CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年7月31日(水) 15時59分 エンタメ

    伝説のヒットメーカー“T部長”土屋敏男氏プロデュース ライブエンタメ「NO_BORDER」開催中。9・16まで

    『電波少年』シリーズや『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』など多くのヒット番組を手掛けた伝説のヒット‐メーカー、“T部長”こと日本テレビの土屋敏男氏が、ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』7月31日の放送にゲスト出演し、企画・プロデュースするライブエンターテインメント「NO_BORDER」についてPRした。


    “T部長”こと日本テレビの土屋敏男氏がラジオ関西に登場(写真:ラジオ関西)

     土屋氏が手がけ一世を風靡した番組のひとつ『電波少年』シリーズでは、それまでテレビでは行っていなかった“アポなし撮影”や“ヒッチハイク”などを行い、「予定調和で決められたことを綺麗に見せるだけではなく、ダメなときに悩むところを見せても面白いのでは」という発想で人々を驚かせてきた。

     そんな土屋氏が新たに仕掛ける新感覚エンターテインメントが、現在COOL JAPAN PARK OSAKA・SSホールで開催中の「NO_BORDER」。「NO_BORDER」はパナソニック製の最新3Dスキャナーを使って、観客の3Dアバターを会場で即時に作成。観客自身がアバターとなって、舞台に登場し、踊る様子を楽しむことができる。音楽は森大輔が担当。ダンスの振り付けはDA PUMPのTOMOとKENZOが手掛けた。ショーのナビゲーターは世界を股にかけるパフォーマー「が~まるちょば」。アバターをリードするメインダンサーは“千手観音かずこ”こと森三中の黒沢かずこ。アバターの踊る様子はダウンロードし、SNSで発信することもできる。

    「仲間と一緒に体験し、仲間がキレキレに踊っているところを見ると誰もが爆笑するはず。また、お年寄りもキレキレダンスをする自分を見て驚いてほしい。世界中の人が集まる大阪で、言葉を使わずに国境を越えて感動を共有できる、まさに『NO_BORDER』なエンターテインメント」だと語る土屋氏。この夏、国境も年齢も、リアルもバーチャルも超えた新感覚エンターテインメントを体験してみてはいかがだろうか。

     8月1日からは夏休みキャンペーンで小学生までの料金が無料となることが、土屋氏より放送のなかで発表された(要、大人と同伴)。「NO_BORDER」はCOOL JAPAN PARK OSAKA・SSホールで9月16日(月・祝)まで開催中だ。


    “T部長”こと日本テレビの土屋敏男氏が、ラジオ関西で、ばんばひろふみがパーソナリティーを務める『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』にゲスト出演した(写真:ラジオ関西)

    「NO_BORDER」開催概要
    日程:2019年7月7日(日)~9月16日(月・祝)
    会場:COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール
    (〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3−6)
    ホームページ: https://noborder-earth.com

    【公式サイト】ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!