CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

  • 2019年5月23日(木) 13時16分 総合

    千年の恋も汗臭さで終わることも・・・?!それを防ぐ商品はこちらや!

    < これなんぼ? >

    今回の回答者は、もりもり!

    ピックアップした商品はこちら!

    花王の「携帯用 リセッシュ抗菌EX」

    これからの時期、汗をかいたその後の匂いがきになりますよね。
    そんな時に活躍するのがこの商品!

    嫌な臭いに気がついた時に、
    シュッとひと吹きすれば、
    瞬時に消臭!


    外出前などに、ひと吹きすれば、予防にも。
    携帯サイズなので、持ち運びも便利です♪

    さぁ、これなんぼ?

     

     

    650円也!

     

     

    もりもりは、ヒント有で正解なので、
    10ポイント獲得~!

    ということで、現在の成績は…
    はーさん:70ポイント
    もりもり:40ポイント

    < はーさんの読んだつもり >

    今週は、はーさんがご紹介!

    「 ひと 」
    小野寺史宜著
    祥伝社 1500円+税

    たった一人になった。でも、ひとりきりじゃなかった。

    両親を亡くし、大学をやめた二十歳の秋。
    見えなくなった未来に光が射したのは、
    コロッケを一個、譲った時だった――。

    激しく胸を打つ、青さ弾ける傑作青春小説! 

    母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師の父。女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の
    僕を東京の大学に進ませてくれた母。――その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。
    全財産は百五十万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せ
    ない日々が続いた。そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、買おうとしていた
    最後に残った五十円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに……。

    そんな君を見ている人が、きっといる――。

    < ハッスル!グルメ >

    今日は、「あまから手帖」などに執筆をしている
    フードライターの団田芳子さんとお電話をつないで、
    お話を伺いました!

    最新号の
    あまから手帖6月号のテーマは・・・
    「 時は鮨なり。 」

    その中から、「鮨えびす」さんを
    ご紹介いただきました。

    今月も、「あまから手帖」の
    最新刊を3人の方にプレゼント!
    ご希望の方は、番組宛にご応募くださいね!