をずっと積み、自分の身の丈よりも高く石を積みお釈迦様にプレゼントしたら、その功徳で地獄から出て行けると言われています。

だから、地獄に落ちた人は賽の河原で石を積むんです。

ところがそこに鬼がいて邪魔をする。

子供はこの話を知らないから、周りの人が石積んでるから自分も真似して河原で石を積むのですが、鬼が出て来ても助けを求める方法がありません。

そこで子供をなくした親はお地蔵さんに、子供を助けてもらうため、よだれかけや風車に亡くなった子供の名前を書いて奉納します。

別にお地蔵さんは本来は子供のお守りの仏さんではないわけですが地獄にいる子供のところへ出て行ってやって欲しいという願いです。

六つの世界に分かれて行くということは、境目があるということです。

分岐点で守ってくれるということから、村のはずれにお地蔵さんはいるのです。

お墓の入り口にあるのを見かけますが

生きている人間と死んだ人の境目、

境目を守る仏さんとしても信仰されています。

六つの世界に助けに行くからと六体で祀られているのです。

このように、お地蔵さんに対する信仰はむつかしい教えではないので人々の間に非常に広く広まって行きました。

さて、今日8月23日という日は一遍上人が亡くなった日です。

1289年の8月23日に一遍上人は亡くなっています。

時宗の創始者です。

熊野の権現さんにお参りした時にこれを広めよと言われ

誠証大師(しょうせいだいし)という尊号をおくられました。

元々は愛媛県道後温泉の奥の方で生まれ、

名字は河野さんです。

伊予のあたりで河野、徳野、忽那と言えば。。。水軍です。

おじいちゃんは陸奥の国、青森県に島流しにされています。

1歳の時に母をなくすのですが

父の勧めで仏門に入ります。

25歳の時に父を亡くしたのを機に愛媛県に戻るのですが

一族の財産争いに嫌気が差し、もう一度仏教の道に入ります。

どうしたら人々が救われるのか !

やはり阿弥陀如来の力にすがるしかない!と

「南無阿弥陀仏」と生涯にたった一言唱えたら救われると説きました。

教信に憧れ、加古川の教信寺に向かったものの

神戸で具合が悪くなり亡くなったため

神戸ひょうごの真光寺というお寺に一遍上人のお墓があります。

大分の別府の温泉を鎮めたのが一遍上人だと言われ、鎮めきれなかったのが別府の地獄として残っていると伝えられ鉄輪(かんなわ)温泉のあたりでは一遍上人は今でも広く信仰を集めています。

(文;まとめ久保直子)

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月24日(月) 13時00分

8月23日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典212ページは、三田市長 森哲男さんです。

これまで兵庫県職員や阪神北県民局、生きがい創造協会などの仕事に携わり、このたび三田市長に就任された森哲男さん。

県の生きがい創造協会「いなみ野学園」で高齢者の支援に携わった経験から、

三田市の旧市街、ニュータウンなどそれぞれの地域で進む高齢化対策に取り組まれています。

高齢者の経験や知識を生かす「三田未来塾」の創造や、雇用を増やす取り組みなど、

幅広い年代が支えあう社会のモデルになるような街づくりを目指したいと語られていました。

もう一度聴きたい方はコチラをクリック!⇒ポッドキャスト

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月23日(日) 14時00分

まっこと!MUSIC

見てござる /池野八千代、ひばり児童合唱団

ブラームスの子守歌

   /アーサー・フィードラー指揮

    ボストンポップス管弦楽団

牧場の朝/天宮遥ピアノ演奏(スタジオLIVE)

リスト作曲 愛の夢

   /アーサー・フィードラー指揮

    ボストンポップス管弦楽団

       (2015.8.23 ON AIR

天宮遥さんの公式HPはコチラをクリック⇒Amamiya Haruka

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月23日(日) 13時00分

今週は花火の歴史についてのレクチャーでした。

必要は発明の母と言われるように、元々は武器でした。

ルネサンスの3大発明と言われるものに

火薬

羅針盤

印刷機があります。

しかし実はもっと前に中国でそれらはありました。

 

南北朝の時代に中国では花火が使われたといわれています。

中国で、武器として火薬が実用的となったのは。。。

1200年代の初めにチンギスハンがモンゴルの大酋長になり、

チンギスハンによってモンゴルが中心になりユーラシア大陸の東から西までモンゴル帝国に押さえられるようになります。

1270年代から1280年代になるとそのモンゴルの軍勢が日本にまで影響を及ぼしてくるようになります。

1274年1281年の2度に渡る元寇。

元寇の時に北九州に行ってモンゴル軍と戦えと言われた

竹崎 季長(たけざき すえなが)という侍がいました。

ほうびをもらうためには証拠が必要だと、絵描きさんを連れて行き、モンゴル軍と戦っているところを絵に書かせたのです。

それが『猛虎襲来絵詞』と言われる絵巻物です。

この絵の中に火花が散っている絵がありそこに平仮名で「てつはう」と書いてあります。

おそらく鉄砲でしょうね。

 

