CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

  • 2020年7月23日(木) 13時38分 総合

    あまから手帖8月号!「夏のパワーフード」

          < これなんぼ? >

    今日ピックアップした商品はこちら!

    「 盛田トリュフソース 」

    世界三大珍味のひとつ、トリュフの香りが楽しめるソース。

    ヨーロッパ産の黒トリュフを使って、醤油ベースで作ったソースだから、

    肉や魚、野菜などなど、なんにでもマッチしますよ~

     

    はーさんが値段を考察  

    ヒントを聞いて550円

    はてさて、お値段は・・・?

    税抜き 580円也!

    ということで、
    はーさん、10ポイント!!

     

     

     

        < はーさんの読んだつもり >

    救急を救う男

    『 救急を救う男 』
    嶋 康晃 著  現代書林 税込み 1540円

    受け入れ拒否、地域偏在化、労働環境、過剰出勤要請・・・・・
    医療過疎地にある小さな個人病院が救急医療の問題をいくつも解消している

    2013年3月、鹿児島南部の小さな過疎の町に「松岡良典」という当時33歳の若き救急医が一軒のクリニックを開業した。
    この本の主人公である。
    松岡は医学部を卒業後は救急医として大学病院の救急救命センターなどに勤務した。
    若くして大学病院の指導的な立場にもなった。
    だが、あるとき、ふと疑問を感じる。
    「目の前で命の危機に瀕している患者を助けるために身につけた技術を現場で生かさなくていいのか?」という強い思いに駆られた。
    その松岡が現在、「24時間365日絶対に断わらないクリニック」で多くの人を救っている。
    なぜ、このような救急専門クリニックの実現が可能だったのだろうか?
    本書は医師・松岡良典の一生をかけたチャレンジをルポルタージュ形式でまとめた渾身の1冊である!

     

     

                 < ハッスルグルメ! >

    あまから手帖などに執筆している
    フードライター 団田芳子さんと電話を繋ぎ、お話を伺いました!

    最新号

    あまから手帖8月号が発売!
    今回は「夏のパワーフード」がテーマ!!

    あまからが始めた新たなこと食と輪の扉についても話してくれました。

    あまから手帖の最新刊を3人の方にプレゼント!
    ご希望の方は、番組宛てにご応募くださいね~