ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO

番組内容

先輩社会人ロールモデルをゲストに迎えての本音トークや就活ワンポイントアドバイス、兵庫県内の企業情報や魅力など、60分まるごと就活にまつわる話題が満載のラジオ番組。

  • 2019年6月27日(木) 15時26分

    武庫川女子大学 仙水汐里さん「決めつけで就活をしないで」

    今回は武庫川女子大学 4回生の仙水汐里さんにお越しいただきました。

    仙水さんは4月からシステム・エンジニア(SE)として働くことが決まっている。

     

    SEはパソコンが達者ではないとなれないのではないかと思われがちですが、現在はSEの人数が足りない為、企業にもよるが研修制度が充実しているので、パソコンに詳しくないがSEになれる時代。

     

    仙水さんは人の生活を支える事ができる仕事をしたいと思っていたので、ゆくゆくは医療関係に関するシステムを作っていきたいと考えているそうです。

     

    現在就職活動中の方へのアドバイスは

    「きめつけで就活しないで」

    私も事務や公務員などの安定などを目指していたが、会社の説明会を聞いてSEになれるかもと思って始めたので、皆さんも最初からこの職業は出来ないと決めつけないで、様々な業界・会社の説明会に行って自分の可能性を広げてほしい。

     

  • 2019年6月3日(月) 22時08分

    フジ・データ・システム 椀田泰羽さん「ありのままの自分をさらけ出す」

    今回は、ハードからソフトまで総合的なシステム開発を行っている「フジ・データ・システム」の椀田泰羽さんにお越しいただきました。

     

    「フジ・データ・システム」は駅の乗り越し精算機や、カーナビのシステム、発電所や工場のシステム開発まで様々な分野のシステム開発を行っている会社。

    椀田さんはパソコンゲームが好きだったので、タイピングが上手くなりそれを生かせる仕事をしたいと考え、産業技術短期大学を経て「フジ・データ・システム」に入社しました。

    男性9割の会社でまだまだ女性が少ない分野でもありますが、社長も女性なので、女性でも働きやすい会社だそうです。

    現在就活中の学生さんへのアドバイスは

    「ありのままの自分をさらけ出す」

    面接などで背伸びをしすぎないでありのままの自分をさらけ出してください。

    背伸びしすぎるのは面接官にもわかってしまいますよ。

    と語ってくれました。

    この日の放送を聞き返したい方はこちら↓

  • 2019年5月27日(月) 18時11分

    MCC食品 加藤麻さん・遠藤ゆかりさん「自分らしさをアピールしてください。」

    今日は缶詰やレトルトパウチ、冷凍食品などを作っている神戸の調理食品メーカー

    MCC食品の加藤麻さん、遠藤ゆかりさんにお越しいただきました。

     

    商品をいろいろもって来てくれました。

    中でも「100時間かけたカレー」がおススメ!!

    お二人は11年目を迎えるベテラン。

    遠藤さんは「品質保証」という部署。

    食材がちゃんとしているか、調理過程はちゃんとできているのか、商品はちゃんとしているか、チェックをしている部署。

     

    加藤さんは「充てん」という部署。

    商品をレトルトパウチしたり、缶詰に入れたりする部署。

     

    MCC食品は産休も育休も1年間取れ、保育所に入れなかった場合は2年の場合もあります。

    また小学3年生までの子供がいる場合は時短勤務も可能。

    時短勤務なら子供を見送ってから出社し、子供が帰ってくるまでに帰って、子供を迎える事も出来る。

    その他にも賞与の時に子供が学校を卒業するまで、教育補助金が出るそうです。

    このMCC食品に努める二人から就活中の皆さんへのアドバイスは

     

    「自分らしさをアピールしてください。」

    会社に入ってからも自分たちで会社を変えていける事が出来ます。

    MCC食品ももともとは男性が多い職場でしたが、自分らしさをアピールして仕事をしていき、

    女性も働きやすい会社に変えていったそうです。

    女性が活躍しやすい会社素晴らしいですね。

  • 2019年5月19日(日) 22時04分

    嶋本ダイカスト 神野義久さん・立花綾野さん「企業の好きな所を見つける・興味があることは掘り下げる」

    今回は自動車などの小型精密パーツの製造をしている、嶋本ダイカストの神野義久さん、立花綾野さんにお越しいただきました。

    二人は4月に入社したばかりの新入社員。

    嶋本ダイカストは自動車のシートベルトの巻取り部分を作っている会社。

    ネイビーズアフロの二人も知らない事ばかりで興味津々

    二人は弓削商船高等専門学校を卒業し、嶋本ダイカストに就職。

    社長が会社の技術の継承をしていくために高専の学生に入ってもらいたかったそうです。

    学校の船舶実習で高専の先生が嶋本ダイカストに訪れた事が就職のきっかけ。

    就活はやはりご縁ですね。

    そんな二人が就活中の方々へのアドバイスは!

    神野義久さん「企業の好きな所を見つける」

    立花綾野さん「興味があることは掘り下げる」

    詳しくはこちらで⇓

  • 2019年5月10日(金) 21時51分

    神戸信用金庫 山本航平さん「自分のやりたいことを仕事に!」

    今回は神戸信用金庫の山本航平さんにお越しいただきました。

    神戸信用金庫のグッズをいろいろ持って来てくれました。

     

    山本さんの部署はお客様サポート部に所属。

    この部署は企業の支援が主な仕事で、企業と一緒になって事業継承や、新規企業、新しい事業の立案や、クラウドファンディングなどをサポートしています。

    山本さんは、就活当初は何をやりたいかわからず、様々な企業の説明会に参加し自分のやりたい事を探していきました。

    その際に神戸信用金庫のインターンに参加しこの企業に就職したいと思ったそうです。

     

    金融業界に就職したい人は、新聞に目を通して世間の流れをつかむことが大事と言っていました。

     

    そして就活生へのアドバイスも聞きました。

    「自分のやりたいことを仕事に!」

    大切な事は自分のやりたい事を見つけて、やりたい事を仕事にすることでやりがいが生まれる。

    そのために様々な説明会に参加して、自分のやりたい事を探すのが大事。

     

    とっても良い話を聞いたのですが、

    山本さんはこんな格好で話をされていました。

     

    山本さんありがとうございました。

     

    詳しくはこちらで⇓