阪神・淡路大震災 子どもたちの心のケアハウス「浜風の家」訴訟 故・藤本義一さん側敗訴 兵庫県の土地契約条件に不服

解体される直前の「浜風の家」<2018年4月撮影>
(写真4枚)

作家の故・藤本義一さんらが阪神・淡路大震災の遺児の心のケアを目的に開設した芦屋市の「浜風の家」(2018年閉館)をめぐり、土地の契約方法に問題があったなどとして、藤本さんの妻・統紀子さん(86)らが兵庫県に計4700万円の損害賠償を求めた訴訟で、神戸地裁は3月26日、請求を棄却した。

関連記事