CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

  • 2021年7月8日(木) 10時10分

    5年ぶりに大阪でアートアクアリウム展 開幕〈はーさんの行ってきました!〉

    〈はーさんの行ってきました〉

    1万匹の金魚たちが華麗に神秘的に舞い泳ぐ「アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~」が、
    大阪の堂島リバーフォーラムで5年ぶりに開幕しました。
    アートアクアリウム・アーティストの木村英智氏が手掛ける日本独自の水族アート展覧会は、
    金魚・アート水槽・空間造形にプロジェクションマッピング・音楽・照明を加えたもので
    誕生から15周年を迎えています。

    会場に入ってまず目に飛び込んでくるのが、
    蓮の花をモチーフにした大阪初披露の「ロータスリウム」。
    4m四方の巨大特殊水槽で金魚や鯉が泳ぎ回ります。
    大きく美しい花を咲かせる蓮の力強さを
    照明・音楽・プロジェクションマッピングを加えて多角的に演出します。

    「天井金魚」は、ガラスの水槽を天井に設け、金魚を見上げて鑑賞します。
    これは江戸時代の豪商の楽しみ方を再現したもの。

    「キリコリウム」は江戸切子のカットグラス工法を用い、
    上からも横からも金魚が透けてみえ、屈折の度合いでは不思議な形にも見える作品です。

    「キモノリウム」は京友禅の着物が水槽に埋め込まれ、
    その上を泳ぐ金魚とプロジェクションマッピングで一期一会の瞬間美を楽しむことができます。

    「九谷金魚水槽」は加賀の九谷焼を用いたもの。
    上から金魚を鑑賞し、横からは華麗な九谷焼に描かれた金魚を楽しみます。

    そして圧巻は「超・花魁」。
    巨大金魚鉢にはなんと3000匹の金魚が泳ぎ回り、
    七色のライティングと映像効果が見るものを圧倒させます。

    このアートアクアリウムは木村英智氏の手によって、2007年に東京で誕生。
    以降この15年で累計1000万人以上を動員してきました。
    水都大阪の象徴・中之島の堂島川に面した会場で、
    涼やかで幻想的な作品の数々が癒しと希望を与えてくれます。

    そしてお土産はオリジナルコラボのロールケーキ「更紗金魚」(1950円税込み)。
    ケーキの生地に赤白の模様をあしらった可愛いデザイン。
    コラボする堂島ロールのクリームの中には金魚形のゼリーがどこを切っても顔を出す逸品です。

    開催は9月5日(日)までで会期中は無休。
    入館料は一般1400円です。
    阪神・JR環状線の福島、JR東西線・新福島、京阪中之島などから徒歩数分。

    2021.7.8放送分 羽川英樹ハッスル!「行ってきました!」より

    【鉄アナ・羽川英樹の出発進行】はこちら