番組内容

わたしたちが暮らす街には、実はとっても深い歴史や文化があります!
神戸のヒストリアン田辺眞人が語る「目からウロコ」のレクチャーや、ピアニスト天宮遥の生演奏をまじえた日曜の朝の爽やかな情報ワイド番組です。

すずらんホールに農村歌舞伎がやってくる!![2016年06月27日(月)]

すずらんホールに農村歌舞伎がやってくる!!が待ちに待った626日に開催されました。

人物辞典にお越しいただいた立花志十郎さんの浄瑠璃も、迫力ありました。

田辺先生の講演「坂落としの鵯越はどこか」に続いて「一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場」が熱演されました。

今年は、おひねりをうまく投げるコツをつかみました。

あとは、掛け声やね。。。

田辺先生も講演の後、

2階の一番後ろの席で最後までご覧になったそうです。嬉しい!!

 

  • 投稿日時:2016年06月27日(月) 14時00分

たまご甲子園[2016年06月27日(月)]

なおりんが番組でレポートしましたが

625()に第8回葉酸たまご甲子園が京都で開催されました。

元気な赤ちゃんを産むために大切な栄養素「葉酸」の役割を多くの女性に知ってもらいたいとの思いから、栄養学を学ぶ女子大生達が葉酸たっぷりの献立、調理法を競うコンテストです。

昨年から、IJCA国際日本料理協会加盟の各店舗から集められたプロの料理人も参加。

それぞれ工夫を凝らし、葉酸たまごを生かした料理で参戦しました。

プロの部優勝は浜名湖ロイヤルホテルさん

学生の部優勝は同志社女子大学料理研究家会の皆さんでした。

 

貴重なレシピは過去開催分も含め、「葉酸と母子の健康を考える会」のHPに掲載されています。

 

  • 投稿日時:2016年06月27日(月) 13時00分

人物事典246ページ 灘百選の会 慈憲一さん[2016年06月26日(日)]

6月26日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典246ページは、灘百選の会 慈憲一さん です。

阪神淡路大震災後に東京から帰省し、復興の手助けをしていた慈憲一さん。

現在は、「ナディスト(灘+リスト)」として灘の町を知ってもらえるような活動を行っています。

「灘百選の会」は、灘区民の方々から灘の魅力を投票してもらい、灘の町自慢を作ろう、と言うところから始められました。

  • 投稿日時:2016年06月26日(日) 14時00分

2016年6月26日 放送...かえるの合唱[2016年06月26日(日)]

まっこと!MUSIC

かえるの合唱/クラウン少女合唱団

ゴセック作曲  "ガヴォット"

  /バイオリン チョン・キョンファ ピアノ フィリップ・モル

中田喜直作曲 "霧と話した"/天宮遥ピアノ演奏(スタジオLIVE)

ビゼー作曲  組曲"アルルの女" から「メヌエット」

  /指揮 シャルル・デュトワ モントリオール交響楽団

       (2016.6.26 ON AIR

天宮遥さんの公式HPはコチラをクリック⇒Amamiya Haruka

  • カテゴリー:総合
  • 投稿者:田辺眞人のまっこと!ラジオ
  • 投稿日時:2016年06月26日(日) 13時00分

なおりんの日記[2016年06月20日(月)]

619日は645年に蘇我氏を倒した中大兄皇子が日本初の元号「大化」を定めた日。番組では田辺先生にわかりやすく元号についてレクチャーして頂きました。

ある時は、お目出度いことが起こったから改元、ある時は不吉な事があったから改元という時代もありました。第二次世界大戦後は、戦争に負けたのだから元号を改めるべきだ、さらには西暦に一本化するべきだとの声も上がりました。

そんな中、東京大学の坂本太郎教授が、「元号は独立国の象徴であり、日本の歴史、文化と緊密に結合していることは、今後も同様であるため、便利な元号を廃止する必要は認められない。」とし、今の形となっています。

大化から平成まで、実に247の元号が重ねられてきました。

 

メッセージテーマは「私にとって、これこそ昭和。これこそ平成。」でした。

昭和生まれの私にとっては、沢山の共通の思い出が詰まった昭和な話題がたくさん寄せられ、とっても懐かしい思いに浸りました。

黒電話カバーと受話器に付ける芳香剤。駅の伝言板。アポロにパンダ。いい感じのセピア色になって来ました。

平成という時代はどんな風に記憶に残っていくのでしょうか?

