淡路に「阿波踊り」の文化が残る地域も?! 「ヒョーゴスラビア」における県境とは (1)淡路

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 日本列島、本州を陸路で縦走しようとすると、必ず通らなければならない県が1つだけある。それが兵庫県。北は日本海、南は瀬戸内海、淡路島の向こうには太平洋と、本州で2つの海と接しているのは、両端の青森県、山口県を除くと兵庫県だけだ。

 兵庫県はかつて、摂津・丹波・但馬・播磨・淡路の旧五国から構成され、多くの文化が入り混じっていた。それは現在にも受け継がれ、特色あるそれぞれの文化が存在する。2010年代には「ヒョーゴスラビア」という表現が登場した。かつてヨーロッパにあった多くの文化が混ざり合った国「ユーゴスラビア」になぞらえたものだ。

 2020年からのコロナ禍では、日本では「都道府県をまたいだ移動の自粛」が求められ、これまで以上に「県境」が意識されるようになった。では実際はどうなのか? 県境付近に住む人の意識は? 兵庫県「ヒョーゴスラビア」の旧五国ごとに県境付近を訪ね、そこに住む人の思いに迫る。第1回は、「淡路」。

ラジオ番組『BORDER~ヒョーゴスラビアにおける県境とは』取材の様子
ラジオ番組『BORDER~ヒョーゴスラビアにおける県境とは』取材の様子

<その1>淡路

 淡路国は、淡路島。淡路島は日本の神話の中で日本で最初にできた島とされている。つまり兵庫県どころか日本の始まりの地といっても過言ではない。

 淡路の名前の由来は、「阿波の国への道」という説がある。淡路島の南部、南あわじ市と徳島県鳴門市が「海の県境」=鳴門海峡を挟んで隣り合っている。鳴門海峡大橋で結ばれていることから、行き来も多く県境を意識している人は少ない。橋を渡って、南あわじ市の人は徳島へ、鳴門市の人は淡路島を通って神戸へ買い物に行くという声も聞かれた。

 一方で、県境を意識するというのは徳島・鳴門の漁師=漁業関係者。漁業権が違うという。県境となっている鳴門海峡では、徳島の漁業権で淡路島の沿岸近くまで漁ができる。対する兵庫県側も、鳴門海峡で漁ができる。漁ができるエリアが重なっているところもあり、漁業権の「境」は鳴門海峡の「真ん中」ではないのだ。

 とれた魚介類が「徳島に水揚げされる」と「なると○○」というブランドがつくものもある。また、兵庫側と徳島側で漁の方法も違うこともあるそうだ。ある漁師は「近年、とれる魚が変わってきている。回遊魚のハマチが、南へ移動しないのか1年中いる」と話す。これは温暖化が原因なのか……。「このような変化が怖い」とも。これは「海の中の境」が変わってきているのか。

鳴門市 堂浦漁港 荷揚げ場
鳴門市 堂浦漁港 荷揚げ場

 淡路の名前の由来をはじめ、歴史を紐解いても、かつて淡路は阿波藩だったなど、淡路と徳島のつながりは深い。徳島藩を収めていたのは蜂須賀家、その筆頭家老を務めたのが淡路・洲本の稲田家だった。幕末から明治にかけての激動の時代、徳島藩では稲田家が勤王派(倒幕派)として行動し、独立して淡路藩を作りたいという気持ちを持っていた。このような動きをよしと思わない徳島の侍たちが、廃藩置県の前年にあたる1870年、5月13日の未明に稲田氏の公邸や稲田家家臣の屋敷などを襲撃した。稲田家側の18人の命が奪われ20人が重軽傷を負った。この出来事を稲田騒動(庚午事変)という。

「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する歴史家の田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授は「このような出来事があったから、淡路と徳島を一緒にしていたら今後ももめるに違いない。徳島から淡路を分離し、じゃ、どこに入れようかとなり、北の兵庫に合流させたといういきさつがある」と解説する。

 取材を行ったラジオパーソナリティーの谷五郎さんと冨島隆則ディレクターは、「橋の存在によって交流に変化が生まれた。南あわじの人は徳島を向き、徳島の人は神戸を見ている。そして淡路島の中でも、北と南で違うと感じた」という。もともと政治・文化の関係が深い淡路と徳島。人形浄瑠璃などの交流もあった。そのつながりは現在も続き、淡路に「阿波踊り」の文化が残る地域がある。一方で言葉が違うとの声も。語尾に、淡路は「~だぁ」、徳島は「~けん」がつく。ここに境界線があった。

※この記事は2020年12月27日放送、ラジオ関西制作『BORDER~ヒョーゴスラビアにおける県境とは』をもとに、再構成しました。


『BORDER~ヒョーゴスラビアにおける県境とは』アーカイブ記事
(2)播磨…「備前」なのに、兵庫!?
(3)但馬…獅子舞と“ステッカー”がつないだ地元意識

関連記事