CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年8月20日(火) 16時20分 トピックス

    シニアは「メタボ」より「フレイル」予防を!兵庫県がクイズで学べる動画を全国初公開

     皆さんは、「フレイル」という言葉をご存じだろうか? 13日のラジオ関西『時間です!林編集長』(毎週月曜~木曜15:00-17:50)に、兵庫県健康増進課の保健・栄養指導班、諸岡歩さんをスタジオに招き、番組ではこの「フレイル」についてお話を伺った。


    「フレイル」の症状と予防について、兵庫県健康増進課の保健・栄養指導班、諸岡歩さんに話を伺った

     まず、フレイルとは、「年を重ねることによる、心身の衰え」のことだという。少し難しく言うと、「虚弱」。つまり、病気ではない。「よく聞く『メタボ』はメタボリック“シンドローム”の略なので“症候群”です。しかし、フレイルはそうではない。心身の“状態”のことです」と諸岡さん。例えば、これまではペットボトルのふたを開けられていたのに、開けられなくなった。青信号のうちに渡れていた横断歩道が、渡れなくなった。趣味のサークルに行くのも以前は楽しかったのに、最近行くのが嫌になった、こういった状態が挙げられるという。

    「フレイル」を放っておいてもそこまで問題はないだろう、と思ったそこのあなた。「フレイル」による骨折などは、寝たきりになったり、介護が必要になったりする原因の5割ほどを占めているというから恐ろしい。ただ、こうした自分の状態に気づいて、対策をすれば、衰えの状態を改善することはできるそう。

     では、どう対策すればよいのか。諸岡さんによると、「フレイル予防には3つの柱があります。1つ目は栄養。しっかり食べて、栄養を摂るためには、しっかり食べられる口の状態を作っておくことが大切。2つ目は運動。身体をしっかりと動かしましょう。最後が実は重要で、社会参加。研究データによると、外に出て、だれかと触れ合う機会が週1回未満の人は、病気になったりするリスクが高くなります」とのことだ。特に、「『食が細くなったから……』、『年もとったし……』ではなく、1日3食しっかり食べることが大事。その際は、自分の好きなものばかり食べたりしないように気を付けて。筋肉を作るたんぱく質を多く含む、肉や魚、卵や豆腐を積極的に採ることで、栄養のバランスをとってください」と、諸岡さんは力を込める。

     兵庫県では、「フレイル予防」をクイズで学ぶことができる動画を、全国で初めて作成・公開。リーフレットなども作成しているので、皆さんにもこれらをぜひご覧いただきたい。スタジオでは実際にその動画からクイズを出題し、「フレイル予防」について理解を深めた。

     さらに、パーソナリティーを務める林真一郎アナウンサーからは、アナウンサーとして、口周りを鍛える「滑舌」についてレクチャーが。「早口言葉だが、早くやる必要は全くない」と林アナ。「ゆっくりやって、舌や口を体操するのがいい。唾液も出ますよ」ということなので、こちらも参考になるだろう。

     最後に、諸岡さんは、「年のせい、とあきらめていた体や心の衰えは、予防できます。
    やりたいこと、好きなことを続けていくために、今できることから始めましょう」と
    リスナーに呼びかけた。なお、兵庫県の公開している動画やリーフレットは、県のホームページ(https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf17/hw13_000000113.html)から確認できる。(春名)

    時間です!林編集長 | ラジオ関西 | 2019/08/13/火 16:30-17:50
    http://radiko.jp/share/?sid=CRK&t=20190813173327

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長

     

  • 2019年8月20日(火) 16時15分 トピックス

    「逆さのオリオン」は一見の価値あり! 明石天文科学館で特別展「KAGAYA写真展~世界に星空を求めて~」開催中

     ラジオ関西『時間です!林編集長』でお届けしている夏限定のショートコーナー「わーい!夏休み!」。この夏に行っていただきたい場所やグルメなどお出かけ情報を、毎日3分間、津田明日香、春名優輝の両アナウンサーが交代でお届けしている。第6回の8月13日は、明石市立天文科学館での夏休みお楽しみ情報について、春名アナウンサーが取材レポートした。

     明石市立天文科学館では、9月8日まで、幻想的な星空や風景を収めた写真を楽しめる特別展「KAGAYA写真展~世界に星空を求めて~」が行われている。「KAGAYA」は写真を撮った人の名前。皆さんはご存じだろうか。Twitterのフォロワーはおよそ60万人ということで、ツイートを見た、という方も多いかもしれない。明石市立天文科学館の学芸員、石井優子さんに、この特別展についてお話を聞いた。


    特別展「KAGAYA写真展~世界に星空を求めて~」の様子(写真:ラジオ関西)

