CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月28日(火) 12時00分 エンタメ

    実は良いヤツ? テリー・ベネディクト役の桜木みなとが登場!

     毎週月曜日に放送中のラジオ関西『ビバ!タカラジェンヌ』(20:00-20:30)。5月27日放送のゲストは、宙組の桜木みなと。放送日に千秋楽を迎えた宙組宝塚大劇場公演『オーシャンズ11』で演じた、テリー・ベネディクト役について、役作りの裏側を語った。

     冒頭、パーソナリティーの小山乃里子から「悪役がやりたいと『宝塚おとめ』に書いていたので、役が決まったときは、よっしゃ!と思ったのでは?」と振られた桜木だったが、「素晴らしい先輩方が演じてこられた役。不安の方が大きかったが、乗り越えなければならない壁と、自分を奮い立たせた」と、初めての大役にプレッシャーを感じてのスタートだったことを明かした。

     役作りについては、稽古を進める中で、役の印象が最初と変わっていったことを告白。「ベネディクトは最低最悪の黒い役と思っていたけれど、台本を読むと、実は人生を成功させるためにめちゃくちゃ努力している。やり方は悪いけれど、法律は犯していない、まともな人。小池(修一郎)先生からも、悪役にしなくて良いと言われた」と、演出家からのアドバイスも交えながら、桜木自身が感じたベネディクト像について話を膨らませた。

     ファンが楽しみにしている場面のひとつでもある、アドリブのシーンについても話題が及び、「毎回笑わないよう、必死に耐えています」と、舞台上での苦労も語った。

     宙組公演『オーシャンズ11』は、6月14日~7月21日まで、東京宝塚劇場に場所を移して上演予定。

    【公式サイト】『ビバ!タカラジェンヌ』