CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年6月5日(水) 10時00分 エンタメ

    メラニーから花魁へ! 元雪組娘役、鳩笛真希が登場!

     毎週月曜日に放送中のラジオ関西『ビバ!タカラジェンヌ』(20:00-20:30)。6月3日放送のゲストは、元雪組娘役の鳩笛真希。6月と7月に控えている2つの公演の話を中心に、宝塚時代の思い出話も交えながら、現在の活動について話が繰り広げられた。

     今年で4回目となり、鳩笛の同期生である寿ひずるも出演する、落語を元にした舞台『歌劇な噺劇』が6月に上演されることをふまえ、稽古の様子や本番への意気込みを語った鳩笛。今回は、元花魁という色っぽい役どころに久々に挑戦するが、宝塚時代に学んだ所作を活かして、美しく演じたいと抱負を述べた。

     宝塚時代の話題では、彼女の出演作の中でも特に印象深い『風とともに去りぬ』の話に。麻美れい、遥くらら、平みちという錚々たるメンバーが主要キャストに並ぶなか、鳩笛はメラニー役を務めたが、役どころとしては本来の自分とは真逆だったと振り返った。

     また、在団時は名ダンサーとして活躍していたため「音源の残っている歌がない」と、パーソナリティーの小山乃里子から言われた鳩笛は、ソロではないがこんな歌を歌っていると、『彷徨のレクイエム』や『大江山花伝』などの作品名を挙げた。

     来年には宝塚音楽学校に入学して50周年を迎えるという鳩笛。6月21日~23日にあべのハルカス近鉄アート館で上演される『歌劇な噺劇』と、7月13日~15日に神戸三宮シアターエイトで上演される『パレードリング殺人事件』に、それぞれ出演予定だ。

    【公式サイト】『ビバ!タカラジェンヌ』