    「KAGAYAさんは、星空アーティストということで、宇宙と神話の世界を描くアーティストでもあり、天体写真家でもあります。今回は、KAGAYAさんの撮られた美しい写真を、21点展示していて、ずっと見ていられそうな空間になっています。(石井さんのイチオシについて)どれもおススメですが、『逆さのオリオン』という写真は、私たちが日本で見ているオリオンと比べてもらうと面白いかもしれません。世界中の、私たちが普段なかなか行けないような場所の星空や風景を楽しむことができるので、まるでそこに行ったような気分になって楽しんでいただければと思います」(石井さん)

     石井さんのオススメ『逆さのオリオン』は、南米チリ、パタゴニアで撮られた写真。日本のある北半球とはオリオン座が上下逆さになっているもので、KAGAYAさんも、「初めて“地球は丸いんだ”と実感した光景だ」と話しているという。このほかにも、『コロラド川の夕暮れ』『ジュラ紀の丘』『星降る湖』などの作品が、21点展示されている。皆さんもお気に入りの作品を見つけてみてはいかがだろうか。

     他にも、明石市立天文科学館では、親子で楽しむことができるイベントが盛りだくさんだ。例えば、開館日には毎日5回投影されているプラネタリウム。普段は土日限定の「キッズプラネタリウム」を、9月1日までは毎日2回見ることができる。そこでは、『もくせいとどせいのひみつ』として、今、夜空を見上げると美しく見えている木星と土星について、たくさんの秘密を学ぶことができる。

     見終えた男児に、春名アナウンサーが「秘密を教えて?」と聞くと、「土星のリングが氷の粒でできていることは知っていたけど、土星が地球より軽い(比重が小さい)ということはびっくりした」と教えてくれた。残りの秘密はぜひ実際に見て、確認してほしい。ただ、「キッズプラネタリウム」は当日に発行される整理券制になることもあるので、注意が必要だ。

     さらに、8月25日までの土日、お昼12時から13時には「月面で体力チャレンジ」というイベントもある。月に行くと、地球にいるより高く跳んだり、重たいものを持ったりできるのは、月の重力が地球の6分の1だから。ここが月なら、『体重は何キロになるんだろう。何センチ跳べるんだろう……』という疑問を、簡単に計算してくれる。例えば春名アナウンサーの場合、月ならば、体重はわずかに11キロ。それでも、150キロ(象の子ども)を片手で持つことができて、立ち幅跳びは12メートルくらい飛ぶことができる計算に。立ち幅跳びの世界記録は4メートルに届かないから、まるでスーパーマンだ。誰もが体を動かして楽しめる催し。こちらもぜひチェックしてほしい。


    春名アナウンサーも体力測定を体験

     常設の展示ももちろん盛りだくさん。今なら、アポロ11号月面着陸50周年ということで、貴重な新聞記事や特別映像を見ることができる。(春名)


    アポロ11号の特別展(写真:ラジオ関西)

    明石市立天文科学館
    〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6
    電話:078-919-5000
    山陽電車「人丸前」駅から北へ徒歩3分、JR・山陽電車「明石」駅から東へ徒歩15分
    開館時間:9時30分から17時(最終入館は16時30分)
    休館日:月曜日・第2火曜日、年末年始
    観覧料:大人700円(高校生以下無料、団体割引あり)
    駐車場:2時間まで200円(以降1時間ごとに100円)

    時間です!林編集長 | ラジオ関西 | 2019/08/13/火 16:30-17:50
    http://radiko.jp/share/?sid=CRK&t=20190813163110

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長

  • 2019年8月9日(金) 17時00分 トピックス

    豆柴「陽菜」ちゃんは、納豆がお好き!?

     ラジオ関西の番組『Playlist of Harborland』(毎週月曜~金曜13:30-15:00)内に、新コーナー「我が家のペット自慢」が8月8日からスタートした。日本ペットモデル協会に所属する様々なペットをスタジオで自慢してもらうというもの。記念すべき第1回目の出演は、枚方市在住の田口菊さんのペット、豆柴の陽菜ちゃん(雌5歳)が登場した。


    豆柴の陽菜ちゃん

     普段、家では家族と同じものを食べ、田口さんいわく、「特に納豆が大好き」という陽菜ちゃん。逆に掃除機が苦手でよく吠えるとか。またアニマルコミュニケーションによるとプライドが高く、お上品な女の子ということだ。

     特技はドッグスポーツ。コースに並べられた4つのハードルを飛び越え、ボックスにタッチして飛び出したボールをくわえ、再び4つのハードルを飛び越えて帰ってくるまでのタイムを競うフライボールや、障害物の設置されたコースを飼い主の指示に合わせて華麗に駆け巡りタイムを競うエクストリームといった競技に出場している。


