CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月31日(金) 11時45分 グルメ・レジャー

    世界最大級の傘の専門店「Waterfront SHINSAIBASHI / OSAKA」6月1日、大阪・心斎橋にオープン!


    世界最大級の傘の専門店「Waterfront SHINSAIBASHI / OSAKA」が6月1日の土曜日、大阪・心斎橋にオープン‼

     約100坪という広々とした店内に、1,400種類の折り畳み傘を含む、合計2,000種類の傘をそろえた世界最大級の傘の専門店「Waterfront SHINSAIBASHI / OSAKA」が6月1日の土曜日、大阪・心斎橋にオープンする。

    「Waterfront SHINSAIBASHI / OSAKA」のコンセプトは、「たたむを、ひろげる」。「持続可能な開発のための2030アジェンダ」として2015年に国連で採択された『SDGs』、いわゆる持続可能な開発目標への取り組みを推進し、折り畳み傘の携帯習慣を啓発するため、軽くて、小型で、お手頃価格の折り畳み傘が豊富に取り揃えられている。


    「たたむを、ひろげる」をコンセプトに、折り畳み傘が充実!

     そのうちの1つは、重さ165g、薄さ2.5cmの「ポケフラット」シリーズ。近年のビニール傘と同程度の700円と、大変お買い得だ。ほかにも、スマホサイズまでたためる傘や、一番軽いものでは98gの傘も。また、これから夏に向けて、雨だけでなく、強い陽射しにも対応できるUVカット率99%、遮熱効果の高い傘もおすすめ。スマートな店内とあわせて、女性に優しい傘が、色とりどり、勢ぞろいしている。さらに、長傘(なががさ)も含めて、用途にあった傘を選ぶことができ、「父の日」のプレゼントにもぴったりな、男性も使いたくなる傘も各種、備えられている。

    「ビニール傘はいろんな場所で買えるので便利だが、使い捨てる意識が問題。機能性のある長い傘とともに、折り畳み傘を、より長く繰り返し使っていただける、持続可能性をより推進していきたい」と、「たたむを、ひろげるコンセプト」について語るのは、Waterfrontを運営する株式会社シューズセレクション取締役COOの坂口淳一さん。「これだけ様々な傘の種類を揃えられているお店はなかなかないと思いますし、日本多様な独自の傘を揃えています。今までになかったような機能の傘や、色とりどりの傘があり、ご自身にあった傘がきっとみつかると思いますので、ぜひ来ていただきたいです」。


    子供用の折り畳み傘も充実!

    「Waterfront SHINSAIBASHI / OSAKA」の最寄り駅は、大阪メトロ御堂筋線の心斎橋駅。場所は、「DAIHATSU心斎橋角座」や「俺のBakery」、「BOOK AND BED TOKYO」も入っている鰻谷スクエアの2階にある。営業時間は午前11時から午後8時までとなっている。

    「Waterfront SHINSAIBASHI / OSAKA」
    【住所】〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-19-11 2F
    【電話番号】06-6245-8222
    【営業時間】11:00~20:00
    【公式サイト】https://www.water-front.co.jp/