CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

  • 2022年3月24日(木) 10時10分

    大丸梅田にあの高級スーパー紀ノ国屋が進出〈はーさんの行ってきました!〉

    〈はーさんの行ってきました!〉

    大阪梅田における百貨店3つ巴合戦はブランド志向の阪急、食料品の阪神に対し、
    後発の大丸は個性を十分にアピールすることができず、進出当初は苦戦を強いられました。
    しかし2011年の増床とともに「新百貨店モデル」を打ち出し、
    ポケモン・トミカショップ・東急ハンズなどを店内に次々に誘致して、個性を発揮しはじめます。

     

     

     

    そして今年3月9日、地下2階の食料品売り場の一角に、
    あの東京の高級スーパーとして名高い「紀ノ国屋」をオープンさせたのです。
    紀ノ国屋と言えば1910年に東京・青山で青果商として創業、
    日本で初めてレジでの精算システムを導入するなど先進的なスーパーで、
    関西では京都伊勢丹に次いで2店目の出店となります。

     

     

    大丸梅田店での紀ノ国屋の店舗面積はわずか10坪ながら、
    オリジナル商品約800種がうまく配置されています。
    「贅沢な卵かけトリュフしょうゆ」は白醤油とオリーブオイルにトリュフが加えてあり卵料理に最適。
    「ラー油せんべい」はラー油の辛さと海老の甘さ、それにニンニクとゴマ油という絶妙の組み合わせ。
    さらには「あまおうイチゴバター」「サバカレー煮」などに人気が集まっています。

     

     

     

     

    またオープン記念の大阪店限定商品には、丹波篠山産の黒豆をふんだんに使った
    「贅沢な渦巻く黒豆のホールブレッド」や「台湾風カステラ2種」も注目です。
    あわせて人気のKINOKUNIYAオリジナルエコバッグも販売されており、
    関西での高級店として名高いイカリスーパーとも また一味違う商品構成を展開しています。

     

     

     

     

    そして現在 13階の特設会場では「クィーン50周年展」が開催されています。
    (5月9日まで。入場料 1,800円)

     

     

    専門店やファストショップに押され気味の昨今の百貨店ですが、
    JR大阪駅直結という地の利も生かし 次の新たな仕掛けが楽しみな百貨店です。

    (ちなみにスーパーは「紀ノ国屋」、書店は「紀伊国屋」の表記となります)

     

    そして、はーさんのYouTube
    新しい動画が更新されてます!ぜひご覧ください!

    #47:北条鉄道がキハ40を導入
    https://youtu.be/WvEub9ReoKw

     

    2022.3.24放送分 羽川英樹ハッスル!「行ってきました!」より

    【鉄アナ・羽川英樹の出発進行】はこちら