現在進行形、ingで今は必死のパッチですよね。

(まとめ・文:なおりん)

  • 投稿日時:2016年06月20日(月) 18時00分

人物事典245ページ 多田銀山史跡保存顕彰会 会長 森岡新知さん[2016年06月19日(日)]

6月19日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典245ページは、多田銀山史跡保存顕彰会 会長 森岡新知さんです。

昨年国史跡に指定された、多田銀銅山遺跡。

65名ほどで活動する多田銀山史跡保存顕彰会は、猪名川町と共に、史跡を守り伝えるため、観光パンフレットやボランティアガイドの活動を行っています。

多田銀山史跡保存顕彰会のHPはコチラ⇒ http://www.tadaginzankenshoukai.com/

  • 投稿日時:2016年06月19日(日) 15時00分

2016年6月19日 放送...かたつむり[2016年06月19日(日)]

まっこと!MUSIC

かたつむり/少年少女合唱団みずうみ

マイアベーア作曲  戴冠式行進曲

  /指揮 エルガー・ハワーズ フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル

石原和三郎特集/天宮遥ピアノ演奏(スタジオLIVE)

ドビュッシー作曲  "版画" から「雨の庭」

  /フジ子・ヘミング

       (2016.6.19 ON AIR

天宮遥さんの公式HPはコチラをクリック⇒Amamiya Haruka

  • カテゴリー:総合
  • 投稿者:田辺眞人のまっこと!ラジオ
  • 投稿日時:2016年06月19日(日) 13時00分

人物事典244ページ 緑のアトリエ 取締役社長 三谷景一郎さん[2016年06月12日(日)]

6月12日の田辺眞人のまっこと!ラジオ

人物事典244ページは、緑のアトリエ 取締役社長 三谷景一郎さんです。

巨樹の細密画を描く三谷さんは、「その時代を生きた象徴画として描いている」と語ります。

今年度に発行された、「兵庫の巨樹画集~三谷 景一郎の細密画の世界~」は、兵庫県、各地の巨樹を細密画として紹介している画集です。

兵庫県下には、地域の人たちに見守られ育てられた、またその地域に人たちの生活や歴史を見守ってきた多くの巨樹があることを伝えたいという思いから発行されています。

 

 

  • 投稿日時:2016年06月12日(日) 17時00分

なおりんの日記[2016年06月12日(日)]

田辺先生も、シルクロードの旅から元気に帰国されました。
想像以上に素晴らしい体験をされたようです。
ツアーに参加された皆さんも、お疲れ様でした。
ご一緒された皆さんからは、「是非もう一度行きたい!」という声が上がっているそうです。
百聞は一見にしかずです。
素晴らしい体験をされた報告を聞くだけでは、歯がゆいな。
是非、次回は私も今からコツコツ貯金して、参加したいと思いました。

莫高窟の壁画をこの目でしっかりと見てみたいです。
砂漠って?
砂漠の中のオアシスの美しさってどんなものなんだろう。。。
ラクダにも乗りたいです。
田辺先生は、ヤクの肉がビーフよりあっさりしていてとっても美味しかったとおっしゃっていましたよ。

先生も行ってみて初めてわかったことが沢山あったそうです。

ゴビ砂漠とはモンゴル語で小石ばかりの砂漠のこと。
礫砂漠のことをゴビというそうです。

モンゴル高原の西南一帯の礫砂漠も通過し
さらに西に行くと砂漠の表面が黒いことに気づいたそう。

中国には今から2500年ほど前に西から鉄器が入って来ました。
黒く見えるのは、砂鉄が浮いているためだとガイドさんの説明があり、実際にその色を目に焼き付けたそうです。
 
(文:なおりん)

  • 投稿日時:2016年06月12日(日) 14時00分

2016年6月12日 放送...この道[2016年06月12日(日)]

まっこと!MUSIC

この道/伊藤京子

ハチャトゥリアン作曲 "ガイーヌ"から「若い娘の踊り」

  /指揮 ユージン・オーマンディ フィラデルフィア管弦楽団

ベートーベン作曲"トルコ行進曲"/天宮遥ピアノ演奏(スタジオLIVE)

イッポリトフ・イワノフ作曲  "コーカサスの風景" から「酋長の行列」

  /指揮 ユージン・オーマンディ フィラデルフィア管弦楽団

       (2016.6.12 ON AIR

天宮遥さんの公式HPはコチラをクリック⇒Amamiya Haruka

  • カテゴリー:総合
  • 投稿者:田辺眞人のまっこと!ラジオ
  • 投稿日時:2016年06月12日(日) 13時00分

番組へのおたより

■ハガキ

〒650-8580 ラジオ関西
「田辺眞人のまっこと!ラジオ」

■メール

makoto@jocr.jp
メールフォーム

■FAX

078-361-0005

コーナー

ポッドキャスト

配信はこちら

ナビゲーション

最新の投稿

過去の投稿

検索

パーソナリティ

リンク

ページトップへ