    フライボールをしている陽菜ちゃん

     ラジオ関西では「我が家のペット自慢」を隔週木曜1410分頃に放送中。次回の放送は、822日に予定している。

    『Playlist of Harborland』  ラジオ関西  2019/08/08/  13:30-15:00
    http://radiko.jp/share/?sid=CRK&t=20190808140755

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可


     

     

  • 2019年8月3日(土) 01時15分 トピックス

    【ラジオ関西ニュース】播磨灘で「バショウカジキ」初めて水揚げ 林崎沖でシラス漁の網にかかる 水産会社が姫路市立水族館に寄贈

     明石市の林崎の沖合で、1日、播磨灘では初めて、バショウカジキが水揚げされ、2日、姫路市立水族館に寄贈されました。


    全長2・7メートルのバショウカジキが明石市の林崎沖で水揚げされ、姫路市立水族館に寄贈された(写真提供:姫路市立水族館)

     今回獲れたバショウカジキは、1日の朝9時ごろ、明石市の林崎沖でシラス漁をしていた船の網にかかったもので、体長およそ2メートル、カジキ特有の長く伸びた上顎を含めた全長は、2・7メートルでした。ほかのカジキの仲間に比べて沿岸帯を泳ぐことが多いため、大型の定置網にかかることがあり、大阪湾や愛媛県の伊予灘といった海域で獲れた記録はありますが、播磨灘では初めてだということです。

     水揚げをした漁師は、「40年以上漁業をしているが、カジキを見るのは初めてで驚いた」と話していて、一旦は相生市の水産会社、鈴木商店が競り落としましたが、「珍しいものだから」と、2日になって姫路市立水族館に寄贈しました。

     このバショウカジキは、今後、標本化され、姫路市立水族館で資料となる予定です。

     

  • 2019年7月19日(金) 14時00分 トピックス

    気象台の見学やお天気キャスター挑戦も! 「夏休みお天気フェア」8月2日に開催

     神⼾市中央区の神⼾防災合同庁舎にある神⼾地⽅気象台で8⽉2⽇(⾦)に「夏休みお天気フェア」が開催される。

     当⽇は、警報などや天気予報の発表作業を行う予報現業室や観測機器を設置している観測露場といった、普段は立ち入ることができない場所の見学もできる(人数制限あり)。

     ⼩学3年⽣から6年⽣を対象としたお天気キャスターに挑戦できるお天気教室、「⼤⾬が来たら︖」などの講座だけでなく、防災について学べるお天気かるたや、南極の氷に触れる体験コーナー、雨滴の浮遊実験や観測装置の実物の説明のほか、気象庁マスコットキャラクター「はれるん」と写真撮影して記念シートがもらえるなど、⼤⼈から⼦どもまで気象について楽しめるイベントが満載となっている。

     イベントに関する問い合わせは、神⼾地⽅気象台 電話078-222-8901まで。


    (画像提供:神戸地方気象台)

    神戸地方気象台「夏休みお天気フェア」
    【ホームページ https://www.jma-net.go.jp/kobe-c/home/index.html
    ●日時
    8月2日(金)9:30~15:00
    ●会場
    神戸地方気象台(神戸防災合同庁舎)
    ※阪神電車「春日野道」駅下車、南に徒歩10分(駐車場はなし)
    ●概要
    ・気象台見学(天気予報発表作業の部屋・観測施設)
     見学時間25分 各20人 要整理券
     9:30~、10:00~、13:05~、14:25~
    ・お天気教室(「お天気キャスターに挑戦!」対象:小学3~6年生)
     時間75分、定員20人程度 要整理券
     10:00~、13:00~
    ・講座(開催時間30分、定員25人程度)
     「しらせ氷海を行く」10:30~、13:45~
     「大雨が来たら?」11:10~、13:10~
    ・体験
     お天気かるた(かるた大会で、防災を学ぼう)
     非常時の持ち出し荷物体験、自衛官ミニ制服試着 、南極の氷に触ろう
     新聞紙で「食器」「スリッパ」作成、ペーパークラフトで可愛い探知犬を作ろう
    ・実験
     雨滴浮遊実験、津波発生実験、地震液状化現象実験など
    ・展示
     気象測器、計測震度計、君にもわかるかな?「震源図を3Dメガネで見ると…!」など
    ・記念シート発行
     気象庁マスコットキャラクター「はれるん」と一緒に写真撮影、100組程度

    ※台風や大雨・地震などの場合には、開催を中止もしくは縮小の場合あり、中止の場合は、前日13時に神戸地方気象台ホームページで告知