鉄砲はポルトガル人によってもたらされたと言われていますがもうこの時すでに火薬を飛ばすというもののことを鉄砲と言っていた可能性があると思われます。

 

1200年代の終わり

モンゴルは中国に攻め込んで行き、宗の国を滅ぼし大きな国になっていきます。

宗の時代に科学や技術がものすごく発達しています。

 

その宗代の大きな技術革命の中に火薬の実用化がありました。

打ち上げて綺麗やな!と見るのは、裕福で平和な時代になってからのことです。

当時は新しい武器として中国で開発されました。

中国の発展とともにイスラム圏に伝わりイスラム圏を通じてヨーロッパに伝わって行ったと考えられます。

ヨーロッパではいよいよ世界の東の果てに行ってみたという人が現れてくるわけです。

「東方見聞録」を書いたマルコポーロ。マルコポーロはイタリアの人です。

イタリアというのは地中海に突き出した半島。。。

地中海貿易へと広がります。

こうして中国から伝わった火薬の製造、活用法がイタリアで大きく発展して行きました。

 

1400年代1500年代になると。。。

ヨーロッパ各地に王様が収める王国が出来上がり、

それぞれの王国で王様が武器として利用する一方で

儀式用に美しいもの、人々を驚かせるものという一面も持つようになります。

空砲の儀式などは、花火と武器とが元々一緒だったことの現れですね。

 

このように見ていくと、一旦中国からイタリア経由でヨーロッパに行った火薬が大航海時代に逆流して東洋に来るというUターン現象が起こっています。

 

イタリアからスペインやポルトガルや、さらにはイギリスに伝わっていきます。

英国では1500年代になったら戦いの時には銃を使い儀式用にはその火薬に金属片を混ぜキラキラと光り、色を出すようなものが作られていくのです。

1500年代になってイギリスでは首都ロンドンを流れるテームズ川で王様たちが夏になったら舟に乗って納涼イベントの中で

花火を上げたりするようになりました。

 

1600年代にドイツからイギリスに行って活躍した音楽家がヘンデルです。

ヘンデルは水遊びの音楽を作ったり王様たちが楽しんでいる花火の音楽を作ったりしました。

 

さらにこんなことも。。。

1606年11月5日

イギリスでジェイムズ1世を爆死させようという陰謀が!

首謀者はガイ フォークス。

この陰謀は未遂に終わりガイ フォークスは死刑に。

 

20世紀になって花火は危険だと法律で禁止している国が多い中にあって、

イギリス国会議事堂を爆破しようとした日

11月5日だけは花火を上げて良い日とし

ガイフォークスデイと言って花火が打ち上げられます。

 

日本では。。。

織田信長のことを書いた「信長公記」の中に

本能寺の変の前年のことですが、

「安土城で爆竹のこと。。。」と書かれています。

これはおそらく花火ではないかと思われます。

 

1582年4月には大分県の臼杵の教会堂で

宣教師が花火をしたという記録もあります。

 

江戸時代には日本でも花火が作られるようになり

徳川幕府の下で、平和な時代が続き、両国の花火大会というようなものが行われるようになっていきました。

 

今日のお話を聞いて、いつまでも火薬が夜空を彩る美しい花火として使われ続けて欲しいと思いました。

 

まだまだ、花火大会が各地で行われています。

冬の花火も見てみたいなとリスナーさんのメッセージを読みながら思いました。

玉屋〜❗️鍵屋〜❗️とはもう平成の人達は言わないのでしょうか?

花火にもなが〜い歴史があったのですね。

 (文;まとめ久保直子)

もう一度聴きたい方はコチラをクリック!⇒ポッドキャスト

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月16日(日) 15時00分

8月16日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典211ページは、西宮市郷土資料館 学芸員 俵谷和子さんです。

人とは違った仕事がしたい、という想いから民族学を学び、学芸員になられた俵谷さん。

俵谷さんの務める西宮市立郷土資料館では「阪神電鉄大阪ー神戸開通110年記念阪神沿線の文化110年ー」をテーマとした展覧会のひとつ、「阪神沿線ごあんないーにしのみやの郊外生活ー」を開催中です。

