感覚過敏でマスクや消毒ができないことも… 知的障がいや自閉症を持つ方が抱える不安とは

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

この記事の動画を見る

 2018年『R-1ぐらんぷり』(現『R-1グランプリ』)王者で、“盲目の漫談家”濱田祐太郎さんが、「ユニバーサル社会」について考えるラジオ番組に出演。「知的障がいのある方、自閉症の方の社会参加を考える」をテーマに、ゲストを交えて現状や課題などを語り合った。

《※「ユニバーサル社会」とは、年齢・性別・障がいの有無や、言語・文化などの違いに関わりなく、すべての人が地域社会の一員として尊重される社会のこと》

生放送の様子
濱田祐太郎さん

「ひょうごユニバーサル大使」を務める濱田さんが出演する【濱田祐太郎のひょうごユニバーサル通信】(ラジオ関西『PUSH!』内)。5月18日放送のゲスト、「公益財団法人兵庫県手をつなぐ育成会」理事長の井上三枝子さん(リモート出演)は、「もっと知的障がいのある方、自閉症の方について知ってほしい」と強調する。

◆外見から判断することが難しい、知的障がいや自閉症

「公益財団法人兵庫県手をつなぐ育成会」とは、知的障がいの子どもを持つ親の会。各地からの要望や意見をまとめ、行政につなげたり、会員向けの研修を行う。また、本人の権利擁護について、権利擁護委員会を立ち上げ、勉強会や施設見学会も実施している。

 外見から判断することが難しい、知的障がいや自閉症。なかには感覚が鋭すぎて過敏になってしまう人もいるという。「例えば駅のホームだと、いろんなアナウンスやベルの音など、たくさんの音があふれているため、聴覚が敏感に働き、しんどくなってしまいます。また、視覚情報も今は、電光掲示板やポスターなどが多く、一度に情報を処理できず、パニックになってしまったり、不安で落ち着かない行動をとってしまうんです」(井上さん)。障がい特性は個人によって異なり、反対に感覚が鈍感だと、ケガをしていても気付かずにそのままにしてしまう危険性こともあるそうだ。

◆コロナ禍のいま、起きている悩み

 コロナ禍のいま、必ず着用を求められるのが「マスク」。付けていないと批判の対象となる状況も起こり得る昨今だが、「知的障がいのある方や自閉症の方は、付けたくても感覚が過敏なため、付けることができなかったり、消毒をするという行動を起こすことがスムーズにできない人もいる」。そのため、お店への入店を拒否されたり、批判されてしまう事案が起こっている。

 そうなると、パニックになって大きな声を出したり、飛び跳ねたりしてしまって、自分で抑えることができないことも。なので、「冷ややかな目で見ないで、“何か嫌なことがあったのかな”、“体調が悪いのかな”と、温かい目で見守ってほしい」と、井上さんは訴える。

 また、マスクや消毒についても、「親や通っている事業所の支援者と練習して、マスクや消毒をすることが少しずつできるようになった人もいます。世間では当たり前にできることが、“できない人もいる”のを理解してほしいです」と続けた。

 一方で、視覚障害がある方の場合、“知っておいてほしい”、“押さえておいてほしい”ポイントについては、「周りが見えないので、マスク付けなくてもよくなったら教えてほしいですね」と濱田さん。「駅のホームとか、線路の近い所を歩いている人もいるそうなので、落ちそうになったら声をかけてほしいですね」と語る。

◆ポスターや動画、ワークショップなどで啓発

 兵庫県内各所でも、知的障がいを持っている方への理解を深めてもらおうと、様々な啓発活動が行われている。神戸市営地下鉄や神戸市営バスでは、見守りをお願いするポスターを掲示しているほか、山陽電車でも今後展開される予定。兵庫県手をつなぐ育成会でも、感覚が過敏になっている状況などを疑似体験できるワークショップを行っている。

「できることからはじめよう!みんなの声かけ運動 ~知的障害や自閉症をお持ちの方の生活を見つめて~」(YouTube「ひょうごチャンネル」より)

 さらに、兵庫県では、コロナ禍においても知的障がいのある方が工夫をしながら、前向きに活き活きと活動している姿を動画にして、「ひょうごチャンネル」で公開中。神戸三宮センター街の大型ビジョン、イオンモールの神戸南・神戸北店でのサイネージでも、ショートバージョンが5月1日から放映されている。「見かけたら、知的障がいの人に必要な『理解』『手助け』『協力』とは何かを感じ取って欲しい」と、井上さんは語った。

 なお、この動画の中では、濱田さんも進行役として出演。「VTRで、カレーが名物の喫茶店が出てきたんですが、僕も食べれるのかなって思っていたら、スタジオに用意されていなかったんですよ!(笑)」とユーモアを交えてコメント。スタジオの笑いを誘った。

◆「食感が本物!」みかんジャム

【濱田祐太郎のひょうごユニバーサル通信】番組後半では、障がいを持っている方が作った授産品を紹介。この日ピックアップしたのは、「みかんジャム」だ。作っているのは、赤穂市加里屋のNPO法人ワーキングnetにしはりま「ラ・ファランドール」。

みかんジャム
みかんジャム

 赤穂市塩屋のみかん山で自家栽培した「赤穂みかん」を使用。素材の味を生かすためにみかんとグラニュー糖のみで作られている。昨年度からは、「赤穂市ふるさと納税返礼品」にも採用された。試食をした濱田さんと井上さんは「甘すぎないで、食感が本物のみかんみたいですよ!」と絶賛していた。

※ラジオ関西『PUSH!』2021年5月18日放送回【濱田祐太郎のひょうごユニバーサル通信】より


【放送音声】

 

 

 

 

LINEで送る

関連記事