西宮市立郷土資料館

「阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―」

平成27年7月18日(土)~8月30日(日) 無料

チラシ・PDF

西宮市立郷土資料館はJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩12分

もう一度聴きたい方はコチラをクリック!⇒ポッドキャスト

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月16日(日) 14時00分

まっこと!MUSIC

花火 /田中さゆり、キングカナリヤ子供会

ヘンデル作曲 "王宮の花火の音楽" 序曲

   /レーモンド・レパード指揮

    イギリス室内管弦楽団

芭蕉布/天宮遥ピアノ演奏(スタジオLIVE)

ヘンデル作曲 "王宮の花火の音楽" メヌエット

   /レーモンド・レパード指揮

    イギリス室内管弦楽団

       (2015.8.16 ON AIR

天宮遥さんの公式HPはコチラをクリック⇒Amamiya Haruka

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月16日(日) 13時00分

今年は高校野球の全国大会が始まって、100年目の記念の年です。

大正4年1915年に第一回大会が行われた当時は、旧制中学でした。

第1回全国中学校優勝野球大会は1915年8月18日~23日に豊中球場で行われました。

参加チームはなんと10校。

大正4年と言えばまだまだ野球は、全国的に浸透していませんでした。

明治時代に居留地に住むヨーロッパの人達が内輪でやっていた野球。

何か面白そうなスポーツだなと遠巻きに見ているだけでした。

ところが大人たちよりも旧制中学の子供達は面白そうだと、一緒に野球をするようになります。

そんな子たちが旧制中学から大学に進んでからも野球を続け、大正デモクラシーの時代になってはじめて、一般市民にも広がって行きました。

東北代表 秋田中学が優勝した第一回大会に

兵庫代表 神戸二中が出場しています。

神戸二中とは田辺先生の母校、現在の兵庫高校です。

神戸二中は大正4年8月18日準々決勝で早稲田実業と戦い惜しくも2-0で敗退しました。

 ○

そして、田辺先生がここで気付いたことがあるそうです。

先日、「まっこと!ラジオ」でお伝えした太平洋戦争の戦時下で最後の沖縄県知事となった島田叡(しまだ・あきら)さんが、神戸二中の野球部に所属していたのが大正3年~大正8年でした。

つまり、島田叡さんがこの第1回大会に出場していた可能性が大きいということです。

以前、田辺先生に教えて頂いた話によれば・・・

前任の知事が出張に行ったまま戻らず、後任の知事が難航し島田さんに

その苛酷な任務が課せられようとした時、周囲の反対の中

「俺は死にたくないから、誰か代わりに行って死んでくれとは言えん。」と死を覚悟して沖縄に飛んだという島田さん。

なんだか・・・野球で鍛えた精神力、忍耐力、そしてフェアプレイの精神が息づいていたのかな?と想像して、なおりんは、レクチャーの途中で胸が熱くなりました。

  ○

高校野球の100年の歴史の中では、参加チームの増加でグラウンドが狭くなったり、戦争のための中断や、

戦後のアメリカ軍の占領により甲子園球場から西宮球場に場所を移したり、記念大会のため出場校が多く甲子園球場と西宮球場の2か所での開催など色んなこともありました。

今年の大会も今日が4日目。地元兵庫代表滝川第二も二回戦進出を決めました。

対戦相手の中越高校も粘りのある野球で最後まで勝敗のわからないシーソーゲームでしたよね。

高校野球を見ていると、どっちも勝たせてあげたい!とどっちを応援していたのかわからなくなります。

でも、必ず勝敗が決まる勝負の世界だからこそ、多くのことを教えてくれます。

甲子園を舞台に球児たちが一戦一戦成長していく様子を楽しみたいですね。

勝っても負けても甲子園です!

栄冠は君に輝く~♪

もう一度聴きたい方はコチラをクリック!⇒ポッドキャスト

(文:まとめ久保直子)

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月09日(日) 15時00分

8月9日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典210ページは、

武陽野球倶楽部会長で、

神戸二中・県兵庫高校野球部OB会 会長の武藏健児さんです。

田辺先生の出身校・兵庫高校の前身となる、旧制 神戸二中は、第1回の全国中等学校野球大会(現、全国高等学校野球選手権大会)に出場し初戦で早稲田実業と対戦しました。

当時、出場校は10チームで、神戸二中はその内の1校でした。

武藏さんご自身も、昭和41年春の甲子園に出場されました。

現在はOB会の会長として、

伝統の兵庫高校が再び甲子園でプレーする日を目指し、応援を続けられています。

もう一度聴きたい方はコチラをクリック!⇒ポッドキャスト

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: makoto
  • 投稿日時: 2015年08月09日(日) 14時00分